若者よ、マルクスを読もう (20歳代の模索と情熱)

  • 412人登録
  • 3.39評価
    • (12)
    • (29)
    • (50)
    • (11)
    • (1)
  • 45レビュー
  • かもがわ出版 (2010年6月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784780303605

若者よ、マルクスを読もう (20歳代の模索と情熱)の感想・レビュー・書評

  • 時間をおいて再読したら、もう一歩先に進めそうです。
    今回、学んだことは、「~すべき」という言い方は「しなさい」と命令するより効果があるということ。

  • 内田樹と石川康宏の両氏が、最近読まれることの少なくなったマルクスを、若者たちの間に布教しようということで編纂した本。本書は、両氏の間の往復書簡を時系列で陳列することで、少し気の長い対談本のような体裁となっている。

    正直、自分はちょっとバカなので、今、ちょっとバカな人にありがちな「とても面白かったが、何が書いてあったかは思い出せない」という状態になっている。だから、読んだ内容の記憶がピンボケの写真のように曖昧模糊としていて、抽象的な印象論でしかレビューできない。

    内田氏と石川氏は微妙に政治思想が異なるため、両氏が同一のマルクスの著作について批評を書くと、その両方を見る読者は、その著作に対して複眼的な読み方が出来るようになっている。その仕組みが、立体的なマルクス像を浮かび上がらせる仕掛けになっている。

    そしてなにより、両氏が引用するマルクスそのものの原文(和訳)の面白さというのがある。内田氏はそれを「聴かせどころ」と表現しているが、ほんとうにマルクスの原文(和訳)は、哲学的なプログレッシブロックのように情熱的で知的な味わいがある。歌詞のように人を扇動する魔力がある。

    もっとも、だからこそ20世紀を席巻した思想たりえたのだろう。マルクスは現在は年寄りのもの、死んだ思想と思われやすいが、実際に接してみると、かなり刺激的な思想家だと分かる。

  • 発想はいいと思います。
    が、石川さんの方の文章が堅かったし、読みにくかったです。

    それでも、マルクスの初期の思想を知るには役立つ本だと思います。

    ちなみに、今の僕ぐらいの年齢になると、それなりに人生経験もあるので、それなりには考えて生きてきたんだな、と、この本を読んで確認できました。
    そういう意味では、若者だけではなく、30代、40代でも読む価値のある本かもしれません。

  • 内田樹氏と石川康宏氏の往復書簡の形を取った、高校生向きに書かれたマルクスの入門書。著者の1人内田氏によると、「「マルクスはすごいぞ(だから、ぜひ読んでね)」ということをマルクスの「マの字」も知らない若者たちにご理解いただきたい」という趣旨で作られた本だという。続編の刊行が前提で、本書では、マルクスの若い頃の著作『共産党宣言』『ユダヤ人問題によせて』『ヘーゲル法哲学批判序説』『経済学・哲学草稿』『ドイツ・イデオロギー』のみが扱われている。それぞれの著作について、石川氏が内容を概観し、内田氏が著作内の特定の部分について面白おかしく感想を述べるというような流れになっている。
    そこまでマルクスの各著作についてわかりやすい解説になっているかというと微妙なところではあるが、マルクスについて学ぶきっかけとしては良い本ではないかと思う。マルクスと一口にいっても、各著作ごとに考えが成長・変化していっているということもよくわかった。

  • 読み直したさ:★★☆(図)
    最後の内田書簡を読み残し。唯物論の説明は少ない。プロレタリア、類的存在、史的唯物論あたりについてコメントあり。
    石川パートでマルクスの文に沿った読みがなされ、それを内田パートで読みほぐすような感じで進む。6時間あれば読める。
    〈感想〉
    マルクスを読みたくなった。しかし、しばらくはマルクスを知ろうと思ったときはこの本を参照すればよさそう。

  • 読み方は読者ごとに違って当然だし、人によって読み方が違えば違うほどむしろ、それはテクストの器の懐の深さや奥行きの厚みを意味する。

    マルクスを読んで知性が活性化し、自分自身の知性を不自由にしている檻の構造に気づき、そこから逃れ出るための努力を開始する人たちにとっては、マルクスの賞味期限はエンドレス。

    マルクスが文献に書き残した思想が何であるかといったことごらについては、文献をていねいに読むことで、ひとつの答えに向かって意見の相違を縮めることが可能だか、マルクスの何に着目するか、たとえば思想なのか、人柄なのか、心理なのか、行動なのか、文体なのか、社会的影響なのか、それ以外の何かなのかといった点は、読み手の関心しだい。そして、どこかに回答がゴロリとあるといったわかりやすい問題の立て方から離れるほどに、読み込みの内容は読み手の「想像力」と「想像力」に大きく左右される。
    「面白い」の共鳴関係というのか、そういうものをつくるためには、自分と異なるもののとらえ方、感じ方に接した時に、それを自分の思考や発想を豊かにする新しい材料として受け止めることができる知的なおおらかさが必要。

    ユダヤ教を「欲望」「私利」「きたない商売」「貨幣」と特徴づけるユダヤ教批判者の議論を逆手にとってこう述べている。実際的な欲望、利己主義は市民社会の原理であり、市民社会が自分のなかから政治的国家を生み出すのと同時に、純粋にそれ自身の姿であらわれる。実際的な欲望と利己主義の神は、貨幣である。市民社会の産物である。

    宗教は、人間存在が真の現実性をもたない場合におこる人間存在の空想的な実現である。民衆の幻想的幸福としての宗教を廃棄することは、民衆の現実的幸福を要求することである。

    理論もそれが大衆をつかむやいなや物質的な力となる。理論が大衆をつかみうるようになるのは、それが人に訴えるように論証をおこなうときであり、理論が人に訴えるように論証するようになるのは、それがラディカルになるときである。

    ドイツ人の解放は人間の解放である。この解放の頭脳は哲学であり、その心臓はプロレタリアートである。

    マルクスの近代市民社会の偉大な達成であるはずの「私利の追求の自由」と「信仰の自由」こそ、むしろ人間がいまだに十分には解放されていないことの証拠。
    市民社会において市民たちが享受しているのは「孤立する自由」です。誰にも迷惑をかけない代わりに誰からも迷惑をかけられない権利。「孤立して自分のなかに閉じこもっているモナド(単子)としての人間の自由」です。人間と人間が結びついていることではなく、人間と人間が隔絶していることのうちにより大きな価値を見出すのが近代市民である。「自分の財産、自分の所得、自分の労働及び労務の成果を、任意に享受し、処分する。」人権が市民社会を基礎づけている、と。

    ユダヤ人は比喩。ユダヤ人みたいな人。

    マルクス経済学の背骨は、労働価値論や剰余価値論、恐慌論。

  • マルクス入門書・・とはいうものの・・
    なかなか難解な一冊。しっかり読み込めなかった箇所も多数。しかし、マルクスの情熱的な社会問題に対する姿勢やその思想の片鱗を味わうことができた。

  • 若者向けのマルクス入門書ではあるが、マルクスだけに頭にすんなり入ってこない箇所も多かったです。共産主義というと誤解も多くなる世の中ですが、マルクスが理想としたあるべき世界感の骨格みたいなものには触れることができました。印象に残っている箇所は、「人間が何であるかということは何を生産し、いかに生産するかによって決定される」という箴言です。さらにそこから、「自分のことを善良で有徳な人間であると思い込んでいる人の方がむりろ卑劣な行為や利己的な行為をすることを躊躇わない」という内田氏の釈義にははっとさせられました。自分を省みるまでもなくそういう傾向があると考えさせられます。

  • 内田氏のユダヤについての書簡その4が面白かった。

    ・『私家版・ユダヤ文化論 (文春新書)』内田樹
    がさらに詳しそう。

  • 「マルクスを読んでも、問題は解決しません。でも、自分がどれくらいものを考えるときに不自由であったか、どれくらい因習的な思考の枠組みに囚われていたのか、それは身にしみてわかります」(内田樹)

    僕はマルクスを読んでもただ難しいだけで、思考の枠組を揺さぶるまでは全然至らない。でもこうやって「マルクスはあなたの思考の枠組を解放するんですよ」というメッセージをあらかじめ与えておいてもらうと、「そういうもの」としてマルクスを読むようになる。そういう効果が僕にとってはある。

    僕の大師匠がかつて「奴隷に対して『お前は奴隷だから逃げてはならない』と言うと、奴隷は「あ、そうか」と思って逃げなくなる」というような話をしていた。たしかマルクスをひいてこの話をしていたと思うのだけど、内田樹の上記の言葉も同じ機能を果たしていると思う。つまりこういうことだ。

    「マルクスを読んだことない人間に対して『マルクスは思考の枠組を解放する』と言うと、その人間は「あ、そうか」と思ってマルクスを読むようになる。」

    ただ惜しむらくは、僕はもう30代半ばだということだ。想定される読者に入っていないのがさみしいような気もするし、「30代ならもう読んだでしょう」という風に言われているような気もする。あるいは「もう30代って思考もだいたい固まってるし、伸びしろも大してないから相手にするの非効率的だよね」と言われてるんじゃないかと、卑屈な気持ちもちょっと芽生えたりもしてしまう。

  • 内田さんの部分だけ理解できた!石川さんは重要の部分書き抜いてきただけで、解説してないところ多すぎ、そこがわかんないのにーー。
    でも内田さんの部分だけでも価値があると思います。
    マルクスの情熱とか、マルクスは書いた年代で言ってることが違うとか、マルクスの言ってる「ユダヤ人」は「拝金者」のことでユダヤ人のことではないとか。
    マルクスに興味を持ったけど、他書で挫折。ここで何かか糸口があればと思って手にとったが、少しだけほぐれた気がした。今度は全部内田さんが解釈しているマルクス本を読みたい。

  • 【労働者に向けて】
    「かれらは世界を獲得しなければならない」p45

    フォイエルバッハ『キリスト教の本質』
    「宗教が人間をつくったのではない、人間が宗教をつくったのだ」p69

    マルクス「ドイツ人の解放は人間の解放である。この解放の頭脳は哲学であり、それの心臓はプロレタリアートである」p175

  • 何を成し遂げた人か解ってるようで解ってないマルクスの思想、その背景の一端でもつかめればと高校生をターゲットしたとまえがきにあるこの本を、内田さんが著してることもあり買ってみた。ふたりの書簡形式で進んでいくこの本、石川さんのパートが読みづらいものがあり挫折しそうだったが、良い頃合いに内田さんのパートに移り持ちこたえるということを繰り返し何とか読了に至ったという体たらくだった。とはいうものの、何を以て正しいか、正しくないかという基準は与えられるものでなく、自分で練り上げていくマルクスのスタイルは嫌いじゃ無い。

  • 「世の大人がこれだけ夢中になっているものだから、おもしろいものだよ。」
    とゴルフを勧められ数回うちっぱなしに行ったことがあるけれど(残念ながら長続きはしていない)、これだけ名前を聞くマルクスについて読んでおいてもいいのかもなぁ、と手に取った本。

    『マルクスを読んでいると、自分の思考の枠組み(「檻」と言ってもいいかもしれません)を外側からがんがん揺さぶられて、檻の壁に亀裂が走り、鉄格子が緩んでくるような感じがする。』

    僕の中では、差別が当たり前だった世界から民主化を経て今の平等な社会に発展してきた、という感覚がなんとなくある。人権が保証された平等な社会に生まれて良かったなぁという感覚。
    けれど、歴史は現在に向けて一直線に進化してきたものではないはずだし、今の社会が最善のものであるわけではもちろんながらない。そもそも、「効率」を第一とした高度資本主義社会が良いものなんだろうか。社会で成功できないのは能力がないからだ、と解釈されるような社会が。
    僕が当たり前に受け入れている常識は正しいのだろうか。

    なんてことをごちゃごちゃ考えさせられるいい本でした。

    本としては高校生向けとのことで読みやすいけど、やっぱり難しい。(とても高校生向けとは思えない!)
    内容を実感できるようになる(心の底から理解する)には人間としての経験とか成長といったものがまだまだ必要だろうな。

  • 政治、共産党、旧社会党出身者の愚行、全共闘世代、そのあたり
    の思想、考えのルーツを知りたいがためにマルクスを読んでみたい
    と思ったのがこの本を手にしたきっかけ。
    「資本論」は経済を勉強する中で出てくるので断片的に知っている
    が、この「資本論」と「共産党宣言」をどういう経緯でマルクスが著す
    ことになったのかが知りたいと思った。
    若くは無いが読んだことはないので教えてもらう。

    この本では20代のマルクスが著した、「共産党宣言」、「ユダヤ人
    問題によせて」、「ヘーゲル法哲学批判序説」、「経済学・哲学草稿」、
    「ドイツ・イデオロギー」について、石川康宏氏、内田樹氏が書簡を
    やりとりする形式で紹介する構成となっている。

    石川氏は20代のマルクスの情熱を、内田氏は「共産党宣言」について
    跳躍感、浮き足立つ感覚を魅力として紹介している。
    情熱、跳躍感、たぶんこれがキーワードではないか。
    両氏曰く、するめのようなものであるとされているので、難解と感じても
    繰り返し読み返せば何か思い当たるのであろうか。
    そういう捉え方があるのだと参考になった。

  • 内田樹氏のブログに掲載された韓国版の序文を読んだ。マルクスを読むことが、「大人」形成の装置という考えに、いわゆるもうマルクスを読まなくなったと言われる世代の私だけど、とても共感した。まだ、私が小中高生だったころは、そういう時代を抜けてきた先生がいて、弱者に対する視点というものを、社会や国語や音楽の授業で叩き込まれた気がする。共産主義は至上善なのだと、素直に理解すれば、そう思うくらいに教育は弱者視点で作られていた。結果として、その理想社会の実現の難しさが明らかになった今、もうマルクスは取るに足らないものとして片付けられているが、そこにある青くさいまでの正義感はやはり若者が一度は感じなければいけないのではないか。そんなことを思いました。

  • 内田樹と石川康宏の共著。
    お互いに書簡を1通ずつ書いていくという文通形式で進む。

    マルクスの思想を分かりやすく噛み砕いて紹介する趣旨の本であるが、石川康宏の書簡は網羅的である代わりにどうやら噛み砕くつもりが無いらしく難解。
    内田樹の書簡は、僕のバイアスを認めつつもやはり分かりやすく興味を引く内容だが、部分的すぎる難も否めない。

    内田樹の第6書簡と第8書簡が☆5の評価に値すると思いましたが、他がいまいちだったので全体としては☆3にしました。

    でもまあ、確かにマルクスは面白そう!とは思いました。
    巻は続くようなので、期待しておきます。

  • マルクスのイメージは世界史の教科書に載っている写真を思い出す。ひげを蓄えて…っていうイメージだけど『共産党宣言』って若いころに書いたものだと知って驚いた。

  • アンフェアな社会の実情を無視することのできない、人間的で熱いマルクスが好きです。自分の力を総動員して問題を突き詰め、ぐいぐい探求して、答えを探り当てようとする。そういうマルクスの「熱」を、マルクスのことが大好きな素敵なおじさま方が丁寧に、熱意を持って教えてくれる本。
    私的マルクス体験で言うと、初めて世界史でマルクスを知った時、共産党宣言のあの有名な文句を何度も暗唱してたことを思い出しました。マルクスを読むと胸が熱くなる。

  • 面白そうだと思って。

  • マルクスは熱血漢だった。
    知的な熱血漢。
    漫画家に喩えると島本和彦だな。
    =ぼくはマルクスが好きだな。
    帰納法的証明おわり。

    石川康宏氏が地盤を固め、
    内田樹先生がそれを踏み台にするというスタイルの本書(偏見)。

    だから、
    内田樹先生が面白いのは当然である。
    足蹴にしてるんだから。

    それを差し引いても、
    彼のエンターテイナーとしての芸は卓越している。
    芸人で言うとバカリズム的(もっとすごいけど)。
    優れて豊かな視点だな、とつくづく思う。

    石川氏の言説も知識面では非常に充実している。
    歴史的経緯や背景を盛り込んでいるため、
    パースペクティブがしっかりとれていて分かりやすい(あまり理解してないけど)。

    この文章を書きながらふと思ったけれど、
    本書は掛け合い漫才のようなものだな。

    石川氏がまず振り、内田先生がボケる。
    そして石川氏が突っ込み次の振りへ、という具合に。

  • マルクスの書いた「事柄」とマルクスという「人」の二つの焦点があるとすると、石川氏が事柄、内田氏が人担当というように読めた。それにしても、内田氏の視点はあっと思わせる深く、ユニークである。
    マルクスという人に改めて興味を持った。

  • 『資本論』に至る前のマルクスの思考の過程。青年マルクスが当時の社会の何を憂いどのように変えようとしたか、がとてもおもしろい。
    内田樹は変わった視点からでおもしろい。
    自分の考えの浅さ、知識の無さを改めた感じる。

全45件中 1 - 25件を表示

若者よ、マルクスを読もう (20歳代の模索と情熱)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

若者よ、マルクスを読もう (20歳代の模索と情熱)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする