劇画家畜人ヤプー【復刻版】

  • 160人登録
  • 3.59評価
    • (11)
    • (7)
    • (15)
    • (1)
    • (3)
  • 16レビュー
  • ポット出版 (2010年3月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784780801439

劇画家畜人ヤプー【復刻版】の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 途中途中に用語説明を載せてくれているけど、その説明文が毎回長すぎたので飛ばしながら読んでました。
    がっつり人種差別の内容だけど、面白かったです。最後の結末は、「そうなっちゃうんだ」と驚きました。
    絵のタッチがいい味出してますね。

  • やっちゃったなー感がたまらない。
    石ノ森章太郎の描く、高圧的な女の人が好きなのです。

  • 江川達也verだとなかった高天原編もあるので驚天動地の域に達している。完結していないことが残念であるが解説が丸尾末広・・・豪華である。沼正三氏よ永遠なれっ!SFとSMは不滅である。

  • 特に何てこと無いSFマンガである。特筆すべきはこれが40年前に描かれていること。

  • 石ノ森章太郎もマンガ化していたんだね。

  • 石ノ森章太郎もマンガ化していたんだね。

  • 江川達也版を読んでずっと続きが気になっていたので。
    …ってこれも途中で終わるんかい!!な終わり方。
    劇画版2も復刻されてるようなので、いつか読みたい。

  • 熊野寮に転がっていたものを拾って読んだ。
    日本人が人の扱いを受けない未来の世界に主人公らが連れられるというSF。
    日本人が白人の玩具として扱われる世界で、我々の価値観を凌辱します。

    かなりキツい本です。
    読書中は悪夢を見ている気分だし、読み終わっても尾をひきます。
    さすがはドグラ・マグラと並べられて奇書と言われるだけある。
    また読みたいとは思わない。小説の方も読みたくない。
    だが、衝撃的という意味ではこの上なく衝撃的だったので評価は星5つで。

  • お好きなひとが、一生懸命、情熱を傾けて、好きなことを、力の限り描いているのがいいですね。

    ▼keikeiakakaのサイトでもっと詳しく描いてます
    http://life--design.com/book/2010/05/post-83.html

  • 先に江川版よんだからかな??期待したほどの美しいほどのショッキング、グロ描写とかがあんまり感じられなかった。でもやっぱ石ノ森版もすばらしい。

全16件中 1 - 10件を表示

劇画家畜人ヤプー【復刻版】に関連するまとめ

劇画家畜人ヤプー【復刻版】を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

劇画家畜人ヤプー【復刻版】を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

劇画家畜人ヤプー【復刻版】を本棚に「積読」で登録しているひと

劇画家畜人ヤプー【復刻版】の作品紹介

1971年に「都市出版社」、1983年に改訂を加えて「辰巳出版」から刊行された『劇画家畜人ヤプー』を復刻。

三島由紀夫、澁澤龍彦らが絶賛した戦後最大の奇書『家畜人ヤプー』を石ノ森章太郎がコミック化。
復刻に際し、丸尾末広(漫画家)による解説文を収録。

●あらすじ
 196×年、西ドイツに一挺の空飛ぶ円盤が墜落。それは二人の関係が結婚を控えた「恋人」から「飼主」と「家畜」に変容していくことを告げる報せでもあった─。
 翌春に挙式を控えた日本人留学生・瀬部麟一郎(リン)と東独の名家の娘・クララは墜落した円盤から謎の女性・ポーリーンを救ける。人間に似た奇怪な生物を飼い慣らす彼女は2000年後の未来世界イース(EHS=The Empire of Hundred Suns)から航時艇(タイム・ヨット)に乗って過去世界を遊歩中に墜落したという。麟はポーリーンの飼う畜人犬に咬まれ動けなくなってしまうが、彼女は自分の別荘にある緩解薬を打てば治るとすまして言う。さらにはクララが麟と婚約していると聞くと、「時代の罪」であり「病的な病」であると断じる。白人女性がすべてを支配するイースでは、黄色人種は「家畜」であり、「人間」ではないからだ。ポーリーンの言葉に反発しつつも、クララは愛する麟を治すため、薬を求めて2000年後の未来へ行くことになる。「麟を一生愛し、離れない」ことを誓って。
 ポーリーンはクララの「誤った考え」を矯正するために、妹ドリスや、兄セシル、義弟ウィリアムらを紹介し、歓待する。女権社会であり、白人のみが「人間」とされるイースにおいて、まさに最高の地位にあるクララは霊液、矮人、扉魂といったヤプーを利用した高度な文化・文明に触れ、戸惑いながらも少しずつイースに馴染んでいく。一方、麟は皮膚の色からヤプーであるとされ、虫を呑まされ、浣腸をされ、挙句に皮膚を改造されてしまう。「人間」と「家畜」。二人の立場はこの世界では全く違うものであった。
 クララはようやく緩解薬で動けるようになった麟と二人での会話を求める。イースで最高の立場にあってこの世界を理解しつつあり、さらにはウィリアムに愛情を感じ始めていたクララ。対極に「家畜」として扱われ、イースをおかしな異世界と捉え続ける麟。結婚を誓い合った二人の気持ちはとうにすれ違っていた。逆上した麟はクララと心中をはかるも失敗。その結果、麟は去勢され、クララはついに麟を「人間」ではなく、「家畜」であると認識する。
 クララはイースに帰化し、麟を自らのヤプーとして飼うことを決意する。「麟を一生愛し、離れない」という、未来に来る前に自らに課した誓いを守るために。
 しかし、クララの気持ちの中で、麟との関係性はイースに来る前とはすでに変わっていた。「恋人」から「家畜」へと─。

ツイートする