IDOL DANCE!!!: 歌って踊るカワイイ女の子がいる限り、世界は楽しい

  • 121人登録
  • 3.69評価
    • (10)
    • (16)
    • (15)
    • (3)
    • (1)
  • 17レビュー
著者 : 竹中夏海
  • ポット出版 (2012年12月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (172ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784780801927

IDOL DANCE!!!: 歌って踊るカワイイ女の子がいる限り、世界は楽しいの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • いっぱいいて、どれが何やらもうわからないアイドルですが(笑)ダンスダンスレヴォリューションをちょっとやってみて「アイドルは馬鹿じゃできないねー」と痛感したのでした。歌って踊ってフォーメーションを変える。会場やメンバーが変わってもパフォーマンスの質を落とさない。そのためには毎日寝食を忘れて練習するのでしょう。

    前半よりも後半の対談の方が面白く、事情がいろいろ分かります。

    ふりコピは体育祭や学園祭の出し物としての需要も高いのでしょうね。総じて若者は「イベント」を重要視しているようですが、それはいつからでなぜなのか社会学の研究対象になるんでないかい?と思いついてしまった。某テーマパークの開業がやはり大きいかな。

    表紙の写真はモデルの女の子でアイドルではないようですがウサギの着ぐるみの中身は著者だそうです。

  • アイドル振付師であり、自身ドルヲタでもある著者が、専門家からも一般のファンからも軽く見られがちなアイドルダンスというジャンルに光を当てた野心作。竹中夏海という人は本当に面白い人で、僕はこういう人が大好き。

  • この本は、振り付けの仕方に的を絞っている。本書はYouTubeを見ながら読むとより理解が深まります。
    提供側からの視点で書かれているところは新しいと思うが、もう少し顧客視点で分析がしてあればもっと面白くなったと思う。

    アイドルの表情、しぐさ等で男どもが何故惹き付けられてしまうのかに踏み込んで、しかもそれを振り付けに活かしているというような裏話を期待していた。アイドル全般に渡ってこのような分析をするのは、もっと大きなお友達でないと無理なのかな。

  • さくっと読めます。読みやすいです。もっとゴリゴリした評論みたいなのも読んでみたい気もします。
    アイドルは総合芸術だと別の本で読みましたが、なんだか納得しました。「歌って踊るカワイイ女の子がいる限り、世界は楽しい」という副題、まったくもってその通りだと思います。やっぱりアイドルのダンスって特殊なんだなあ。
    あとはキノコを見に行きたくなりました。

  • 真剣にアイドルのダンスについて考察した本かなと思って購入したけれど、そうでもない。
    表紙がカワイイのが救い。表紙はいいと思う。うん。

  • ダンスから見るアイドル!おもしろかった!
    著者は日女体卒でPASSPO☆やアップアップガールズ(仮)の振付をしている人です。中学の時から振付をしていたというから、根っからの振付師ですね。
    アイドル・ダンスの特徴や、衣装や小道具、フォーメーション等々、歌唱には全く触れず、それ以外のパフォーマンスすべてを熱く語っています。
    特に東京女子流のプロデューサーと衣装担当との鼎談が面白かった。
    オーディションで選んだ子をもとにグループを作るのではなく、グループのコンセプトが先にあって、ポジションごとに予め設定したキャラに合う子を集めるなんて、なんと戦略的。
    他にもBerryz工房やPerfumeなどのパフォーマンスが取り上げられています。
    それにしても、Perfumeってプロから見ても、完成度が高いんだねぇ。

  • 85点

    ダンスやアイドル論、今のアイドルのあり方などが、
    深いアイドルへの愛をもって語られる良書。
    まぁそこまで深い話はないのだが、それでも本当にアイドルのことが好きなことが伝わるので、好感が持てる。

  • 振り付けからみるアイドル。
    発見があるかわいさって大事かもね。

  • ずっと積ん読になってて、やっと読みました。ぱすぽなどの振り付けを担当する竹中夏海さんが、アイドルとダンスや自分のキャリアについて語った本。
    アイドルという現象の中の人の話として語られていて、最後にはアイドル自身へのインタビューなど本当にアイドルとアイドルダンスを知れる一冊だと思いました。

  • 体育大卒で振付師として活躍する筆者が
    アイドルの踊るダンスをダンサー・振付師視点で考察する、
    ユニークな一冊です。

    もともと振付師が演者につけた振り付けを
    ファンたちもコピーして踊る「振りコピ」文化が
    アイドルとそれを応援するファンたち、
    ひいてはダンスそのものとの距離さえも近づけて
    そこに喜びを感じるという、図式が面白い。
    もともと自分で踊るとそのダンスを客席で見られないため、
    ひとに振り付けしたダンスを見ているほうが好き、と語る彼女。

    珍しいキノコ舞踏団で活躍する同輩や、
    自ら振り付けを担当するアイドルたちの
    プロデューサーや衣装さんとの対談も見ものなので
    アイドルファンだけでなく、ダンスに興味のある方も
    けっこう楽しめる読み物ではないかなーと思います。

全17件中 1 - 10件を表示

IDOL DANCE!!!: 歌って踊るカワイイ女の子がいる限り、世界は楽しいを本棚に登録しているひと

IDOL DANCE!!!: 歌って踊るカワイイ女の子がいる限り、世界は楽しいを本棚に「読みたい」で登録しているひと

IDOL DANCE!!!: 歌って踊るカワイイ女の子がいる限り、世界は楽しいを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

IDOL DANCE!!!: 歌って踊るカワイイ女の子がいる限り、世界は楽しいを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

IDOL DANCE!!!: 歌って踊るカワイイ女の子がいる限り、世界は楽しいを本棚に「積読」で登録しているひと

IDOL DANCE!!!: 歌って踊るカワイイ女の子がいる限り、世界は楽しいの作品紹介

ぱすぽ☆やアップアップガールズ(仮)などの振付を手がける振付師・竹中夏海によるアイドルダンスの読み解き方。

丸々1冊「歌って踊るアイドル」の「踊る」に迫った、これまでにない書籍です。
アイドルダンスの特徴や独特の楽しみ方を振付師ならではの視点で分析するとともに、コンテンポラリーダンサー・梶原未由(珍しいキノコ舞踊団)、東京女子流ディレクター・佐竹義康&衣装担当・笠井奈津枝、玉井杏奈(ぱすぽ☆)への、ダンスをめぐるインタビューも収録しました。

表紙には講談社ミスiD(アイドル)2013グランプリのモデル・玉城ティナを起用しています。

IDOL DANCE!!!: 歌って踊るカワイイ女の子がいる限り、世界は楽しいはこんな本です

IDOL DANCE!!!: 歌って踊るカワイイ女の子がいる限り、世界は楽しいのKindle版

ツイートする