90億人の食糧問題―世界的飢饉を回避するために

  • 26人登録
  • 4.25評価
    • (4)
    • (2)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : Julian Cribb  柴田 明夫  片岡 夏実 
  • シーエムシー (2011年12月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (368ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784781304113

90億人の食糧問題―世界的飢饉を回避するためにの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • このままだと食料危機が起きるよ。
    食料足りなくなっちゃうよ。
    餓死者増えるよ。
    やばい!!!

    って話を
    土地
    土壌
    技術力



    などなどの観点から理由づけした本。昔から言われていることをまとめてあって非常に分かりやすい。文章は読みづらいけど。現代における学問への要求を並べたっていう意味で、研究するなら読んどいても良いかもしんない。自分に関係する部分は。土壌の話とかはよく聞いたけど、水産資源の話はあんましきいたことなかったから面白かった。


    でも、こういう経済的な側面にあんまし触れないで(完全に触れていないわけではないけれど)書いた食料危機系の本は好きじゃない。だって価格で供給量が決まって、採算取れないと休耕地になるわけじゃないですか。ロシアとかは休耕地たくさんあるみたいだけど、その辺はどうなんだろうか。
    あと、どんなにたくさん作っても、お金がないと買えなくて、お金がある人がたくさん持ってくじゃないですか。日本では可食部の3割が捨てられている一方で、どっかの国では餓死者が出る。これはもう、食料が余ってようが足りなかろうが、資本主義経済の必然としてあるんじゃないかしら。だったら、餓死者を出したくなければ先にやるべきは「食料を手に入れられない人が食料を手に入れられるようにする方法を作ること」なんじゃないのかなー。作り過ぎは農民を滅ぼして国を滅ぼす、らしいけどその辺はどうなんでしょー。

  • 食糧を、水、土地、栄養、エネルギーなど色々な面から考察している一冊。
    新しい視点やつながりが得られた。
    食糧と環境(気候変動)はセットなのだと再認識。

全2件中 1 - 2件を表示

90億人の食糧問題―世界的飢饉を回避するためにの作品紹介

食糧価格高騰のうらで行きづまる世界の農業。わたしたちの食卓を支える「食」と「農」の現状。

90億人の食糧問題―世界的飢饉を回避するためにはこんな本です

ツイートする