りつしんべん

著者 : 廣岡あかね
  • ふらんす堂 (2016年12月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (186ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784781409344

りつしんべんの作品紹介

◆第一句集
悴みて立心偏のゆがみたり

あかねさんの句には随所に女性としてのこまやかで、やさしい心遣いが見られる。しかし、その心奥にはなかなか強いものがあり不可とすることには決して折れない心意気があるようだ。じっと何かに耐えるとき立心偏がゆがむのもそのためであろうかと思う。
(帯より・行方克巳)

◆行方克巳抄出
ゆたんぽを撫でて叩いて買はずに行く
いそいそと若手歌舞伎に春着の娘
つづら屋に膠の匂ひ竹簾
今日の白画布に足しけり花辛夷
木の芽風子は靴下を脱ぎたがる
春の雪降れ降れ用のなきひと日
春浅しカナリア色のエレキギター
剪定の梯子からから伸ばしけり
薔薇の鉢贈られ薔薇の本を買ふ
ギターケースに百円玉千円札落葉

ツイートする