死に至る病 (まんがで読破)

  • 242人登録
  • 3.38評価
    • (18)
    • (17)
    • (46)
    • (11)
    • (3)
  • 32レビュー
  • イースト・プレス (2009年1月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (181ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784781600239

死に至る病 (まんがで読破)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 自分がなく家庭でも学校でも上手くいかない主人公が、キルケゴールの自己と向き合う考え方を聞き、生き方を改める本。

    ヘーゲルの流れを汲んだキルケゴール哲学が分かりやすく説明されてて良かった。

  • 「死に至る病」自体は読んだことがないのですが、入門書として漫画を読んでみました。

    キェルケゴールの生い立ちからわかりやすく漫画で教えてくれるので、「なぜ彼がその発想を持つに至ったか」がよくわかりました。

    「絶望」って怖いですよね。
    機会があれば今度はちゃんと読んでみようと思います。

  • ま、哲学書というか信条表明を漫画化すればこうなるよね、という典型。
    新興宗教臭すらする絵柄には皮肉をこめて拍手。

  • 読み返さないと意味が分からない。でも、深く読むとすごい事が書かれている。3つの絶望をとく
    1→自己の見つめない絶望【自己実現を追求せず自分の外に価値を委ねる ゲーム、熱狂的なファン】
    2→変わらないことへの絶望【人はそう簡単に変わらない。努力しない事で尚さら人は変わらない。】
    3→被害者的、絶望→自分が被害者なので他者を攻撃していい〜という考え方。

  • 他の同シリーズに比べて、絵が少しかわいい。原作を読んだことはない。雰囲気を感じることはできると思う。そのうち原作も読んでみたい。

  • ①自己の本質を知らない絶望
     常に外側からの刺激を必要とする、刹那主義てきな生き方。
    ②自己の本質を知りながら本来的な自己になろうとしない絶望
     自分自身に引きこもる逃避型
    ③自己の本質を知りながら非本来的な自己になろうとする絶望
     被害妄想的な犯行型
    201411

  • 哲学書は、メンターが弟子を指導するスタイルが説明しやすいかも。

  • ヘーゲルに対するアンチテーゼ。
    ヘーゲルとキルケゴールも弁証法的に止揚されるか。
    キルケゴールの生涯に共感するものがある。

  • 渋谷にある出版社さんがやってる本屋さんでタイトルにひかれて立ち読みし、思わず泣きそうになるほど心につきささって買った本。

    キェルケゴールが語る”死に至る病”、それは現代に生きるわたしたちのほとんどがかかっていると言っても過言ではない。実際、少し前のわたしは確実にこの病におかされていた。

    肉体の死よりもっと切実な死に至るこの病を克服する方法、それは自分自身を生きるという選択と決意と行動。あなたは本当にあなたを生きていますか?今のあなたは本当に”生きて”いますか?

    漫画だからこそ、非常にわかりやすく読みやすい。30分で読めるけれど、一生心に突き刺さる良著。

  • 自己と向き合うために孤独があるなら、孤独も肯定できそう。
    原著訳をよむぞー

全32件中 1 - 10件を表示

キェルケゴールの作品

死に至る病 (まんがで読破)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

死に至る病 (まんがで読破)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

死に至る病 (まんがで読破)を本棚に「積読」で登録しているひと

死に至る病 (まんがで読破)の作品紹介

絶望とは、人間の精神のみが患う病である。時は19世紀のヨーロッパ。社会や個人への不安を抱え、自己疎外に陥った人々の魂の救済、精神の教化と覚醒のため、哲学者キェルケゴールの探求が始まる-。21世紀、今も私たちをとらえて離さない「死に至る病」を、現代の視点から綴ったオリジナルストーリーと絡めて漫画化。

死に至る病 (まんがで読破)のKindle版

ツイートする