たった4つの言葉で幸せになれる!心が楽になるホ・オポノポノの教え

  • 634人登録
  • 4.10評価
    • (84)
    • (94)
    • (47)
    • (7)
    • (0)
  • 91レビュー
  • イースト・プレス (2009年8月31日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784781602103

たった4つの言葉で幸せになれる!心が楽になるホ・オポノポノの教えの感想・レビュー・書評

  • いままで色々な本を読んできましたが、簡単でシンプルでいつでも出来るホ・オポノポノに感動しました。

    「ありがとう」「ごめんなさい」「許してください」「愛しています」の4つの言葉で自分の記憶をクリーニングしていくだけでいい。

    読んでいくと今まで生きてきたことへの疑問が納得できて、解決されて気持ちがスッキリして楽になりました。

    ウニヒピリ(潜在意識・インナーチャイルド)も愛してあげることが、自身にもプラスになるということを知ることが出来て、助かりました。

    第五章から七章が特に良かったです。読んでよかった。
    この本に出会えたことに「ありがとう」感謝します♪

  • ブログをこちらに書きましたので、宜しければお読みください。

    http://sommelierofbooks.com/study_training_history/hooponopono/

    あなたは普段からイライラしていませんか?

    あるいは、自分はなんてダメな奴なんだ、
    とかって自らを責めていませんか?

    ここ最近の日本はこういう人が
    増えているような気がします。

    もしあなたが上記に心当たりがあるのであれば、
    今回紹介するハワイに伝わる問題解決法

    『ホ・オポノポノ』

    を一度実践してみることをおすすめします。

  • スピ系の本で「記憶」は常にキーワードになってきます。この世で経験した過去の記憶、前世で経験したであろう記憶。目の前に起こる事象は記憶が見せているものとされます。だったらこれを消去し、常にまっさらな状態で人生を送る。苦しみの悲しみも怒りの全ての負の感情にしがみつくことなく記憶をクリーニングし続けることに集中する。で、その具体的な方法が、4つの言葉「ありがとう」「ごめんなさい」「愛しています」「許してください」これらを唱えるということ。

    記憶、経験が今の自分をつくっている、だから今の自分にとって記憶や経験は必要なもので、その消去にいそしむだなんて、最初は理解できず混乱しました。村上春樹の本で「人は記憶をエネルギーにして生きている」という言葉に納得していたし。

    頭でっかちなので、どうしても理論を理解しようとして混乱するのですが、記憶や経験で、価値観がつくられ、そして何か行動を起こすときの基準になっているのは事実です。その価値観が自信になることもあれば、不安を煽ることもある。また、先入観もそう。初めて会う人に対して先入観で仲良くなれないかもと判断し、せっかくの出会いを無にすることもあるはず。ということはやっぱり記憶や経験は不必要だ、ということになる。

    この本の中で、感動したり喜びを感じたりした瞬間から、その記憶を消すようにとのことでした。消しすぎじゃないか?と思いましたが、きっとその良い感情も後に比較の対象となり、自分をあのときは良かったのに、という今そのときを否定してしまうから、ということだと思います。

    またスピ系キーワードとして「今ココ」がありますが、ホ・オポノポノもそこにリンクしています。今ココに集中する、今の自分を感じること、という意味です。過去や未来を考えれば考えるほど苦しみや不安を作り出す。そしてそれはただの妄想でしかない。なぜなら自分は過去や未来には存在していない。今ココで問題が起こっているわけではない。記憶にふりまわされないようにするという意味において、ホ・オポノポノと同じ考えです。

    20代は、刹那的快楽主義者である自分に辟易していました。今が楽しければいい。だから未来は考えない。でも、このときの自分は今よりも今ココに集中していたのかなと思います。知らず知らずのうちに実践していた。

    人間は無から生まれて、年を重ねて色んなものを背負っていく。記憶や価値観、先入観をずっしりと背負っていく。人生にこれから起こる出来事を楽しむために、背負ったものを整理する必要はありそうです。

    でも記憶を0にするって相当大変です。ほんとに4つの言葉で消せるかどうか。

    おっと、そういう不安になる前にクリーニングということですかね

  • 4つでなくてもよくて、まとめて「愛しています」だけでもいい。

    もやもや、ムカムカ、いらーっとしているモノ・コトに対して愛していますと唱えることは、難しいように思えるのだけど、
    心を込めなくてもよく、ただただ機械的に唱えるだけでいい、ってところがいいと思う。

    ゼロになる、すると必要なものが降りてくる。

    なるほど~

    さっそく職場の小さなわだかまりに向けて、愛していますを唱え続けた。1週間もしないうちに解決してた。

  • 自分の潜在意識にある自分を愛し労わることが、過去の記憶から解き放たれることにつながる。簡単なようだけど今まで自分にない考え方だった。今この本に出合えたことにすごく意味を感じた。

  • 観て頂いた方に、「あなたにはオポノポノが必要で○日間やりなさい」と言われ、その時オポノポノを知る。
    ネットで色々調べてみたら、4つの言葉を言う理由は、世界や認知してるものが自分と切り離せないからで、つまり自分が原因でそのような現実が表れているというのを読んで深い!と感じ、amazonのレビューからこの本にしよう!と決める。
    ポノポノの説明文とか初心者用に詳しく書いてあると思ったら違うみたい。
    項目別に、Q&A風というか。
    こちらよりセドナメソッドの方がお勧め。

  • 「ありがとう。ごめんなさい。許してください。愛しています。」

    ヒューレン博士は「四つの言葉で記憶をクリーニングして消去する」
    とおっしゃっているのだが、これは方便だと私は思った。
    記憶をクリーニングするということは、消えてなくならせることではない。
    仏教風に言うと、感情や記憶を「成仏させる」
    スピリチュアル風にいうと「手放す」ということ。
    四つの言葉で記憶をクリーニングするというのは
    記憶や経験(そのものと、経験をした自分)を
    仏教風に言うと「供養する」
    スピリチュアル風に言うと「愛する」
    神道風に言うと「禊ぎ祓う」
    宗教的立場にかかわらず行える良い方法だと思う。
    四つの言葉でクリーニングすることにより、
    神道の大祓詞で神々が行ってくれるケガレの祓い浄めを起動している。
    ケガレとは汚さではなく、
    感情の揺れ動きによって生じる疲労のようなもの。
    仏教での供養とは愛を送ること。愛すること。
    成仏していない記憶を愛すると、
    満足した記憶は成仏し、
    意識は記憶を手放す。
    けして経験や記憶そのものが消滅するのではない。

    博士は「ありがとう。ごめんなさい。許してください。愛しています。」
    の四つの言葉全部を言わなくてもいい、
    「愛しています。」は他の三つを含んでいると考えているので
    私は「愛しています。」しか言いませんとおっしゃっていた。

    短い読みやすい本で、2、3時間で読み終わった。
    最後に、本の中で私の心を打ったフレーズを書き留めておこう。

    「記憶はあなたに愛されるのを待っています。」

    「忘れないでください。あなたは一人で生まれてきたのではなく、
    目に見えないけれど大きな愛の力に包まれて生まれてきたのだということを。」

    「通りすがりの人でさえ潜在意識の記憶で出会うのですから、
    家族、夫婦、友人、仕事仲間など、身近な人との縁は大変に濃く、
    日々互いにクリーニングをする関係が求められているといえます。」

    ヒューレン博士、皆さん、ありがとう。愛しています。

  • 実践してみたら、胸のモヤモヤが消えた。しばらく続けてみようと思う。

  • テーマごとわけて、さらっとまとめてあるので短時間でホ・オポノポノを理解できる1冊。
    一方、具体的な実践方法の説明はあまりないので、詳しく知りたい人は他の書籍を読む必要がある。
    好みは完全に分かれる本だと思う。

    「この橋は渡ってよいのだろうか?」
    感じ方に違いはあれど、読む前も、読んだ後も感じたことだ。
    本を読む前、ホ・オポノポノの考えを知ったとき、「目の前の問題は、自分の『記憶』再生であり、問題を解決するためには記憶のクリーニングをすればよい」という根本の考えに、「記憶をクリーニング…?それって大丈夫…?」と心がざわつき、不安になった。
    読んだ後は、「この教えを自分が本当に望んでいるのだろうか」と考えるようになった。
    うまく説明ができないけれど、自分ではない「何か」に委ねすぎているように感じ、その委ねすぎている感覚に不安を感じている気がする。
    また「感情は認識し、受け入れてからが始まり」という考えが自分のベースにあるようなので、「記憶をクリーニング」という教えがしっくりこなかったようにも思う。
    そして、記憶をクリーニングするために、4つの言葉を唱えているとき、自分は「今」に生きているのだろうかとふと疑問になってしまった。

    しかし一方で、ホ・オポノポノという言葉を脇に置いておくと、読みながら納得する点も多く、参考になった。
    ホ・オポノポノ一色の考えに染まるのではなく、ゆるく生活に取り入れて、自分に心地良いカスタマイズができたらと思った。

  • ありがとう、ごめんなさい、許して下さい、愛しています。クリーニングを毎日すること

  • 前著にはない、4つの言葉の声掛けの仕方のQ&Aが載っている。→コツ:ただ機械的に言葉を唱えるだけ。

    ▼ありがとう。ごめんなさい。私を許してください。愛しています。の4つの言葉。
    ▼問題やネガティヴなことが起きたら、ウニヒピリに向かって、「このような記憶を見せてくれてありがとう」とお礼を言ってクリーニング。「あなたを傷つけてごめんなさい。私はあなたを愛しています。一緒にクリーニングしましょう」とクリーニング。
    ▼「ああしたい」「こうしたい」という欲望は記憶の「再生」で、この記憶をひたすらクリーニングし、ゼロの状態にする。
    ▼努力してクリーニングしない。努力=しんどい、という記憶をもたらす。呼吸するようにクリーニングを生活の一部にする。クリーニングしないと気持ち悪いと思うようになれば良い。
    ▼自分の目に見えるもの(感じるもの)のすべては、あなた自身の記憶の投影。
    ▼「アイスブルー」とつぶやきながらイチョウの葉に触れると、肝臓の問題の記憶に働きかける。カエデの葉は心臓や呼吸器系を改善、柿の葉は生殖系機能の問題の記憶を解決。ピンクの百合、カサブランカは死の恐怖にまつわる記憶を、ボトルバーム(とっくり椰子)は経済や金銭問題に関する記憶をクリーニング。また、植物を押し花にして、財布や手帳に挟んで持っているだけでもクリーニングできる。

  • サラッと読めた。
    4つの言葉で記憶をクリーニングする。読みながら、瞑想と同じ要素があるなと感じた。ネガティブな状態、思い込んでしまっている状態、イライラしてしまっている状態など、自分の状態を認識した上で、4つの言葉を唱える。そもそも自分の今の状態すら認識せず、日々を過ごしていた気がする。追い立てられるように忙しく過ごしていて、自分を振り返る余裕もなかったことに気づかされた。
    ただ、1点気になる点があった。何も考えずに唱えるだけで…とあるけど、自分の心の状態を認識した上で行うのが良いかなと感じた。子々孫々の記憶も多大にあるとしても、自分が経験した事柄の中にも原因があるの場合もあるのだから、自分がなぜ怒りを感じたか、なぜ幸せなのか、なぜ悲しいのか、「なぜ」は考えたうえでクリーニングしないと、日々表にいる自分(顕在意識)としては、なんだか分からないうちに日々を過ごすことになるのではと思った。

  • 潜在意識に4つの言葉を唱え続けるだけなので楽チン!

    ストーリー
    クリーニングする言葉はいつでも「ありがとう。ごめんなさい。許してください。愛しています」の4つ。
    クリーニングを続けることで、過去の記憶が消去され、やがてゼロの状態になる感覚を感じることができるようになるでしょう。
    自分をゼロの状態にすることは、生きていく上でとても大切なことです。
    あなたもクリーニングを実践し、素晴らしい奇跡を感じてください。
    (イハレアカラ・ヒューレン)

  • ずいぶん前に買って読み終えていたのに、ふと、本棚からまた抜き出して読んでいる。

    荒(すさ)んでいた心が、再読の後はほんとうに安定して、いろんなことが幸せな方向に向いている。
    本書に書いてあるクリーニングの方法はすっと心を穏やかにさせてくれ、なおかつ「自分の人生で起こることに100%責任を持つ」ということを優しくアドバイスしている。

    どんな人にも届けたいと思う。すべてが平和で幸せになるために、問題の根源である「自分の問題」を解決するための方法が書かれている。
    ただのスピリチュアルで片付けない実践的なワークブック。

    藤沢まゆさんのイラストも素適で、女性には特にオススメしたい保存版。
    あまり深く考えなくで、書かれているとおりにクリーニングすることによって日々の幸せ度数がアップするのを実感した。

  • ホ・オポノポノとはハワイに数百年前から伝わる問題解決方法のこと。その実践者として有名な著者がホ・オポノポノの説明と、その実践方法を記したのが本書。私が一番気に入ったところは、「ホ・オポノポノの素晴らしいところは、メソッドが非常にシンプルで、いつでもどんな時も一人で行うことができるということです。」というところ。具体的には「ありがとう、ごめんなさい、許して下さい、愛してます」という言葉を口に出して、あるいは心の中だけででも唱えればよく、また、それらの言葉に感情を込める必要はなく、ただ機械的に復唱するだけでOKである。それを続けることにより、正しい判断の妨げになっている記憶をクリーニングし、ゼロの状態になれるとのこと。

  • ホ・オポノポノと出会って、自分の潜在意識をクリーニングすることで、心がずいぶん楽になりました。

    いい出会いだったと思います。
    ようやく自分のことが好きになれました。

  • 論理とか理由とかを考えるのではなくとにかくクリーニング。
    「愛しています、ありがとう、ごめんなさい、許してください」
    を心の中で唱えればいいだけ。
    心を込めなくてもとにかくそれを唱える。
    そして続ければいい。
    それに尽きると言ってもいい感じの内容でした。

    実践してみて理解することしかなさそう。

    とりあえずやってみるか。

  • 「ごめんなさい」「許してください」「ありがとう」「愛しています」この4つの言葉で、ウニヒピリ(潜在意識)をリセットさせる。すべてのことは、潜在意識の再生だから、ゼロにしてあげることが大切。ブルーソーラーウォーターも同じ働きがある。ハワイで伝わる問題解決方法。

  • 2014 6/3 過去の記憶にとらわれずつねにいまをいきる、
    そのためには
    ありがとうございます
    ごめんなさい
    許してください
    愛しています
    この四つの言葉を大切に。

    体調が思わしくないときでもこの言葉たちを唱えると安らげる。

  • なにかいいこと、服部さん

  • ホ・オポノポノへの疑問が解消されてきた。もっとホ・オポノポノについて知りたい。

  • 読み始めたときは「不安、不満」は自分を変えれば、改善する的なビジネス書にもよくある話かなと思っていたが、「潜在意識」「記憶」に働きかけよと言う点が、読み進んで行くうちに腑に落ちる。

    今まで、よく言われていた「自分を変えれば、周りも変わる」は逆に言うと「自分が変わらなければならない」とストレスの原因になったり、イライラしてくると「あーやっぱり無理」と思ってしまって、なかなかうまく行かなかった。
    しかしながら、イライラや嫌な出来事があった際に「自分の記憶、潜在意識がそうさせているのだ」と思えば、何か楽になり良い考えだと思った。
    その際に、やらなくてはならないことも、「ありがとう」「ごめんなさい」「私を許してください」「愛しています」と自分に語りかるだけ。

    精神世界的や宗教色が強いので、読みにくいところもあるがこの考えで、気が楽になったし、やってみようかと思う。

  • 昔読んだ「ホ・オポノポノ」をもう一度読み返してみた。「ホ・オポノポノ」の本の中でもこの本が一番いいかもしれない。
    しかし読み直してみると、全然、記憶にない事柄も多い。一度、読んだだけでは、読み飛ばしてしまうところも多いことを実感。また、少し経ったら読んでみてもいいかも。ウニヒピリの話も、この本にもあったんだなあ。

全91件中 1 - 25件を表示

たった4つの言葉で幸せになれる!心が楽になるホ・オポノポノの教えを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

たった4つの言葉で幸せになれる!心が楽になるホ・オポノポノの教えを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

たった4つの言葉で幸せになれる!心が楽になるホ・オポノポノの教えを本棚に「積読」で登録しているひと

たった4つの言葉で幸せになれる!心が楽になるホ・オポノポノの教えの作品紹介

「人生を切り開くための解決法はただ一つ。クリーニングをしてあなた自身の記憶を消去していくことです」ゼロの状態になり、自分自身を取り戻せるようになれば奇跡が起こる!ハワイに伝わる問題解決法「ホ・オポノポノ」をキーワードからわかりやすく解説。「ホ・オポノポノ」の全てがわかる決定書。オリジナル・クリーニングカード付き。

たった4つの言葉で幸せになれる!心が楽になるホ・オポノポノの教えのKindle版

ツイートする