空気を読むな、本を読め。 小飼弾の頭が強くなる読書法 (East Press Business)

  • 839人登録
  • 3.44評価
    • (59)
    • (93)
    • (135)
    • (41)
    • (11)
  • 195レビュー
著者 : 小飼弾
  • イースト・プレス (2009年10月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784781602387

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
J・モーティマー...
有効な右矢印 無効な右矢印

空気を読むな、本を読め。 小飼弾の頭が強くなる読書法 (East Press Business)の感想・レビュー・書評

  • 僕のブログは結構この人の影響を受けていて、この人の読書法が今一番しっくり来ます。僕もかねてより「KY」などと揶揄されているクチですが、これでいいんですよね。弾さん!?

    少し前に読み終えました。でもこの本は結構サラリと読めるのですが、非常に内容はよくできたものなので、何度となく再読している本です。この人はもともと有名なエンジニアで、かつ書評ブログでで有名なアルファブロガーでもありますんで。僕が現在メインで運営しているブログの書き方や運営の仕方は、この人と成毛眞さんの本やブログを参考にさせてもらっています。

    で、その小飼弾さんの本を読んだのはこの本が最初でした。人生でかなりふざけたことやっても許されるのはある程度の成功者である、ということは否定しがたい現実ですが、しかし、どうしようもない現実、変えられないものを少しでも変えていく、その第一歩が読書にあるということは僕が信じているたった一つのこと、もしくは祈りでございまして。それが正しいんだなと背中を押してくれるものでした。

    最近はブログで「仕事がないんだったら、遊べばいいじゃないか」と豪語している弾さんですが、僕がここにこうして書評を掲載するのもある意味では「遊び」なのかもしれません。何をいいたいのかわからなくなってきたな。

  • アルファブロガー小飼弾の読書法が記されている。本を読んで考える。それは頭を強くすること。
    「赤ちゃんはおっぱいをのんで、すくすくと成長した」というところを、小飼弾は「本を読んで、すくすくと成長した」。私の印象はそんな感じ。本は「水」。生活の一部なのだ。

  • 【総評】
    空気を読んでいたらバカになる、とは多少大げさな表現かもしれないが、事実ではある。要するに付和雷同ばかりしないで自分のアタマで考えろ、ということだ。



    弾さんの視点は常に多角的で、消費者としてサービスやモノを見るだけでなく、まさに作り手や宣伝する人などのサードパーティーの視点がそこに隣接してある。



    そんな彼は物心つく前から本を読んでいて、小学生の頃、ばかみたいな量、図書館から本を借りてきてよみ、1日に読む本が50冊に満たないと、少ないなと感じたのだという。



    中学の頃すでに先生より賢く、学校に通っても得るものはないと、親公認で不登校になったという。



    世間を知らない子供は、無知だからこそ強く、常識や縛りがないから無限に成長するものだ。現東大情報学府の暦本教授は小5でfortran(数値計算に特化したプログラミング言語)を組んでいたらしいし、本人達にとってみればただの遊びだろうが、ぼくら大人が考えると、ちょっと笑ってしまう。


    そういえば読んでいて、大学の友人が、読書を「知的自慰」行為だと評したことを思い出した。



    表現はどうあれ、彼も必要に迫られて読書をするのではなく、それをただの娯楽としている点で、著者の弾さんと共通している。



    ただ、娯楽としてなら他に無限に既存のものがある。本がその中で娯楽として抜きんでていると僕らに感じさせるのは、知識欲を満たしてくれるからか、どこか見知らぬ処へ旅させてくれるからか。。。



    読書がいま、自分にとって以前にも増して魅力的に思えるのは、ひとえに人生経験を積んだからだ。想像がよりリアルになる。下にも引用しているが、何かに対して冷静なスタンスをとりたいなら、一度はそれにハマって冷めたほうがいい、というのは、恋愛についてよく当てはまるし、漫画の描き手や出版社、昨今のトレンドといった地政学的な視点から、ジャンプのワンピースを読むようになったことは、自分的に成長したと感じる。



    もう少しわかりやすく言うなら、童貞や処女の中学生が官能小説を読んでも大して面白くないということだ。AVにしたって実体験とはかけ離れている。



    だから経験を積んだ大人でなければ、官能小説を本当に”読む”ことはできないし、ノベライズのPCゲームを”クリア”することもできないのだ。



    『ゴンズイ玉』とか『肉団子』という文字列でにやつけるイマジネーションはお持ちだろうか?



    そして想像力が、ディスプレイを通じて伝わるより多くのリアルを脳内に感じさせられるようになった時に初めて、無機質な文字の羅列や、キャンパスのシミが宇宙に変わるのだ。



    その平衡点の向こう側に、居続けたいものだ。





    【気になったフレーズ】
    ・テレビにしろ新聞にしろ、一方的に押し付けてくる「プッシュ」型の情報はすべて捨ててしまえ。

    ・人に話したり、ブログやノートに書くことで、血肉化される。

    ・『星新一』、『小松左京』、『筒井康隆』の作品は、すべて当たり。

    ・自分が無意識に考えさせられている点に気づく一番いい方法が、旅をすること。

    ・大抵日本の大企業の創立者なり社長なりは、自伝の本を書き、従業員を洗脳する。

    ・何かに対して冷静なスタンスをとりたいなら、一度はそれにハマって冷めたほうがいい。

    ・フィクションの読書とは、旅である。

    ・1時間で10冊読むには、まずは目次から読む。

    ・『6次の隔たり』・・・自分の知り合いを6人以上紹介すると、世界中の人にたどり着ける。

    ・自分の意見に一番逆らう本を読め。

    ・通貨として流通しているお金とうのは7%くらいしかない。あとは数字が信用をもとに動いているだけ。

    ・ネット上のトラフィックの2割はエロ。それほどエロは人にとって大きい。

    ・エロ小説で欲情できるイマジネーションを持て。

    ・長尺した漫画は、読者に物語を消費させたい作り手による産物。

  • 表紙暑苦し…。裏の裏でもないけど、わざとこういうデザインにしたんだね。きっと。あっという間に読める。さくっとした本でした。4章から面白くなってきた。読書の仕方って十人十色。たくさんの人のいいところを取り入れていきたいな…と思う。


    ●「ライトノベル」は、ぜんぜん、ライトなものではない。本をさんざん読んできた人たちでも楽しめる、刺激的な本 66ページ

    ●6冊読めば、世界がわかる 126ページ 「6次の隔たり」

    ●自分の意見と真っ向から対立する本を読む 134ページ
     例・左翼なら右翼を。右翼なら左翼を徹底的に研究すべき 135ページ

    ●自分の気に入った本ばかり読むのは、本に溺れる危険性がある 136ページ

    ●なまじ本に愛情がなかったことろが、ブックオフの成功の秘訣ではないでしょうか 152ページ

    ●漫画版『青空文庫』がほしいところ 195ページ
    ☆激しく同意。


    あとマンガを伸ばし伸ばしと何十年も何十巻も継続させるのはやめてー、とそこは私も同意。エロの部分も納得。あっけらかんー、と面白かった。


    ぜんぜん関係ないけど、腫瘍内科の主治医にそっくりで(もちろん別人)わらった。で、つい借りてしまったー。

  • 本の読み方ではなく、著者の方の本への思いが書かれた本です。
    いくつかなるほどと思う意見がありました。
    その他はただただ読み物であるという表現がちょうどいいような気がします。

  • 本を読むのに方法もうまい下手もない。読んだら内容をまとめたらスッキリすることができる。
    読書の楽しさから、どのような本が出版されるかという仕組みまで読みやすく書かれてます。著者さんは読書が大好きなんだな~

  • この人半端なく本を読んでいるのだなぁ。と尊敬。

    最近、資本主義の弊害が目につくようになった私は、
    "二割で食えるようになれ"という文言に同意。世の中、いらないものばっかり作ってるよね〜。

  • この手の書籍では珍しく、なんだかんだで本への愛が感じられた。

  • サクサク読めた
    テレビ(倍速視聴)の素晴らしさもあるのになあ
    --
    塩野七生 我が友マキャベリ
    カフカ
    星真一
    宮部みゆき
    村井純 インターネット
    まつもとゆきひろ コードの世界
    --
    2割(の仕事)で食えるようになれ
    読書とは遊び
    暇なときこそ古典
    テレビ見るなら有料チャンネル
    新聞はテレビよりましだがウェブで十分
    テレビ・新聞のプッシュ型情報はいらない ※そんなことない
    アリストテレス「自然は真空を嫌う」人間も暇を嫌う。なのでテレビ見る
    1日でも数時間でも情報を遮断してみる。と必要な情報とは何かわかる
    アウトプットが大切、ノートに書いたりして初めて血肉になる
    おもちゃもファミコンもなかったから自然に本を読むようになった
    JK常識的に考えて
    常識は「世間知」というもの。旅をすると通用しないことがわかる
    マキャベリ
    個人にとっての最適解が全体にとっての最適解とは限らない
    不条理で立場を追われた人の著作がいいかも ホリエモン、佐藤優
    古典はどんな時に誰に向かって書かれたのか理解して読む
    ノンフィクションはアメリカの方が充実
    読書は手で読む
    内容が目次を裏切っているような本はクソ本
    読書体験を積むと目次だけで読み終えた気になる
    フィクションの読書とは旅
    年を取るほど記憶力が低下する
    捨てることは難しい mvとcp
    人間の脳は都合がいい、電話番号を登録したら、登録したという事実のみ覚えていられる
    目次が付箋替わり
    付箋を貼らず、心の中に地図を描く(マインドマップ)
    読みながら考えない、2度読む
    国語の授業は本嫌い製造工場
    参考文献から最も関連の薄い本を6冊読んでいけば世界がわかる
    自分の意見と対立する本を読む
    フィクションは、好きな作家を見つける
    索引がある本のほうがこすとかかってる分、出版社の期待が大きいはず
    生産性が上がり、世界の人が暇になったら戦争が起こる
    そうならないように究極の暇つぶしとして本を読もう

  • 著者が「自分にとって本は図書館で読むものだったので、人様のものというイメージが強くて線引いたり折り曲げたりは今も出来ない」と言っていたのが印象的でした。

    「本は汚さず読まねばならない」という感じでなくて、自分はこういう事情でこう考えてるんです、という著者のスタンスから、コミュニケーションの基礎みたいなのを学びました。

    あと、著者が小学生のときすでに1日に読む本が50冊切ると不安になるというほどの読書家だというのは驚きました。

  •  本を読むことは遊びであるという言葉にとても共感した。やはり読書というのはしなくても死にはしないけれども、すると心豊かになれる、素晴らしい娯楽だなぁと。

  • 目次が駄目な本はクソ本,といいながら,この本の目次も駄目だと思うんですが…。
    内容も,あまりまとまりがないというか。

    表紙に釣られるなという趣旨のことを書いているけど,表紙にご自分の写真を持ってくるのも,表紙買いをするなというアピールなのか?

    巻末の一覧表だけコピーしておけばいいかな。

  • 自宅ソファーで読了

  • 1:テレビはできるだけ見ない
    時給1000円の人が毎日4時間テレビを見ると、年間146万円の大損をすることになる。

    2:定期的に難解な本を読むことで自信をつけよう

    3:読んだらすぐにアウトプット

    4:ケチをつけながら読んでみよう

    5:あなたは何をしている人ですか?と聞かれたら、自分の就ている職業を答えてしまってはいけない。何のために働いて生きているのかを答えられるようにしたい。

  • ①具体的な本の読み方は?
    ・不条理な理由で立場を追われたホリエモン、佐藤優さんの本がお勧め
    ・最初に目次
    ・10冊/時間は目次のみ読んで、気になるところのみ本文を読む

    ②読書後の活用方法は?
    ・アウトプット(ブログ、SNS、ノート、メモ)

    ③気づき
    ・テレビ、新聞など、押し付けてくる情報を取りやめる
    ・本を読む
    ・旅をすることで、自分の枠を外すことができる(家出含む)
    ・論語
    ・読書しりとり、良書の中に良書の紹介がある
    ・良書の参考文献で関係の薄いものを読む⇒これを16回続けると思いがけない本にたどり着く
    ・自分の意見と対立するベストセラー本の中に自分と反対の意見があるものを読み、大局を理解する

  • 1番共感できたのは「本棚は下着よりもセクシーだ」という点。読書メーターのアカウント、知り合いには絶対教えられないと常々思ってます。

  • アウトプットの重要性とかはそうだね、んで線引いたり付箋紙貼るのは反対で、図書館利用も勧めてるのは佐藤優とは違うけどおれはどっちかってとキレイに読む派なんでやっぱそれでもいんかなと。長尺化は読者の囲い込みだとかって話も面白かった。

  • 手を動かして本を読む。テレビを見ない。新聞も控えめに
    情報でアップアップになるな

  • 僕は結構表紙で本を買うことが多いので、目次もやけど索引があるか見ろというのはなるほどなと思いました。
    あと本棚は下着よりもセクシーというところ。
    あれは本当に共感できます。自分の本棚を人に見せるのは本当に恥ずかしいから。笑

  • 「読書は天才への最短コース」・・・なんだよなあ。痛烈な語り口ながら納得できる内容。「エロ本も読め!」だけちょっと消化不足だが。笑

  • 「新書がベスト」の簡潔バージョン

  • 本を読み始める初心者にとってはとても読みやすい内容で書かれていた。

    なぜ本を読んだ方がいいのか。
    若いうちから本をよむならこれだとか。
    本を読み始めるにはこれからだとか。

    ともあれ「ブックサーフィン」という言葉には面白さを覚えてしまった。
    あと、本の題名しりとりも。

    ブックサーフィンについては、すこし自分に当てはまることがあり、
    よく著者がこれを読んだとか、この本が面白いとかいっている本を
    読み漁る点だ。

    晴耕雨読=本を読むことは「遊び」だ。
    この言葉は、心に響いた。
    本を読むことに目的を持ってしまうと「義務」になってしまうため、よくない事だと書かれていたが、実際そうなのかもしれないと改めて感じた。

    最後に「エロ本」にやられた!

  • 本の中身を身体に染み込ませて初めて意味がある。血肉にするのは難しいけど面白い。

  • 本を読むためのスキル、本を読むという生き方。

    目次から構造をつかむ、消化のためにアウトプットをする、とにかく手でページを繰ってみる、違った意見の本を読む、等々。
    読書のための技法は、著者の経験に裏打ちされて多岐にわたっており、それらはおそらく、真っ当なものだろう。

    では、そうやって本を読むことで、どんな生き方を、どんな世界を、著者は思い描くのだろうか。

    2割の仕事だけで、8割を稼ぐ力を身に付ける。
    そして、暇になった世界で一人、本を読む。
    まるでSFの世界のような、しかし、決して絶望的ではない愛の世界は、すべての読書が読書をすることによって、空想されるのだろうか。

    「平和のためにも、本を読みましょう。
    モノもお金もあふれている時代に、やるべきことは戦争ではない。あなたが本を読み、自分と世界を知り、そして愛することなのです。
    Dan the Bookworm.」(P.202)

  • 読書経験のない人向けに、読書のメリットを説く本。

    もともと本を読む習慣のある人には不要。「新書がベスト」のほうが参考になった。

全195件中 1 - 25件を表示

空気を読むな、本を読め。 小飼弾の頭が強くなる読書法 (East Press Business)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

空気を読むな、本を読め。 小飼弾の頭が強くなる読書法 (East Press Business)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

空気を読むな、本を読め。 小飼弾の頭が強くなる読書法 (East Press Business)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

空気を読むな、本を読め。 小飼弾の頭が強くなる読書法 (East Press Business)を本棚に「積読」で登録しているひと

空気を読むな、本を読め。 小飼弾の頭が強くなる読書法 (East Press Business)の作品紹介

考える力が恐ろしいほど身につく!小飼弾が選ぶ最強の100冊+1収録。

空気を読むな、本を読め。 小飼弾の頭が強くなる読書法 (East Press Business)はこんな本です

空気を読むな、本を読め。 小飼弾の頭が強くなる読書法 (East Press Business)のKindle版

ツイートする