世界最後の日々

  • 256人登録
  • 4.00評価
    • (19)
    • (24)
    • (17)
    • (1)
    • (0)
  • 21レビュー
著者 : 山本直樹
  • イースト・プレス (2010年7月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (380ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784781603834

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヤマシタ トモコ
吾妻 ひでお
有効な右矢印 無効な右矢印

世界最後の日々の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 良い作品か悪い作品かと聞かれたら、良い作品と答える。が、読後感は悪い。気だるい。異常な空気が常に漂っている感じ。正気と狂気が入り交じった、あるいは、入れ替わった世界。毒気のある作品。想像していた以上に性描写が多くて、初っぱなからガツンと不意討ち食らった気分。

  • <内容紹介>
    無限の邂逅―著者自身が認める、ベストワークス。
    この十余年に描かれた膨大な作品群から、もっとも重要な短編を作者自らセレクト。
    書下ろしの解題では、創作の秘密や自身のルーツがはじめて明かされる。
    山本直樹の精髄が凝縮された、異彩の書。
    『明日また電話するよ』、『夕方のおともだち』に続く自選集3部作、完結編。

  • 自選短編集の第3部(第2部は買い忘れた)。ちょっと長めの中編の表題作が入っていたりと、作品の幅は広い。また、とらえどころのない終わり方をする作品は少ないので読みやすさは高い 。でも、やはりとらえどころのなさが山本直樹の良さという感じもするので、第1部の「明日また電話するよ」のほうが山本直樹らしさが出ていて好きだ。

  • 佐々木文庫より。まさかの巻末の父娘インタビュー。すっごいな、これ。と思って、本編よりも見てしまった。(11/5/2)

  • 昔、読んだ時は、かなり、良かったが、今、読んでみると
    それほどではなかったと思う。山本直樹の作品は、他は、今回は、入っていなかったが、

  • エロ漫画といえばそうだけど、エロ目的で購入はしない不思議。
    線が細くて美しい女の子となんともいえない雰囲気に気づけば夢中。
    読んだ後になんとも言い難い気分に襲われるけどそれがまた心地いい。 

  • 山本直樹先生の傑作短編を集めた傑作集。
    読後感がすばらしい。
    なんとも言えない感覚に陥ります。
    人を選ぶのでハマればズブズブ間違いなしです。

  • どこをひらいてもエロ漫画やないか!(ほめています)

  • 山本直樹さんてア、ナルが好きなんですかねえ(笑)
    女の子が可愛い。

  • 2010/12/6購入
    2010/12/18読了

全21件中 1 - 10件を表示

世界最後の日々を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

世界最後の日々のKindle版

ツイートする