竜の学校は山の上 九井諒子作品集

  • 2277人登録
  • 4.31評価
    • (373)
    • (315)
    • (101)
    • (11)
    • (1)
  • 208レビュー
著者 : 九井諒子
  • イースト・プレス (2011年3月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784781605456

竜の学校は山の上 九井諒子作品集の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • RPGで魔王を倒したことがある人は読むべき漫画だ、たぶん。
    ゲームしないからわからんけど。

    RPGというわかりやすい勧善懲悪ものも(知らないだけでそうでないのもあるかも)、久井ワールドでは「ラスボス1人倒しただけで世の中平和になったら苦労しないわ」ということになる。

    ゲームにはゴールが必要だけれども、現実の世の中に「ここにさえたどり着けばすべてが解決」というゴールはない。

    でも、じゃあ現実がゲームみたいだったらよかったのか?
    答えが一つの世界ならよかったのか?
    争いの元は絶やせばいい、猿人(ホモサピエンス)と馬人(ケンタウロス)のどちらかしかいない世界にすればいいのか?
    というと、
    「そーかもね
    でもちょっとだけつまんなかったかもね」
    (from『現代神話』)
    なのだと思う。

    答えはわからんけど、諦めないよ。
    諦めるということは見捨てるということと変わらない。
    希望こそ、勇者がくれたものだ。

    ……というなんか説教臭いレビューになってしまうんだけど、久井さんはこれを、全部ファンタジーの体をとっているのに妙に現実くさく、笑えるほどしょうもないレベルに落として、私の隣で喋ってくれるので、笑いながら、ぎくっとしたり、あああーーー…あるよなあ……となったりする。ないよ。同僚がケンタウロスだったり、クラスメートに羽生えてたりはしないんだけど。
    でも似たような「異種」はいくらでも隣にいるんだろう。私が異の方かもしれない。
    でもどんなに異に見えても、きっと「なーんにも変わらない」んだろう。ケンタウロスに言われてしまうとな…。
    そんなもんだと考えれば、いくらか、一緒に暮らしていくための良い意味での諦めと希望が見えてくるような気がする。
    まあ、しょうがないか、という感じで。

  • これは面白い。魔王討伐後の世界とか。ドラゴンが普通の現代とか。とか。とか。ファンタジーなのに地に足着いてる感じでするすると溶け込むように読めてしまう。沁みる。ケンタウロス族と人間が共存する世界のお話かわいかったな。

  • 現代の日本(?)に竜がいて竜学科のある大学があったり、背中に羽が生えていて飛べる人間がいたりと、世界観が独特で面白かった。
    勇者が魔王を倒したその後の話は切なかった。

  • 読み返す時用メモ

    ・帰郷
    平和になったその後/結局勇者が輝くのは魔王がいるからなのよね。切ない。
    ・魔王
    王女と魔王/吟遊詩人が紡ぐ一昔前の切ない物語。語られている部分の台詞無し表現が堪らなく好きです。
    ・魔王城問題
    魔王城の使い道/実際使い道困るよね・・・。(笑)ここまでの3話が「魔王が倒されて平和になったはずだけど当事者は全然ハッピーじゃないよ!」という流れで中々のやるせなさを食らうなど。この話の姫の希望で救われる感覚。
    ・支配
    プレゼント/星新一さんのショートショートのような。小さな親切大きな~ですな。人のため、って難しい。
    ・代紺山の嫁探し
    急募:神様/龍って!良いよね!!!すべて丸くおさまったかと思いきや最後が一番印象深かった。しんどいなぁ。
    ・現代神話
    猿人と馬人/馬人になりたーい!ないものねだりで隣の芝生。二組のペアがほどよく切り替わって多角的に楽しめて面白かった。
    ・進学天使
    羽のはえた同級生/相手を想うってことは優しいだけじゃないんだろうけども。潔さが痛い。
    ・竜の学校は山の上
    利用価値/個人的には何の役にも立たない事に時間を費やした挙句それが何にもならないのとか大好きなので悩ましいところですが、目を向けられないものに意義を与えるという心意気はとても好きです。素敵。
    ・くず
    くずの中のくず!/褒められてるけど褒められてない気しかしないこの。

  • 読後、「こういうのがずっと読みたかった」そう思えた。出会えて嬉しい。

  • 「ダンジョン飯」の作者さんの短編集
    ファンタジーでありながら妙にリアル
    現代の問題を内包しながら独特のタッチで描かれる話はどれも「なるほど!」と膝を打つ内容
    どれも好きなお話でしたが
    「進学天使」は、せつない初恋もの
    価値観ってなんだろうって考えてしまう

    最後の「くず」は、すごーく考えてしまった
    読み終わったあと、怖いけど主人公に少し救いがあったのが私の中でも救いになった

  • 表紙の画的に、ダンジョン飯から入ったからそういうマンガかと思うじゃないですか。
    最近割と書かれてるような気もする、「世界を救った後のファンタジー勇者」に関する話がいくつか。そこからグラデーション的に、現代日本にモーフィングしてくるファンタジー世界がやってきたら、のSFがいくつか。
    面白い。ファンタジー好きなんだろうなぁ。
    「必要なものと、これから必要になるもの」というのは、ものすごく重要な視座だと思いますよ。「今不必要なもの」に対する施策が如何に多様性を殺してきたのか。
    おもしろい。

  • 短編集。

    冒険後の勇者の扱いとか、世間の態度の変わり方などリアルな感じでした。所詮他人任せで、平和にならないのは誰かのせい。
    イラッとするけど民衆心理とはこんなものだろうとも思います。

    ケンタウロス型のよく働く馬人と通常の猿人がいる世界の話も、妙に現実感があって面白かったです。

    不思議な設定の話を現代社会に馴染ませるのが上手いです。

  • これほど雰囲気のしっくり来る作品は久しぶりだった。
    素朴と幻想と、日常と非日常とがいっしょくたになった短篇集。丁寧。

    中には納得の行かない結末が付けられているものもあったが、そのくらいでちょうど良い。

  • リアリティに溢れるファンタジー。

    舞台や設定はファンタジーだけれど、ストーリーや登場人物たちの思考、心情がとてもリアル。
    細部まで徹底して作り込まれた設定が、現実にも起こりうるかも…というようなリアリティを生み出している。
    そのリアルさに読者側も身につまされることも多いはず…

    ファンタジー要素を加えることで比喩的に、押し付けがましくなくメッセージを置いていってくれる。

    そんな作品でした。

全208件中 1 - 10件を表示

九井諒子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヤマシタ トモコ
有効な右矢印 無効な右矢印

竜の学校は山の上 九井諒子作品集を本棚に「読みたい」で登録しているひと

竜の学校は山の上 九井諒子作品集を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

竜の学校は山の上 九井諒子作品集を本棚に「積読」で登録しているひと

竜の学校は山の上 九井諒子作品集のKindle版

ツイートする