菊と刀 (まんがで読破)

  • 111人登録
  • 3.28評価
    • (3)
    • (8)
    • (13)
    • (4)
    • (1)
  • 8レビュー
  • イースト・プレス (2011年12月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (189ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784781606941

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
バラエティアート...
バラエティ・アー...
クラウゼヴィッツ
三浦 しをん
バラエティアート...
ジャレド・ダイア...
有効な右矢印 無効な右矢印

菊と刀 (まんがで読破)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • アメリカではじめての日本比較文化論だそうだが、概略をおうのではなく、アメリカ人のティムが日本社会で遭遇する違和感と向き合っていく過程で、日本を理解しようと手に取るのが「菊と刀」といった筋書きで、ドラマ仕立てになっている。
    アメリカ人が感じる違和感をある程度理解するにはいいかもしれない。

  • なぜ日本人は恥を恐れ、恩や義理を重んじ、周囲との調和を望むのか? 今なお日本人の心に根づく「文化の型」を示した研究書を漫画化。

  • 外国人から見たら不思議に見えるであろう日本人。その不思議さに敢然と立ち向かった記録がこれ。

  • 菊と刀のダイジェスト漫画ではなく、そのエッセンスを紹介した本。分りやすく面白い。

  • まんがで読破シリーズ1冊目

    まんがの方が抵抗感なく入っていける、ということで試しに買ってみた。1時間ほどでサッと読めるのが利点。他人にも薦めやすいし。

    アメリカ人のティムが日本社会で遭遇する違和感と向き合っていく。日本の研究するに際してティムが手に取るのが「菊と刀」…という筋書き。

    「恩」や「義理」のことを「借金か債務のよう」というティムの見方は新鮮だった。というより、そんなことを意識することもなく自分に「恩」や「義理」の考え方が染み付いてるんだな、ということか。

    次は原書に当たってみるつもり。

  • 最初の数ページを読んで、外人さんにわかりやすく説明していく本なんだろうと思って購入した。
    内容は確かに外人さんにわかりやすく日本人のことを説明していたが、私が求めていた内容とは少し…いや、結構かけ離れていた。

    面白くはあったので、次は原典にあたろうと思う。

  • ――――――――――――――――――――――――――――――○
    「どうして日本人はこうも神経質なんだろうか…… アメリカなら普通のジョークなのに 日本人はどうも真に受けすぎてる気がする」11
    ――――――――――――――――――――――――――――――○
    「常に周りの空気を乱さないように気を使ってるし 何かあるとすぐ謝るし 気を使いすぎて言いたいことがはっきりしないし…… それにオレに対して妙にびくびくしてる人も多い… あまりに繊細すぎる!なぜ!?」12
    ――――――――――――――――――――――――――――――○
    私は非常に奇怪な特徴に気がついた それは日本人の国民性の矛盾である 日本人は不遜であると同時に礼儀正しく 頑固であると同時にどんなことにも順応する力をもっている18
    ――――――――――――――――――――――――――――――○
    分析していくとひとつの行動原理のようなものが見えてくる それは「周りにどう思われているか」ということだった22
    ――――――――――――――――――――――――――――――○
    「好意を借りるとか返すとかって本当独特の考え方だよ まるで借金や債務のようじゃないか?」72
    ――――――――――――――――――――――――――――――○
    「ハヤシダ この前君は日本の義理の文化はこの先もずっと変わらない気がすると言ってたよな そのことを重荷に思うかい?」187
    ――――――――――――――――――――――――――――――○
    「たしかに日本人は恩や義理のルールを自分たちに課し ストレスをためこみやすいかもしれない でもそれは現代の日本人がその文化の本来の目的を忘れているからだ」188
    ――――――――――――――――――――――――――――――○

  • 外国人が日本の義理とか人情をここまで分析できた事が凄いなぁと思った。

全8件中 1 - 8件を表示

菊と刀 (まんがで読破)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

菊と刀 (まんがで読破)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

菊と刀 (まんがで読破)を本棚に「積読」で登録しているひと

菊と刀 (まんがで読破)の作品紹介

伝統的な武士道の精神のもと、己の魂を磨き、世間に恥じぬよう生活してきた日本人。アメリカの文化人類学者ルース・ベネディクトは、欧米人にとって理解しがたい日本精神について研究をはじめる。なぜ日本人は恥を恐れ、恩や義理を重んじ、周囲との調和を望むのか?今なお日本人の心に根づく「文化の型」を示した研究書を漫画化。

菊と刀 (まんがで読破)のKindle版

ツイートする