こんな私がマンガ家に! ?

  • 30人登録
  • 4.09評価
    • (4)
    • (4)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 青沼貴子
  • イースト・プレス (2013年8月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (138ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784781607313

こんな私がマンガ家に! ?の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 西原理恵子さんや東村アキ子さんの、漫画家になるまでの本を読むと、どうしても内容が軽く感じて・・・(´д`、)ウウウ

  • 育児マンガが大好きで絵柄も好きなマンガ家さんのデビューから連載までの道のり。
    編集部の裏側が見えたし、自由業の孤独さもあるけど、
    なんだか次々といい作品を生み出して、運に導かれる背景には、大変なことも楽しむ青沼さんのチャレンジ精神もあるんじゃないかと。

  •  授業で漫画やるんで読んでみた。


     来年度、どうしようかなぁなんて、考える。

     今も休日に強制的に学校に来ているこの現実。
     非常勤に限ってありえないでしょ。
     面倒くさいので来年度他に勤めようかとか思ってるのに

     「辞めるんだったら次の人捜してから辞めて。」だって。


     それがいかに常識はずれな発言をしているのかという自覚のない人間のもとで働く苦痛ったらないですわ。自分まで馬鹿になりそう。


     でもなー。私、彼氏と別れたくさいので、来年度また一人暮らし始めたところで、先の見えない引越し(再来年引っ越す可能性のある引越し)は体力の消耗が激しすぎるので避けたい。




     齢30。ほんと、別れてる場合?って感じよね。

     


     喧嘩別れして、ひと月メールの連絡もなく(申し訳ないが向こうに非があるためにキレた。)その間悩みに悩みまくってノートに延々自分の考えてること書き綴って、もう疲れてしまった。

     「終わりにしませんか。」とメールを出したのが2週間くらい前か。返事はない。




     別れたければ、了承すればいいだけの話だし、
     別れたくないのならば、それなりの意思を伝えなければただひたすら私の心が覚めていくだけ。


     考えられるのは、
     現実から逃げたいと思い、なかったことにして日常を過ごしているか、

     わたしなどメールの返信にも値しない人間だったことを主張したいかの

     どちらかではないかと。

     

     今は、後者ではないかと考え、
     メールの返事すらもらえない、しっかりとした終わりさえ迎えさせてくれない人間と

     かれこれ6年以上の月日をともにしてきたのかという徒労と、

     それでも好きだと思えるところがたくさんあったのだと自分に言い聞かせる作業で頭がいっぱいになり、

     暫く疼きつづけるであろう、この始末の悪い傷跡が癒えるのを

     ひたすら待ち続けるありさまであります。



     一人は、楽で自由で、でも孤独です。

     でも二人でいることは、孤独よりも辛い。


     とかく、「二人」でとるべき責任を、
     「あなたについていく」と言われ、片方に負わせることで生まれる重圧は

     心身を大きく疲弊させる。

     「私は自分勝手な人間だから。」と
     「私についてきてくれる人なんて、きっとこの人くらいしかいないであろう。」と

     感謝する気持ちにしなだれかかることをされると、

     私の足は、二人分の重みに耐えられなくなる。










     兄が結婚をした。
     
     屈託のない笑い方をする女の人だった。

     屈託の多い環境で育ってきた我々に、ないものを持っているのだと思った。

     そしてそれは、私が誰かにあげたくてもあげられないものなのだと、自分の心に、痛切に突き刺さってくる思いがした。

     わたしは、誰かを愛したり、誰かを幸せにしたり、

     そういうのがうまくできない人間なのだということを、

     受け入れなければ前に進めないと思った。

     
     誰かを、好きになって、誰かを幸せにしてあげたいと、

     それが私にもできるかもしれない人だと

     思わせてくれたのが、彼でした。


     でもやっぱりわたしには、

     うまくできなかったみたいだ。



     今後私は、誰かを好きになったり、まして誰かの子を産んだりなどをする可能性が、

     がくんと減ってしまったわけだけれど、


     それでも今は、

     いつか誰かを好きになることができるように、

     誰も好きになれない今の自分を受け止め、自分のできることに最善を尽くすことが

     今私にできる最大限のことなのだと思う。

     


     ・・・という心境を胸にこの本読んでました。

     

  • 青沼貴子さんのエッセイ漫画はけっこう好き。
    最近子育てエッセイ漫画以外にも幅広く精力的に書き始めているなぁという印象。本作は自身が漫画家になるまでを綴ったもの。
    正直、「ペルシャが好き!」が青沼さんとは知らなかった。
    「運だけで」とご本人は描かれているが、やっぱり運だけではないなぁ、と読むと実感する。
    デビュー作のコピーが載っていて、確かに画力は…なのだけど、やっぱアイディアが豊かだったり、絶対諦めない粘りがあったり。
    すごい、と純粋に思える。
    漫画連載とかアニメタイアップの裏側も知れるし、青沼さんという人も知れるし、興味深い本でした。

  • 『ママぽよ』で有名な青沼貴子さんのコミックエッセイ。
    漫画家さんの初投稿作品とか、やっぱりどんなベテランでも、緊張ガチガチで作品見てもらったり、編集さんのダメ出しに心が折れたりしながら作品を生み出しているんだなと…
    ファンの方ならもちろん、これから新しい事にチャレンジしようとしている方にも是非読んで貰いたいです。

全5件中 1 - 5件を表示

青沼貴子の作品一覧

青沼貴子の作品ランキング・新刊情報

こんな私がマンガ家に! ?はこんなマンガです

こんな私がマンガ家に! ?のKindle版

ツイートする