日本国憲法 (まんがで読破 MD102)

  • 42人登録
  • 3.20評価
    • (2)
    • (3)
    • (8)
    • (0)
    • (2)
  • 9レビュー
  • イースト・プレス (2012年2月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784781607443

日本国憲法 (まんがで読破 MD102)の感想・レビュー・書評

  • 現行の憲法典、日本国憲法。日本における人々の生活の基盤であり、国家規範とされている。
    その成立がGHQの占領時であったことや、
    第9条「戦争放棄」と自衛隊の存在など、さまざまな論争を呼ぶも、成立以来60年以上ものあいだ改正されていない。
    改憲の声が高まる昨今、国民に託された法のあり方を問うべく、日本国の近代史とともに検証を加えて漫画化。

    憲法とは?
    国家の統治作用に関する根本原則であり法律のさらに上位にある国家の最高法規

    日本が憲法を用いた理由
    民主化が第一ではなく、諸外国と対等な関係を結ぶため。日米和親条約。

    平安時代
    朝廷の律令制は中央集権下にあった。しかし中央軍を維持する費用に苦しみ、
     大陸側の圧力が弱まったこともあり、軍の縮小をはかり続けていた。
    優秀な地方徴税官が重宝されたが、徴税官が腐敗していく。中央集権の欠陥。

    鎌倉時代
    封建制のはじまり。武将たちによる地方自治権を認め、徴税権を委譲し、
    中央行政についても各家に役割をふりわけて委任。
    地方が発展していくと、自衛のために経済だけではなく武装も強化。戦乱の世へと移る。

    戦国時代
    私権獲得のチャンスはあるが、失うものも大きい。安定を求める声が高まった。

    江戸時代
    安定を迎える。幕府は地方自治権を認めた。参勤交代を導入。
    江戸に出仕している間に中央の公共事業は大名に担わせた。
    負担になるので、大名たちは江戸でも収入を得るため、国内の流通に力を入れた。

    鎖国はなかった?
    富嶽三十六景もドイツの顔料が使われているとされる。清や琉球、カトリック以外のオランダとの交易。

    なぜ鎖国をしたのか?
    キリスト教、とくにカトリック宗派との貿易は全面禁止。
    キリスト教の布教と称して、イスパニアがフィリピン諸島などを占領したという情報があったから。

    1840年アヘン戦争
    清はイギリスによるアヘン密貿易の取り締まりを強化。
    禁止令を出すがイギリスは力ずくで麻薬の密売を認めさせ、不平等条約を締結。
    日本も強硬姿勢を保てば武力行使されるのではと危惧があった。

    1854年日米和親条約
    交易というよりは中継点としての協力。

    1858年日米修好通商条約
    関税自主権なし、治外法権を容認させる。西欧から日本は半未開国だと見られていたため。

    1863年王政復古の大号令
    民衆の不満が高まり執政権を朝廷に返還。

    五箇条の御誓文
    1議会によって政治を行う
    2身分が上の者も下の者も一緒になって財政を行う
    3国民の精神が健全でなければならない
    4国際法に基づいて行動すること
    5世界から学び天皇統治の基礎を奮い起こすこと

    1889年 大日本帝国憲法発布
    国体保持を最上に考えて作られた。
    ・神権主義 天皇は神から権力を授かった。臣民からも承認された最高権力者。
    ・大権集中主義
    ・憲法外機関 元老、陸軍、海軍、内大臣、宮内大臣は憲法上の規定にとらわれない。
    ・統帥権独立 軍事に関する軍令を扱う
    ・皇室自律主義

    1911年 不平等条約改正

    1945年10月11日 五大改革
    1秘密警察の廃止
    2労働組合の結成、奨励
    3選挙権付与による婦人の解放
    4教育の自由化
    5経済の民主化

    平和憲法
    試案として松本案を出すが変化なし。
    マッカーサーは日本政府に見切りをつけてGHQに3つの原則を定めて代案作成を指示。
    1天皇象徴制
    2戦争放棄
    3封建制度の廃止
    民政局員には憲法学者はいなかったが、憲法資料を研究して改正案を作成。

    1947年5月3日 日本国憲法施行
    三大原則
    基本的人権の尊重
    国民主権
    平和主義

    憲法9条
    1946年6月 衆議院委員会
    共産党側では侵略戦争の放棄のみにすべき。
    対して吉田茂首相は、
    「直接自衛権を否定してないが、近年の戦争は自衛権の名において行われた。
    ゆえに我が国では交戦権の放棄をもって世界平和に貢献する」

    1950年 警察予備隊 編成
    朝鮮戦争の後方基地の役割。アメリカの理由。1951年保安庁新設で軍備強化。
    鳩山内閣は「憲法は自衛のための抗争は放棄していない」との見解を主張しはじめた。

  • 憲法といいつつも、結局歴史の話がほとんど。もっとも、そんな経緯があったからこそ、こんな憲法になるわけだが。

  • 大人向けかなー。うちの学生に読ませるのにはあんま向いてないかんじ。漫画にするんだからただ内容喋ってる人たちの絵かくんじゃなく、憲法の内容自体をもっとイラスト交えて説明してほしかった。しかもこのシリーズは「漫画で読破」なんだから、現在の議論の話題とかじゃなく、憲法の内容自体に絞って説明してほしかったなーと。
    というかこれは監修者とか著者はいないの?誰の解釈なんだろ?出版社なのかなあ。気軽に読むやつ、とはいえ、解釈がただでさえいろいろ言われるテーマなんだからそこは示して欲しかったかも。憲法をわかりやすく、なら『日本国憲法を口語訳してみたら』のほうが良い気がします。
    なんとなく内容もニュースもある程度は知ってるけど、っていう大学生とか社会人には良いのかも?

  • 憲法なんて、こういうのでも読まなきゃよくわからない。ということで読んだ。
    おすすめ。

  • 「まんがで読破 日本国憲法」メディアワークス
    教養漫画。特になし。

    「共産党宣言」につづき、手に取りました。
    中盤まで日本の近代史を噛み砕いて説明したあとに、第二次大戦後の日本国憲法制定の背景と、現行憲法の内容を説明します。
    "大学生の自主ゼミ"という形で対話的に進むので、分かりやすい。
    ちょこちょこ主義主張も交えながらの解説ですが、まあ。それも分かりやすい。

    このシリーズは賛否両論あろうかとは思いますが、自分はあくまでもとっかかりとしてはアリかと思っています。
    でも、あくまで元の本を読破しないと、「読んだ!」とは言えないとは思いますが。
    憲法は、大切ですよ。(3)

  • 日本人でありながら、日本国憲法を知らないのは
    どうかと思い、まずは読みやすい漫画からと思い手に取った。
    鎖国をしていなかった説が有力になっているということや
    日本国憲法が用いられたのは別の目的があったからなど
    改めて憲法を考え、私たちの日常を守るために
    大切なものだと考え直すことができた。

  • ――――――――――――――――――――――――――――――○
    「日本が憲法を用いたのには別の目的があったからなのです」
    「別の目的?」
    「それは諸外国と対等な関係を結ぶためです」31
    ――――――――――――――――――――――――――――――○
    「これは36景のなかの『神奈川沖浪裏』といって世界的に有名な作品です 実は現在 この絵に使われている青の顔料の原産地がドイツであったことがわかっています」45
    ――――――――――――――――――――――――――――――○
    「最近の歴史学では『日本の鎖国はなかった』という説が有力になっているのです なぜなら清や琉球との交易は続いてましたし カトリック宗派でないオランダとの交易は認められていたりと『鎖国』の定義にふさわしくない点がいくつも挙げられているからです」46
    ――――――――――――――――――――――――――――――○

  • 憲法は国家機関に適用されるものであり、国民が守らないからといって罰せられることはないなど、改めて勉強になることが多かった。
    まず、自分たちの国の法を知らなくてはならないことは、この本を通じて再度認識した。

  • 日本国憲法は成立以来60年も改正されていない、唯一の憲法のようだ。ということは、世界の憲法はたまに改正されるのか。なんてフレキシブルなんだ、外国。

全9件中 1 - 9件を表示

日本国憲法 (まんがで読破 MD102)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

日本国憲法 (まんがで読破 MD102)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

日本国憲法 (まんがで読破 MD102)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

日本国憲法 (まんがで読破 MD102)を本棚に「積読」で登録しているひと

日本国憲法 (まんがで読破 MD102)の作品紹介

現行の憲法典、日本国憲法。日本における人々の生活の基盤であり、国家規範とされている。その成立がGHQの占領時であったことや、第9条「戦争放棄」と自衛隊の存在など、さまざまな論争を呼ぶも、成立以来60年以上ものあいだ改正されていない。改憲の声が高まる昨今、国民に託された法のあり方を問うべく、日本国の近代史とともに検証を加えて漫画化。

日本国憲法 (まんがで読破 MD102)はこんなマンガです

日本国憲法 (まんがで読破 MD102)のKindle版

ツイートする