新装版 こんな僕でも社長になれた

  • 698人登録
  • 4.06評価
    • (81)
    • (75)
    • (47)
    • (8)
    • (2)
  • 85レビュー
著者 : 家入一真
  • イースト・プレス (2012年8月31日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784781608556

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジョン・キム
堀江 貴文
藤田 晋
有効な右矢印 無効な右矢印

新装版 こんな僕でも社長になれたの感想・レビュー・書評

  • このサービス、ブクログを作った家入一真さんの自伝です。
    おもしろかったです。
    私はブクログがとても気に入っています。
    家入さんがこのブクログという素敵なサービスを思いついて作ってくださったことに感謝します。
    ブクログを使っている方はぜひ読んでみることをお薦めいたします。

  • ブクログつくったのも家入さんだったということに驚き

  • 創業モノに胸が熱くなっちゃう私はやっぱりそっちサイドに行くべきなのでしょうか

  • タイトル通り。こんなに浮き沈みの激しい人生を送っていても、志がしっかりあれば会社も経営していけるんですね。カッコいい人生だと思いました。

  • 若いうちは現実から逃げてしまったけれど、それでも社長になったという方の自伝
    まさにタイトル通り
    色々と勇気づけられる事あり、ネット黎明期の参考にもなった。

  • ブクログの開発者とは驚き

  • 家入一真の自伝。生き方がまるでドラマ!ひきこもりの原因、起業に至るまでの経緯も興味深いが、バックグラウンドに家族がいることで頑張れるというところはとても共感がもてる。起業から事業の成功までのプロセスがトントン拍子で進んでおり、正直起業が簡単にできるのではないかと勘違いしそうになった。サクセスストーリーの読み物として面白かった。

  • ブクログを開発した人の本。
    引きこもりから新聞奨学生などを経て起業、IT社長として成功を収めた家入一真氏。
    その劇的な半生が、平易かつコミカル、そしてなにより飾らない素直な言葉で綴られている。

    転がっては弾かれて、弾かれた先でまた転がる。
    そんなふうに同じことを繰り返しながらも、塊は確実に大きくなっていた。
    と、人より寄り道の多かった自身の半生を、塊魂というゲームに喩えているのが面白く、同時に自信をもたせてくれる。

    全体を通しても、内容が説教くさくなく、軽めのノリで書かれているわりに、印象的な言葉が多かった。
    現代社会で燻っている人に最適な、勇気の出る本だった。

  • 初めて家入一真氏の本を読む。
    この方、東京の選挙に出馬していたときから、存在は知っていたが実は何をしている人なのな全く知らなかった。なんとロリポップ創業者だったとは。
    明るかった少年時代から一転して、引きこもり、貧乏生活、結婚、資本提携。
    読めば読むほど家入氏の人間味を感じることができた。生きることに希望を与えてくれる一冊でした。

  • 就活中に読めてよかった
    小学生の頃虐められていた自分でも立派なエンジニアに慣れるんではないかと希望を持つことが出来た

  • 読みやすかった。ゼロに似ている。なんか福岡の話とか椎名林檎とか結構親近感わいた。自分もこういう風に働けたらええなと思った。タイミングが完璧だ。

  • ブクログを作った人の自伝。
    一見分厚い本だけれど、家入さんの文章は非常にうまく、すぐに読破できてしまう。生きて行く上で「こんな考えもあるのか」と非常に参考になる本です。
    特に、「自分らしく生きたい」という自由志向の人たちにおすすめしたい本です。是非ぜひ!

  • 家入さんの本はじめて読んだ。

    いろんな人が勇気もらえる一冊だと思う。

    逃げることは決して悪いことじゃない。私もそう思う。

  • よくネットで話題に上がる人だけど、このような経歴をもつ人だとは思わなかった。

    人生を塊魂のように例えている部分が印象的だった。

  • 読んで気持ちが楽になった。ずっと誰かに「いやだったら逃げてもいいんだよ」って言ってもらいたかったのかもしれない。

  • 氏の自伝的な著書であり、それはまるで小説のようである。絵に描いたような暑苦しいサクセスストーリーではなく、自己の弱さが晒され、そして様々なことから逃げた結果、社長になるまでになったという。先が見えない時代といわれて久しいが、そのような時こそお勧めしたい一冊。

    最後に引用を。「懸命に魂を転がす、人間一人ひとりの営み。僕はそこに、たまらない愛おしさを感じる」

  • こんな僕でもの
    「こんな」は「普通な」という意味ではない。
    「変な」って意味。
    家入さんのように逃げ回るのはすごい。
    良い意味でも悪い意味でも。
    自分だったら「親のために」とか言ってやりたいことを忘れちゃいそう。

    自慢っぽさが無く清々しい。
    だけど、文章としてすごく面白いわけでもない。

    ITスキル、知識がもたらす力はすごい。
    でも半端なものでは意味がないんだろう。
    頑張ろう、自由のために。

  • 僕自身が経営者であり、引きこもりや高校中退の子たちを支援していることもあって、読んだ。

    いじめを機に中学を不登校になり、高校も中退。大検を受けて大学に行くためにバイトをしようと思ったものの、高校中退のため落ち続け、受かったバイトも陰口を言われてしまい続かず・・・
    ところが住み込みで始めた新聞配達のバイトで出会った魅力的な人たちのおかげで、段々とこの社会で生きていくためのコツがわかっていく姿は、非常に魅力的だった。こういう経験も、僕自身が経営する塾に通う若者たちにも積んでほしいなと思った。

    また、企業が大きくなって資本提携を持ち掛けられた時の悩みは、今後経営者として僕が成長していく中で直面するかもしれない課題であり、そういう意味でも参考になった。

  • 波瀾万丈な人生が読み物として面白かった。文章もライトで親しみやすくて好感が持てる。

  • 現Peparboyco.を起業し、このブクログも立ち上げ、今回の都知事選にも立候補した家入一真氏。
    なぜ選挙への出馬をしたのか、どういう人生を歩んできたのかということに興味があって読んでみたけど、この人なら何か変えてくれそうだなという期待感でいっぱいになったのが正直な感想です。

    いじめ、不登校、ひきこもり、新聞配達のアルバイト、就職、父親の事故、企業と簡単にキーワードとなることを書くとこのようになるけど、それぞれの時において葛藤があったことがリアルに伝わってくるなと感じました。
    ただどの時点においても誠実な人なんだってことはひしひしと伝わってきました。
    そして、数々の困難から知った痛みが起業後の人を動かす力に繋がっているということも感じました。

    最後の解説文にあるように社会に蔓延する「普通じゃない」ことによる排除する風習というのは自分も今まで痛感してきたことで本を読んで共感する部分もありました。
    そして、最後に本人が語っている巻き込み論に関しては凄く胸に響きました。
    困難があっても逃げてもいい、自分も大きな塊になるかわからないけどとりあえずやってみた先に何があるか
    読了後は本当に背中を押されるそんな思いでいっぱいです。
    ただ、政治に関してや今現在に至る部分は書かれていないので続編があれば是非とも読みたいと思いました。

  • 自伝的。家入さんのことが気になり読む。彼がどうやって今に至るのか知ることができた。

  • 都知事立候補と最近注目を集めている家入氏の著書。
    タイトルに「こんな僕でも〜」とあるが、読み進めるとなるべくしてなっている気がする。

全85件中 1 - 25件を表示

新装版 こんな僕でも社長になれたに関連する談話室の質問

新装版 こんな僕でも社長になれたに関連するまとめ

新装版 こんな僕でも社長になれたを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

新装版 こんな僕でも社長になれたを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

新装版 こんな僕でも社長になれたを本棚に「積読」で登録しているひと

新装版 こんな僕でも社長になれたの作品紹介

津田大介氏推薦、佐々木俊尚氏解説。
ロリポップ!・ブクログの制作者でもあり、IT業界を牽引し続ける連続起業家・家入一真が、
誰にも打ち明けられなかったという過去を語る。彼の事業に共通する、強いメッセージ性・優しさの源流がここに。

ツイートする