ひとりぼっちの幸せ チッチ、年をとるほど、片思いは深くなるね

  • 54人登録
  • 3.13評価
    • (1)
    • (3)
    • (10)
    • (1)
    • (1)
  • 12レビュー
  • イースト・プレス (2013年5月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784781609690

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ひとりぼっちの幸せ チッチ、年をとるほど、片思いは深くなるねの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 大好きなチッチとサリー!の、生みの親、みつはしちかこさんのエッセイ。病気や別れを乗り越えて、チッチを描いて50年……20代に向けては書かれてない(と思う)ので、なんだかおばあちゃんになった気分。不思議だー。わたしも長く生きたら、周りには一体何があって、誰がいてくれるんだろう。

  • チッチとサリー、なつかしいなぁ

  • 永遠の片想いが一番幸せなのかもしれませぬ

  • あの チッチとサリーのみつはしちかこさんのエッセイ。
    もう、おばあちゃん なんですね。
    なんか、優しくて素敵な本でした。

  • チッチとサリーに出会ったのは小学生の頃。私自身も今に至るまでいろいろなことがあったが、作者である みつはしちかこ さんにも様々なできごとがあり。でも、チッチとサリーは変わらずに、ずっと青春を生きていく(^^)

  • 『小さな恋のものがたり』が好きで、周りの友達はみんな少女マンガを読んでいたのに私はチッチとサリーに夢中。
    だから表紙をみて迷わず手に取った。
    老後は
    今ある日常の先の話。でも興味を持って穏やかな心で読めた。

    願わくばのちに振り返った時に自分を励ます今を過ごしたい。

  • 914.6

  • 「小さな恋のものがたり」が好きで、つい、表紙のチッチに反応してしまい、手にとってしまいました。
    チッチとサリーのイメージがあったので、「ひとりぼっちの幸せ」というタイトルを見て、「本当は漫画とかけ離れた現実なのだろうか?」とドキドキしながら読みはじめたのですが、そこはさすがに読者を裏切らない。漫画同様、ほのぼのとした内容でした。
    私もこんな年のとり方をしたいなぁと思いました。

  • 旦那さまが他界されたことやご自身も病気をされたことは情報の切れ端で知っておりました。このみつはしちかこさんは、自分にとってはあの御大水木しげる氏と同様、マンガ作品よりも、なぜか副業であるエッセイに心惹かれてしまう亜流のファンの自分というスタンスです。
    したがって、「小さな恋のものがたり」も全面通して読んだことはないのです。断片的にしか、それもほんの少しです‥(´・ω・`)

    さて、題名が「ひとりぼっちの幸せ」ということで、1秒も一人ではいられない殿方ご婦人も多いこの平和な平成の世で、いささか勇気のいるタイトルとも思われました。

    自分自身は「ひとりぼっちの幸せ」の「ぼっち」を抜かした部分、すなわち「ひとりの幸せ」というものをガキを産んで以来ずっと一人追求していました。幼児に足にまとわりつかれ、ただの一秒も一人になれない、本はおろか新聞すら読めない日常、人はそれを母の喜びと称するものと一人憤慨しておりました、あの座敷牢の日々。地獄の日々でした。自由になりたい、活字に触れたいというささやかな欲望すらかなえられない座敷牢の毎日‥

    その母親になれきれない未熟な母親もどきの女が読んだら、そりゃおいしそうなタイトルだ、こりゃ。

    内容は予測してような、予想外のような‥といった感じですが、みつはしちかこさんのコアの考え方に同意する自分、楽しく読めました。

    文中、亡くなった旦那さまとあまり仲がよくなかったというような描写が以外でした。出産後愛読していた同著者の「ちかこの育児日記」には「他人があきれるようなネツレツレンアイ(職場で)をし一種病気のような感じでドドッと、入院じゃなくて結婚してしまったのでした。」という記述が記憶に深かったので。

    まぁ、結婚生活は恋愛とは全く別なもの、お互いの素の部分を見せ合うものだからねぇ。

  •  『2013年 5月 29日 第一刷 発行』版、読了。



     「小さな恋のものがたり」という、マンガで有名な作者のエッセイ本です。


     これまでの人生を振り返りながら、近況的にいろいろと感じたことが綴られておりました。

     自分も、そうとう昔に「小さな恋のものがたり」の何集かは忘れましたが、読んだことを思い出しまして、手にとった次第です。


     文体は非常に読みやすかったです。お子さんたちが巣立ち、旦那様も他界されて、現在、一人暮らしではあるけれど、それなりに毎日をマイペースで過ごされている様子に「ああ、良かったなあ…」と、しみじみ。

     この作者さんのことが好きな方にはオススメの一冊です☆

全12件中 1 - 10件を表示

ひとりぼっちの幸せ チッチ、年をとるほど、片思いは深くなるねを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ひとりぼっちの幸せ チッチ、年をとるほど、片思いは深くなるねを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ひとりぼっちの幸せ チッチ、年をとるほど、片思いは深くなるねの作品紹介

チッチ、あなたを描いて50年。夫も、サリー(のモデル)もう、いない。そんな今の楽しみ方について書きました。

ひとりぼっちの幸せ チッチ、年をとるほど、片思いは深くなるねはこんな本です

ひとりぼっちの幸せ チッチ、年をとるほど、片思いは深くなるねのKindle版

ツイートする