幽谷町の気まぐれな雷獣2 (レガロシリーズ)

  • 33人登録
  • 3.75評価
    • (3)
    • (4)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 森崎緩
制作 : 冨士原良 
  • イースト・プレス (2013年3月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (335ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784781609768

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有川 浩
有効な右矢印 無効な右矢印

幽谷町の気まぐれな雷獣2 (レガロシリーズ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 前回さんざんにやにやによによさせてもらったこちらのお話。
    二巻もあるとのことでポチッとしました。

    いやー!いやいやいやー!
    今回もかわいいですよ。なんだこれ!大地のツンデレハンパねぇ!(笑)
    萩子ちゃんが天然娘(ですよね、これ、てんねんですよね。計算だったらすごすぎる)だから、もう大地の苦労が半端ないなぁ……と思わず大地目線で読んでました(笑)

    でもって、以下ネタバレ。

    今回のお話の中心は、栄永ちゃんのひいひいおばあちゃんに会いに来た蛟(という漢字がなかなか読めず苦労しました(笑))の辰巳さん。
    妖怪時の姿が蛇に似ているとのことで、なんとも想像しづらいのですが(生理的に)後半の人間化グッジョブ(笑)
    栄永ちゃんやないけど、やっぱり蛇よりイケメンがいい。
    辰巳さんも萩子ちゃんに負けず劣らずな天然さんなんで、これから栄永ちゃんは苦労しそうだなー。女の子は人類愛より恋愛がいいよねぇ。

    そして気になる上渡さんの立ち位置。ラストのあれはこれですか?いやいや、ラストの幼馴染が付き合っていないってことは違うのか?
    てか、萩子ちゃん、そこまでして「カップル的な意味じゃない」とかもうやめてあげてー!
    おてて繋ぎはカップルですから!もっと大地にきゅんきゅんしてあげて!
    イケメンが泣くよ……ほんとに。

    これ、続き欲しいですね。いつ萩子ちゃんは大地の想いに気づくのか。
    むしろ人間愛でふたりはいくのか?いや、家族愛になるならそれもありか?

    とりあえず、続きが作者さんのサイトに置いてあるらしいので読みに伺おう。

  • やっぱりほわほわ~とした可愛い話し
    主人公が鈍すぎると言うかありえないくらい鈍感だろう…
    普通なら男女逆で書かれるんだけどなー
    そういう意味では新鮮だけど
    でも主人公が客観的すぎてちょっと可愛くないかも…

    辰巳さんはいい!!
    このシリーズ、男性陣はツボ(笑)

  • 何でこの二人付き合ってないんだろう。最後なんてもう、あれ?付き合ってたっけ…付き合ってるよね?と思うようなやりとりで死ぬほどかわいかったです。今回は栄永ちゃんも可愛く思えて1巻以上に面白かったです。3巻もあったらいいなぁ…

  • 栄永さんの祖先の初音さんを求めて姿を表した辰巳さん。あまりにも違ってしまった過去と現在。人間と妖怪の関係に悩み続ける川の妖怪・蛟の求め続けた安住の地は…
    川妖怪の彼の悩みや戸惑いを通して、最近自分も妖怪であることを知った大地や萩子も影響を受けるという構図です。一巻ほど重い雰囲気はなく、ほのぼの

    『まだ』付き合っていない関係とはいいつつ、鉄板な二人。
    P133大地デレすぎ。可愛い。

    http://books117117.blog110.fc2.com/blog-entry-2756.html

  • テンポよく進む会話が楽しかったなー。
    栄永ちゃんと黒川先輩の紹介の時とか楽しすぎた。
    あと大地がそわそわしすぎてかわいい。萩子の方がしっかりしているなあと思ってしまった。
    あと上渡さんにはもうたまらんかった。あの人性格よいよ。すごくかわいかったです。
    辰巳さんの件には色々と大変だと思うけど、歩み寄りがなされてホッと一息。彼らがこれからも穏やかに過ごせるといいねと思った。

  • ご近所系あやかし青春物語第二弾。
    本人たちは幼なじみ全開だけど端から見ればラブい熟年夫婦にしか見えない主人公たちではありますが、今回はそれはさておき野生(笑)の妖怪がやってきてすったもんだするという話。女狐ちゃんがメインに近い場所にいますが、やっぱり今回も恋愛云々より辰巳の葛藤と成長(というか決心?)がメインかなと思いました。
    恋愛ネタに萌えさせつつも別の部分にメインを持って行くのが前作も今作も上手いなぁと思います。というか、レガロシリーズのこの絶妙のバランス感覚はホント好き。最近の少女小説レーベルにはない良い意味での古くささ。

    今回も淡々とした萩子ちゃんは驚くよりも考えることを優先するある意味ズレた感じですが、それでも今回は大地が常に傍らにいるので安定した感じでした。大地の方も、まあ天気の描写が少ないせいもあるかも知れませんが落ち着いていた印象。そのぶん前回のような読んでいてハラハラすることはなくなりましたが。
    全体的に、今回は萩子ちゃんと大地の成長物語という感じはなく、幽谷町という場所を少し深く掘り下げる感じでした。今回のメインである辰巳と栄永ちゃんもたまたまメインだったという感じ。前回は萩子ちゃんと大地の物語だったけど、今回は辰巳と栄永ちゃんというよりは『あやかしと人に化けることを選んだあやかし(の子孫)』の物語という感じ?オマケとして辰巳と栄永ちゃんという印象でした。なんとなく主役不在という印象がなきにしもあらず。

    3巻が読みたい。読みたいのにアンケートはがきが入っていない気がするのレガロって。どうやって編集部に対して意思表示したらいいのかしら。

    あと、やっぱり今回も威圧系天女先輩が最萌えだった。
    先輩メインの話が読みたいよう…できれば先輩と萩子ちゃんの話で。というか、私ふだんなら先輩と萩子ちゃんみたいな組み合わせに萌えるからさ…。

全6件中 1 - 6件を表示

幽谷町の気まぐれな雷獣2 (レガロシリーズ)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

幽谷町の気まぐれな雷獣2 (レガロシリーズ)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

幽谷町の気まぐれな雷獣2 (レガロシリーズ)を本棚に「積読」で登録しているひと

幽谷町の気まぐれな雷獣2 (レガロシリーズ)の作品紹介

「どっか行こうぜ。-二人で」幼なじみの大地が妖怪だったという、衝撃の事実を知った萩子。けれど、そのおかげ(?)で二人の仲は急接近。そして、夏休み直前のある日のこと、萩子は大地から二人きりのデートに誘われる。どことなくそわそわしつつ、デートの日を楽しみにする二人だったが、彼らの前に、突然、川の妖怪・蛟が現れて-。後輩・栄永の先祖に会いに来たと言う蛟は、いろんな騒動を巻き起こすのだが…。山間の田舎町、幽谷町で繰り広げられる、恋と青春と、たまに変身のハートフルご近所あやかし物語、第2弾。

幽谷町の気まぐれな雷獣2 (レガロシリーズ)はこんな本です

幽谷町の気まぐれな雷獣2 (レガロシリーズ)のKindle版

ツイートする