平安異聞 君ありてこそ (アズ・ノベルズ)

  • 15人登録
  • 4.25評価
    • (1)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 牧山とも
制作 : 周防佑未 
  • イースト・プレス (2013年7月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784781610320

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

平安異聞 君ありてこそ (アズ・ノベルズ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 平安の世の、時を遡ったり先の時代へも魂を飛ばし真実を見ることが出来るという不思議な「時渡り」の力を持つ隻眼の図書頭の日野匡深と、帝の末弟で中務卿 紫野宮陽仁の話です。

    平安時代ということもあり、名前や肩書き、喋る言葉などわかり辛いものもあり、もう少しるびがあれば(特に人名)とも思いましたが、人物相関図が冒頭にあり、大変助かりました。

    隻眼というだけでなく、時渡りなどという不思議な力を持つ匡深が、容姿端麗で秀才であるだなんてもうこれはほって置けませんよね。
    陽仁さまが以前から目を付けていたというのも頷けますね。
    力を使うのはを落としかねないということもあるのか、祖父・父・兄等親族がまた匡深を甘やか過保護過ぎていてそれはそれでにやけてしまいました。暖かみあっていいですよね。そういう力を持って生まれてしまった、日野の性を背負ってしまった匡深が愛おしいのでしょうね。


    せっかくの時渡りの力は日野家の親族からだけでなく、愛しの陽仁さまからも封印するよう言われてしまったので続編はもう無理かしら。
    時代ものというだけでなく設定も変わっていて面白く楽しめたので出来れば続編を読んでみたいですね。

    2013年の作品というと二年前ですか。今更、無理なお願いでしょうね(^^;;

  • 面白い!けど難しい!もう最初がなかなか入り込めないってのがあれでしたけれど、あんまり誰の母親だとか誰と誰が親戚だとかを深く考えずに!って思って読んで見るとお話の設定は【時渡り】だから面白かったですね。 ちょっと想像していた時渡りとは違いましたけれど、気に入りました。 本編ではその能力を使ったのは1回きりでしたけれど、ラストにとってありますから、それまでは、 初心な匡深を翻弄する陽仁にゆっくりと絡め取られていくのが楽しめました。

全2件中 1 - 2件を表示

平安異聞 君ありてこそ (アズ・ノベルズ)に関連する談話室の質問

平安異聞 君ありてこそ (アズ・ノベルズ)を本棚に登録しているひと

平安異聞 君ありてこそ (アズ・ノベルズ)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

平安異聞 君ありてこそ (アズ・ノベルズ)を本棚に「積読」で登録しているひと

平安異聞 君ありてこそ (アズ・ノベルズ)の作品紹介

斎王自害の謎、それに関わる何者かの企みを探るよう今上帝から命じられた図書頭・匡深。希代の秀才でやや厭世的なところのある匡深は、実は時空の狭間を往来し、平素は見えぬ右目で過去と未来を視ることができる『時渡り』の異能者だった。思いがけず帝の実弟・陽仁と共に隠密任務につくことになった匡深だが、自由闊達な陽仁から予期せぬ接近を図られ困惑するはめに。しっとり艶雅な平安幻想異聞の結末は…。

ツイートする