暴君ウサギの過剰なご奉仕 (アズ文庫)

  • 20人登録
  • 2.80評価
    • (0)
    • (1)
    • (2)
    • (2)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 野原滋
制作 : 椿 
  • イースト・プレス (2014年7月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784781611907

暴君ウサギの過剰なご奉仕 (アズ文庫)の感想・レビュー・書評

  • え?と作家名と表紙を見比べることしばし…導入はそんな危惧を払拭するナイスな滑り出しと設定でほっ。少女趣味長身攻め×男前美青年。まさかこの乙女攻めが受けなのか?それは嫌!と読み進むも読みが外れて(嬉)怒涛のエチ…が良かった。軽く読める。

全1件中 1 - 1件を表示

暴君ウサギの過剰なご奉仕 (アズ文庫)の作品紹介

16年振りに再会した薫と正宗。再会を祝した飲み会の帰り道、薫を庇い正宗は怪我を負ってしまう。責任を感じた薫は怪我が治るまで正宗の世話をすることに。遠慮する正宗を押し切り部屋を訪れると、なんと正宗は親に内緒で職を替え、デザイナーになっていた。その上、女装したい男性のための服も制作しているという。押しかけ同居生活が始まり、ちょっとHなお世話までする押しの強い薫にたじたじの正宗だったが…!?

暴君ウサギの過剰なご奉仕 (アズ文庫)はこんな本です

ツイートする