ブクログ大賞

ロッキング・オン天国

  • 51人登録
  • 3.80評価
    • (4)
    • (5)
    • (5)
    • (1)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 増井修
  • イースト・プレス (2016年5月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784781614366

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
ピエール ルメー...
又吉 直樹
有効な右矢印 無効な右矢印

ロッキング・オン天国の感想・レビュー・書評

  • 2016/12/22購入
    2017/3/12読了

  •  増井修さんの荒々しい語り口がロックを感じさせて気持ちがいい。音楽の聞き方や感じ方が独特で、みんなそれぞれきっと違うのだろうけど、それをきちんと言葉で伝えてくれているのがすごくよかった。ストーンローゼスのライブで歌が下手で、そこがよかったというようなエピソードがよかった。そう思うとオレの聞き方はなんだか底が浅くて恥ずかしくなる。歌詞はほとんど聞き流すだけで、頭に入って来ない。

     しかし、そこは実際にミュージシャンに会って話している部分が大きいだろう。人柄に触れるともっと身近に感じられる。大多数の人は本人に会うことはなくただ聞くだけだ。

     音楽雑誌はずっと『ミュージックマガジン』を読んでいて、『ロッキングオン』は何か感情的な感じがしていた。プロレス雑誌も『週間プロレス』は立ち読みで『ゴング』を買っていた。しかしある時、増井さんが江川達也さんにインタビューしている記事を読んで、江川さんがジャンプの連載でずっと実験を続けていてその結果一人称の漫画が受けがいいと話していた。それを参考に一人称で漫画を描いたらちばてつや賞を受賞してデビューできたので、増井さんと江川さんには今も感謝している。

  • 積ん読を経て今日読了。読み始めるとあっという間だった。私がrockin' onを毎月購入して読んでいた時期に編集長だった増井さんの本だから面白くないはずがない。当時の時代背景やミュージックシーンがまざまざと脳内によみがえり、そしてどうしてrockin' onがThe Stone Rosesをあんなに推していたのかがよくわかった(正直私はあまりローゼズに興味がなかっただけに)。もちろん当時は知るよしもなかったことも。いろんな意味で懐かしく、いろんな意味で新しく、そしてあの時の私が何を考えていたのか、何をしたかったのか、何が好きだったのか、本を読みながらずっと考えていた。考えていたが、結局一つの答えとなって現れた。

    「いや~、音楽って、本当に素晴らしいものですね!」

    この本はそういうとってもシンプルなことに気づかせてくれた。

  • ロッキンが、(今で言うオタク)同人誌から業界no1商業誌に成長?する頃の、中の人の(個人的な)話。

    語り口調のテキストが親しみやすく、如何にもロッキンっぽい。

  • 90年代、音楽はアツかったんだよ。

全6件中 1 - 6件を表示

ロッキング・オン天国を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ロッキング・オン天国を本棚に「積読」で登録しているひと

ロッキング・オン天国の作品紹介

UKロックを異常に盛り上げてるやつがいる!90年代、それは「洋楽ロックの宴」だった。「極東スポークスマン」を自任し、雑誌とCDを売りまくった必殺仕掛人が、あの「濃密な7年間」のすべてを語る。

ロッキング・オン天国のKindle版

ツイートする