さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ

  • 849人登録
  • 3.91評価
    • (69)
    • (81)
    • (64)
    • (3)
    • (6)
  • 89レビュー
著者 : 永田カビ
  • イースト・プレス (2016年6月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (144ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784781614427

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
アンジェラ・アッ...
羽海野 チカ
志村 貴子
有効な右矢印 無効な右矢印

さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポの感想・レビュー・書評

  • タイトルがすごいけど、親に認められなきゃ…と思う自分と、生きていくことに息苦しさを感じる自分の間でもがく作者さんのエッセイコミック。

    絵柄が可愛くて、非常に読みやすい!

    私にはそういう趣向はまっったくないのだけど、この漫画を読んで、驚かれてもいいからレビューしたくなりました。

    フツウの暮らしをしなければならない脅迫観念って、あるなー。
    働くこと、友達がいること、休みが充実していること、結婚、出産。
    自分の出来上がり具合を考慮してくれるわけではなく、ただ生きてきた年数だけで測られるフツウの暮らし。いやー。マジ怖いっす。

    放っておいてくれよ、と思いながら、誰かがいなくては自分も成り立たないわけで、無条件で甘えさせてくれる人っていないのかなと思う作者の気持ちが分かる人って多いと思う。
    何も言わず抱きしめて欲しい。ほんとに。

    でも、この人は自分の内面を外に出せる表現方法があったわけで、それは言葉と同じくらいすごくて、ちゃんと伝わっている。
    たくさんの人に読まれれば、心ない言葉にも触れるだろうけれど、全ての人が前向きに理解出来る作品なんてないと思う。

    そんなワケで、心を込めてレビューしました。
    オススメです!

  • わたしがいつか言葉にできたらいいなあと思う感情がだいたい上手く言い表されて驚いたし、こういう気持ちを抱えたまま生きているひとってちゃんといたんだな(社会には実は結構いるのかな)と思った。
    これにつきる。
    絵もかわいらしいし、読みやすいし、わかりやすいし…頭よさそう…この方とお友達になっていろいろ話したい。と読みながら思っていた。
    わたしがちょっと忙しいとかいいつつさぼってる間(?)に、ちゃんとこのもやもや(一緒なものではなく似たようなもの)がわかりやすく言語化(そして美化ではない)されていたのはちょっと悔しいなと思った。上から目線とかそういうわけではなく、あーそれはわたしもやってみたかったという類の感情。一種の羨望です。

    タイトルが直球だけど、直球だからこそ、この本が合わない人はその人が勝手に避けてくれそうなタイトルで良いなあと思った。表紙も。表紙もデザイン好きです。

  • タイトルは結構衝撃的ですが、描いてある内容はまじめだと思います。
    摂食障害とうつ症状について、これまで読んできたどの本よりも、自分が感じているものと一番近いことが書かれていました。
    拒食のころの心情。「自分がボロボロになっていき、傷つくことで何かが免除され、人が人を承認するハードルが下が」ると思っていた。その通り。実際は全くそんなことはないのに。
    拒食は過食に転じる。自分でどうにもできない過食衝動がきて、仕事中でも食べずにはいられない。カップ麺をそのまま食べる。こんにゃくを常備。
    わかる。わかりすぎます。
    うつ状態の時の描写も、まんまでした。
    何も考えられない。頭の中身がぽろぽろこぼれるようで文章が読めない。何も考えられなくなる。
    『うつヌケ』という本では、脳みそが寒天に覆われている感じ、というような表現がありましたが、そんな感じ。何も頭に入らない。
    そして話は性に関することのにも及ぶのですが。
    綺麗な線画と、丁寧な心理描写が相まって、とてもきちんとした内容だな、と思いました。誰かにぎゅっとしてほしい。愛情がほしい。読んでいて泣きそうになりました。
    毎日きちんと自立して生活している、心身ともに健全な人たちから見たら、ともすれば甘えているだけと思われてしまうかもしれませんが、でもそうではない、と私は思います。まあ、他人になることはできないので、本当に他人と比べてどうなのか、甘えてるだけなのか、というのは一生分からないですが、でもそう思います。「過食をしている人」は、ああ見えてめちゃくちゃ苦しい、というのは本当です。なぜこんなことしているのか。自分を痛めつけているのか。本当に自分でもわからない。同じ思いをしている人がいること、その気持ちをきちんと書いてくれている人がいて、本当によかった。
    この作者が偉いのは、どう考えても死ぬしかない、という状況になった時、「なにくそ!!」と思ってあがいたことです。そのおかげでこの本が出版されているのですから。私は「なにくそ」と思えていないので、全然直っていないし、しかも作者と比べてだいぶ年を取っているので、本当に駄目だなあと思いますが。でも少しだけ、勇気をもらえて頑張ろうと思えました。
    作者が本当に伝えたかった部分とは違うところのレビューになってしまったかと思うし、長くて気持ち悪いですが、とりあえず今は感想を書きたいので書きました。落ち着いたら書き換えよう。

    他の人のレビューが本当に素晴らしい。評価の高いレビューも低いレビューも、いろんな面からの意見があって考えさせられる。

  • ネタとしてのレポかと思いきや著者の動機はかなり切実。
    風俗体験記というよりはすごく動機の部分で読ませる作品だった。

    「まっとうに働いて」ない自分が許せない。
    自分を追い込むのはいつだって自分だ。
    自分を責めるのも自分だ。
    自分を大切にするにはお金がかかる。

    そこにすごく共感した。
    自分を許して大切にするのって存外に難しい。
    自分を甘やかすのとはまた違うのだ。
    許して大切にできたら良い。そう思った。

  • 支部で見たことがあったが、それに大幅な加筆を行っており内容がより詳しくなっている。
    エロ要素はほぼ皆無で、内容は作者が自己の承認と親との関係性などに向き合ったものである。
    最近毒親という言葉をよく耳にするが、作者は作中で自分の親に対し、そういった表現をしていない。まだ中に彼らに対する葛藤があるのだろうな、考えながら迷いながら書いたものなんだなと感じた。
    絵も可愛らしく、とても面白い作品だった。

  • コミカルな風俗レポ・・・かと思いきや、とっても真面目な?お話です。そして思いもよらず、とても勇気がもらえる本だと思います。

    生きづらさをずっと感じていて(全ての選択肢に”しぬ”が入っていたとか、なんでみんな生きていられるのか不思議とか)だけど、このままではダメだと思いその原因を探り、自分を変えていくという作業を、もがきながら続ける姿に勇気をもらい、応援したくなります。

    また、親に対して複雑な思いを抱きながらも、誰のせいにもせずただ自分を変えようとするところもとても好きです。

    私自身も20代後半~30過ぎまで、なんだか毎日辛い日々でしたが、他人と比べる必要なんてないし、自分の為に生きていいんだよって思えるようになり、楽になりました。「甘い蜜」を見つける事が出来たんだと思います。

    いわゆる「風俗レポ」ではありませんが、人間の弱さと強さを感じられる作品だと思います。

  • pixivで読んでいて、気に入っていたから購入。
    散々言われてますが、書き下ろしがメインです。
    生き辛さを感じてる人に読んでほしい。
    この人は本当自己分析がきっちとされてるから、凄く読んでて読みやすい。客観的に自分の事を見てるのでどんなダメな行動書いてても、読者はさるっと受け止められる。エッセイ描くのにほんと向いてる方だと思う。ダメなエッセイストのお前の思考が気に入らねぇ!がなかった。
    今後も応援していきたいです。

  • 読み終わったー。
    twitterで見かけて知った本。しぶのほうは見ていなかったので、こちらの紙の本が初見。

    さびしすぎて「レズ風俗」に行きました「レポ」
    ↑カギカッコのところが、まー目に飛び込んできやすいと思うのだが
    そこに至るまでの半生……四半生くらいかな、の心の中身が結構しっかり、さらっとだけど過不足なく描き込まれており、それが主。
    いわゆるレビュー的にあっちこっち行ってみたりするタイプではない。
    一回性というか、物語のように語られる「文脈だいじ」なお話でした。

    客観性が高く、自分のことを話すエッセイコミックだけどとても読みやすい。生きるのなんかうまくいかない勢の人々は自分でここまで行くかどうかは置いてもひとつの他人の経験として読むと共感したり楽しかったり興味深かったりすると思います。
    面白かった、ていうのが適切かどうか分からないけど、うん、面白かった。

  • レズ風俗という未知の世界。読み物として面白かったです。行くに至った経緯で作者さんのこれまでの人生が描かれていましたが、まったく別の方のレズ風俗レポも読んでみたいなと思ったり。

  • 誰もがうつと無縁とは言い切れないし、うつではなくとも理解を深めることはとても重要だと思いながら生きておりますが、これはそのうつの描写がすごく上手すぎて、寂しさの極北的なその感覚空間は共感できてしまつし、結果希望もあるというすさまじいマンガだった。全くエロくはなかった。

  • 言葉にできない「生きづらさ」の原因や解決方法をどうやって見つけるか。
    作者の場合、たまたまそれが「レズ風俗」を通して見つけられたということ。タイトルが衝撃的でセンセーショナルだが、「どうして生きづらいのか」という人生の大きな悩みを共有できる作品として、忘れられない作品だと思う。

  • タイトルと表紙がとても衝撃的でずっと気になっていました。
    たしかに風俗レポの部分もあるけれど、メインの内容としては摂食障害や鬱に悩む自分を見つめなおして自分と向き合うことに成功していくお話です。
    こういうケースもあるのか‥と。
    私からすると絵も上手くて才能があるように思えるのに、見えない部分で人は悩みを抱えているのだね。

    しかし風俗のお姉さんは優しいなぁ。
    ずっと思ってたけど風俗で働く人ってコミュ能力めちゃくちゃ高いよね。ひそかに尊敬している。

  • タイトルと装丁がインパクト大ですが、中身は卑猥なのでは全然ないです
    息苦しさを感じながら人生を生きてきた著者が、自分らしく生きるために選んだ手段とそれまでのお話です

  • pixivで読んで、単行本で一冊になるのを待っていたのに手に取って一度読み終えた晩に作中の思いが夢で再生されてうなされた記憶があって長く放置してました。 自己分析がとても優れておられて表現力がとても巧みな方だと思います。 苦しさから抜け出したからこそ当時の自分をネタとして書いておられるのかと思えば現在進行形で戦っておられて、満身創痍になりながらも素っ裸で先に進もうとされる表現のラストが印象的で、応援したいと思いました。 幸せになってほしい。

  • ネットで話題になっていたので手に取った一冊。
    いわゆる風俗レポ、と思ってエロティックな描写を期待すると肩透かしを食うかもしれません。(あるにはあるけれど、ボリューム的にはさほどないので(笑))

    このマンガのキモは「さびしすぎて」というタイトル部分。
    なぜこんなにも筆者が寂しかったのか、なぜレズ風俗を選ぶに至ったのか、という葛藤の部分です。ボリューム的にもそちらの部分の描写が多いです。
    個人的にはこの部分が丁寧に描かれていたので、興味深く読みました。

    たぶん、癒やしと許しと「ぎゅっと抱きしめられたい」他人の体温を感じたかったのかなぁと。
    女性である筆者が、対男性でそれを求めると(異性経験がほぼないに等しいので)いろいろとリスクが多い。母親とのエピソード(母親と特にすごく仲良いわけでもないのに、母親の肉体的な柔らかい部分に固執したい)、肉体の暖かさ、柔らかさに包まれたい、となると、相手を女性に限定したレズ風俗、というのは個人的には「あ、そういう考えもあるのか(ひざポン)、こういうのも有りだな」と読んでいて感じました。

    単なる風俗レポ、というよりは、自分の内面世界を試行錯誤しつつ切り開き広げていく冒険譚として読むと納得出来るかもしれません。
    もちろん失敗エピソードもあるのですが、なにより筆者自身が真摯に正直に描こう、という気持ちが見えるので、手段はどうであろうと読後は
    「よく頑張ったなぁ」
    と思えてしまいました。

    人生の「甘い蜜」を筆者がどうか見つけてくれますように、と思います。

  • 学校の後輩が「ネカフェに置いてあったけど読んで面白かった」と聞き、早速同ネカフェで手にとって読了しました。

    どんな感じの内容なのかと思っていましたが、描いてあることの大半が著者のつらい経歴の話だったので、何というかまず
    「しんどかったんやなぁ……」
    という感想が漏れました。

    それにしても、レズ風俗というのがあるんですねぇ。初めて知りました。元はpixivでということですが、こういう形で興味を持つ人も増えるというのは面白いことだと思います。「風俗の利用客=男性」というステレオタイプなイメージが、自分の中にも強固にあるもので、こういうジャンルの、文字通り「体を張った」告白というのは貴重な感がいたします。

    20代くらいの男性でも、似たような心理で風俗に頼ることはあるんじゃないでしょうかね。現実のつらさを受け止めきれない、ただぬくもりが欲しい、でも自分の性にコンプレックスがある、パートナーが……。決して根本的な解決でないのはもちろん、価格も決して安くはないですが、「これのためなら頑張れる」という生活の起爆剤は男女問わず、いや、どのような性のあり方であろうが、必要だと思いました。

    素人童貞だっていいじゃない。大抵の人は通る道だと、別に通って恥ずかしいものな訳ないじゃないと、個人的には思いますよ。

  • 2017/1/19読了

    TwitterとPixivであらましと本編は読んでいた。
    そこに至るまでの不調としての「冷え」と「寂しさ」
    風俗にて経験した行為が与えてくれた「肌と肌のぬくもり」の効果効能
    孤独を解消してくれるのは、外側と内面のぬくもりであること。
    女同士のセックスは、快楽よりも安心感をもたらすものであった。
    人肌を求めるに至るまでの、カビさんの独自が冬の寒空のよう。
    生きづらい人生の中のちょっとした勇気をもって自己をふりかえる。。。

    なかなか文章にしづらいけど、とても素敵な本です。

  • 「生きづらさ」を見つめ直していく、その過程が身につまされる。自分自身とすら、コミュニケーションをとることが時として難しくなることもある。ましてや他人となど言わずもがな。そんなことを思った。タイトルからやや手に取りづらいところもあるけれど、間違いなく名著。

  • 話題になっていた頃はタイトルでなんとなく敬遠していたのですが、知人に「買って損しないと思う」と薦められて購入。
    久しぶりに一作も読み逃したくない作家さんが増えました。

    かなりハードな内容なのでもちろん賛否別れると思いますが、ハマる人には本当にハマると思います。
    家庭不和があるとか精神を病んでいるとかは多分あまり関係なくて、生きていて日々言いようのない「寂しさ」を覚えている…みたいな人にはほんとにオススメです。

    感情的だったり抽象的なことを論理的に順序立てて説明してくれていて、「ずっと感じてはいたけれどよくわからなかったもの」が言語化されていく快感がものすごかったです。エッセイ漫画ならではの新しい魅力を感じました。

    「一人交換日記」も単行本化され次第絶対買います!作者さんのこれからの活動が楽しみです。

  • やっとこ読んだわ、立ち読みだけど←
    思ってたより読みづらい絵だった…が、嫌いじゃないし慣れると全然平気、寧ろ何か綺麗
    葛藤だとか悩み、虚無感等、様々な感情(マイナス方面の)描写されていて、同感出来ることもあれば、何でか【それでもこのひとは恵まれているよな】とネガ満載の感想だった
    わたしはバイとかレズじゃないけれど、友だちに何人かいるから偏見も無いし、異性同性でそんな違いは無いと思うけれど、異性愛者として、男性にこのように甘えたり欲を抱いて素直になることが出来れば、また変わって来るんだろうか、と置き換えたりもした
    それとこれとは違うのかな…大体、♀♀の風俗はあれど、(それはやはり♀風俗として)♀の♂の風俗なんて無いしな……あってホスト、ホストなんてまた違うし


    続編出して欲しいなあ、その後等知りたい
    この一冊が評判いいみたいなので既に描いてるんだろうか

  • 漫画としては画力や構成など足りない部分もあるが、エッセイとしては体験も心情も群を抜いて描き切っている。風俗についてだが、不器用にしか生きられない人であれば、共感できるものがあると思う。

  • 電子書籍で読みました。
    アラサーで就職歴なし、メンタルの持病を持つ永田さんが、レズビアン風俗で抱きしめてもらうまでの話です。

    大学を中退後、自傷行為と摂食障害を抱えながら、バイトを転々とする姿を応援したくなります。
    休憩時間に腹持ちがいいからとこんにゃくを丸ごとかじったり、カップ麺を乾麺のまま食べて血に染まったり、自尊心の低さから躓いてばかりな描写が、同じ病気を持つ自分から見ても非常にリアルでした。

    ある時、自分が母親以外の女性に抱きしめられたいことに気づき
    レズビアン風俗に行くことを決意します。
    そこで初めて化粧をして毎日お風呂に入ったり、綺麗な洋服を着ることは
    自分を大切にすることだと気付きます。
    「親の期待に応えるために生きてきて、自分の気持ちがわからない」とありますが
    親御さんはこれといって毒親というわけではなさそう?です。

    確かにセクシーなタイトルですが
    中身は"女の人に抱きしめられたい渇望"を埋められるようになるまでの、永田さんが自分自身と向き合う本なので
    最後まですんなりと読めました。
    なかなか人には勧めづらいですが、持病を持つ人には必ずヒントが詰まっている作品に思えます。

    結局最後までお店のお姉さんに「抱きしめて欲しい」と言えない姿が苦しくて切ないです。
    まだそこまでの自尊心がつかないのでしょうね…。
    続編があればぜひ読んでみたい作品でした。

  • レズ風俗に行くよりも寧ろその過程にドラマ性がある気もする。最初の方でバイトを辞める下りは辛い。

  • キャッチーなタイトルに反してなかなか読みやすいレポ漫画。
    鬱屈した人生を送っている僕たち私たちよ、色々な感情を抱きながら読んでみよう。

  • 拒食症、過食症などのメンヘラで腐女子でアラサー女子の作者自身をモデルに、未だ見つからない居場所を求めて行ったレズ風俗(デリヘル?)へ行くまでから行った後までを描いた、自分探しもの。

    かなりメンヘラが効いていて読む人を選びそうだけど、大人になりきれない気持ちとか、本当の自分とはとか共感する所もある。
    絵もかわいいし。

    自分分析、自分語り多めなので、自分と当てはまることが多い人ほど(メンヘラだったりとか、腐女子だったりとか)合う作品かもしれない。

全89件中 1 - 25件を表示

さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポを本棚に「積読」で登録しているひと

さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポはこんなマンガです

ツイートする