この地獄を生きるのだ うつ病、生活保護。死ねなかった私が「再生」するまで。

  • 37人登録
  • 3.33評価
    • (0)
    • (1)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 小林エリコ
  • イースト・プレス (2017年12月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784781616087

この地獄を生きるのだ うつ病、生活保護。死ねなかった私が「再生」するまで。の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「普通に働いて、普通に生きたい」という命の叫び。朝起きて、ご飯を作って食べて仕事に行く。仕事が終わったら買い物をして帰り、ご飯を作って食べて寝る。そんな毎日を血を吐く思いで求め続ける人生の、その苦しさたるや。人間の尊厳は、当たり前の毎日の積み重ねが支えている、そう教えてくれる一冊。


    当たり前の毎日がどれほど人間としての誇りとなっているか、どれほど尊いことか。

    自分の人生にイエスと言える事がどれほどの希望をもたらしてくれるのか。このエッセイを書いたエリコさんの人生に強い衝撃を受けた。そして強く強く心を揺さぶられた。

    生活保護、それを身近に受けている人がいなければその制度も中身も知る事はない。どんな人が受けているのか、それを受けるのはなぜか。そして最近は不正受給などの悪い話しか聞かない。生活保護を受けること=働かずに暮らしていける。なんとなく得なような。けれど、それを受けることで生き延びている人がいて、それを受けることで傷つく人もいる。そういう現実を私たちはあまりにも知らなさすぎる。

    精神障害医療の圧倒的な闇の深さ。全てがそうだとは言わない。けれどここに書かれているのは決して特別なことではないだろう。たくさんの人がこの闇の中でもがいているはず。あまりにも辛いこの現実。私たちはただ、この闇から抜け出せる人が一人でも増えるように、生活保護がその一助となるように、祈るしかないのだろうか。

  • うつ病と闘う作者のセルフドキュメント。
    うつに対していかに社会が冷たいのか、うつに対する社会の精度がいかにズレているのかを身をもって体験した者だからこそ書ける迫力の作品。

  • うつ病にかかり仕事を失って生活保護に頼ることになった著者。
    最低限の衣食住は保障されてはいるけれども、「生きているだけ」の生活。社会のお荷物になっているという感覚が彼女の心を更に蝕む。
    働くより楽だからと生活保護を安穏として受け入れている人たちもいるけれど、そこには生き甲斐がない。生き甲斐を求めてあがく彼女は、人として正しく、でも発作的に死のうとするほど病んでいる。異常なまでに淡々とした語り口に、その闇が垣間見える。しかし彼女はあきらめない。
    病気という足枷に縛られながらも、小さな手がかりをもとに這い上がっていく姿に、思わず応援したくなる一冊。

全3件中 1 - 3件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

この地獄を生きるのだ うつ病、生活保護。死ねなかった私が「再生」するまで。を本棚に登録しているひと

この地獄を生きるのだ うつ病、生活保護。死ねなかった私が「再生」するまで。を本棚に「読みたい」で登録しているひと

この地獄を生きるのだ うつ病、生活保護。死ねなかった私が「再生」するまで。を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

この地獄を生きるのだ うつ病、生活保護。死ねなかった私が「再生」するまで。を本棚に「積読」で登録しているひと

この地獄を生きるのだ うつ病、生活保護。死ねなかった私が「再生」するまで。のKindle版

ツイートする