人はなぜ突然怒りだすのか? (イースト新書)

  • 69人登録
  • 3.44評価
    • (1)
    • (10)
    • (5)
    • (0)
    • (2)
  • 5レビュー
著者 : 北川貴英
  • イースト・プレス (2013年12月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784781650197

人はなぜ突然怒りだすのか? (イースト新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  人間関係におけるトラブルで「怒り」が関わっていないケースはほとんどないだろう。怒りを沈めることができれば、多くの問題が大幅に減少するに違いない。相手が怒りを収めるか、自分が怒りを収めるか。前者よりも後者のほうが方法論としては成功の可能性は高い。そのノウハウは心理学、宗教、哲学あらゆる分野で考察が行われてきたが、そう簡単に実現できるわけではないのが現状である。本書は思考を操作するまえに、身体をコントロールすることによって、怒りを沈めるという方法を解説している。これはそれほど新しい発想ではなく、多くの武術や格闘技にはそのメソッドが含まれているし、ヨガや座禅も思考以前に身体に働きかけるものである。あらゆる方法を模索し実践していけば、思考に働きかけるよりも身体を操作する方法のほうが即効性があることがわかるはずである。考え方は時間をかけて醸成させなければ身につかない。今沸々と煮えたぎっているこの怒りをなんとか抑えたいというとき、本書で提示しているブリージングの効果は抜群だ。北川さんのシステマ関連本は何冊か読んでいるのでブリージングという方法自体は知っていたが、「怒り」というテーマに沿って改めて見なおしてみると深い思想とその効果の高さに驚愕する。ロシア生まれのシステマという格闘技には東洋の武術とはまた違った思想があり、呼吸の方法も一般的に知られているものとは違った特徴がある。しかし、どちらも呼吸というものを重要なポジションに位置づけているのは興味深い。他著であまり理解できなかったバーストブリージングについての解説も欲しかったが「よりシンプルに」という本書のコンセプトからすればやむをえないか。怒りっぽい自分をなんとかしようとあらゆる分野から試行錯誤してきたが、本書のメソッドは最も効果的だった。

  • 北川さんの本は3冊読んだけど、これが一番呼吸について分かり易かった。

  • ■「人はなぜ突然怒りだすのか?」というタイトルだが,
     その「なぜ」に答えるのではなく,
     怒りの対処法に重きを置いた内容。
    ■一にブリージング。
     二にブリージング。
     とにかくブリージングが大切。

  • 身体と怒りって、やっぱりすごく関係があったんだなぁと思う。おもしろい。早速実践してみよう。

  • ロシアの軍隊武術のシステマの考えに則った本。なぜ怒り出すのかというのは、ストレス、筋肉の緊張などからだからも影響が云々。で怒りを自分が持たない、周りの人が被害に合わない、人からの被害を食い止めるためには、緊張をしないように、呼吸をして筋肉を緩め、触れる。
    呼吸や体の細部に精神を集中することで落ち着くといったところは、禅やセルフコントロールの本でもよく見かける。システマ自体は武術だから、打たれる時に耐えることで体を緩めることができるのでより、怒りに対しての耐性や、怒りを抱かない力がつくとか、、、なんとなくわかるが。
    一つの考え方としてわかりやすいので面白い。

全5件中 1 - 5件を表示

北川貴英の作品一覧

北川貴英の作品ランキング・新刊情報

人はなぜ突然怒りだすのか? (イースト新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

人はなぜ突然怒りだすのか? (イースト新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

人はなぜ突然怒りだすのか? (イースト新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

人はなぜ突然怒りだすのか? (イースト新書)の作品紹介

旧ソ連時代は国家機密とされたロシア軍の訓練法システマは、戦場のようなストレスフルな状況の中で、いかに怒りや怖れといった感情に惑わされず冷静さを保てるかを目的に、開発された。「怒れる自分から自分を守る」「怒れる他者から自分を守る」「怒れる自分から他者を守る」「他者の怒りから身近な人を守る」…。あらゆる"怒り"に対処する、実戦の中で磨き上げられた智慧がここにある。

人はなぜ突然怒りだすのか? (イースト新書)はこんな本です

人はなぜ突然怒りだすのか? (イースト新書)のKindle版

ツイートする