ドキュメント 発達障害と少年犯罪 (イースト新書) (イースト新書 29)

  • 43人登録
  • 3.46評価
    • (3)
    • (2)
    • (6)
    • (2)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 草薙厚子
  • イースト・プレス (2014年4月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (312ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784781650296

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
池井戸 潤
西 加奈子
卯月 妙子
ジャレド・ダイア...
又吉 直樹
村田 沙耶香
三浦 しをん
佐々木 圭一
西 加奈子
デール カーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印

ドキュメント 発達障害と少年犯罪 (イースト新書) (イースト新書 29)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 静岡タリウム少女が泣けました。母親は日々弱っていく自分に対して何を思っていたのか、父親がどういう思いで娘と向き合う決意をしたのか。

  • 発達障害(広汎性発達障害・アスペルがー・LD・ADHD等)についての早期発見・早期療養等、それから周囲の
    認識と助けが必要なのは、非常に同意します。
    そのために、犯罪の加害者が発達障害と関連する事例を
    ルポするのも一つの方法だとは思います。
    著者がある程度しつこく書いている、発達障害と
    犯罪の加害は直線的な関係は無いということも
    そのとおりだと思いますが。。。
    少し、ルポを実施するための、興味的な感心を
    無理やり起こしているような内容のような気がして
    気分が悪くなる本でした。
    発達障害の人がすべて(すべてではないと書いて
    ありますが)人に対して切れたりするのではなく
    そういう人に切れられるのも発達障害の人も
    多くそれは、多くの忍耐と、”石になるんだ”みたいな
    我慢をしている人(子)もいるんだ。
    なんとなく、そういう悩みや苦しみを持っている
    人に寄り添っていない内容のような感じがします。

  • 古いデータが頻繁に出てくるので、何故かなと思ったら、「おわりに」が終わった最後の最後に
    「本書は、二〇一〇年一一月に弊社より刊行された『大人たちはなぜ、子どもの殺意に気づかなかったか?』を再編集したものです」
    とありました…。

  • 「発達障害は直接の原因ではない」とくりかえし書いてることが確認できてほっとした。
    そこはとにかくよかったのだけど、
    他の発達系のルポと比べれば、訴え感も魅力もなく、読む側に、私に響かなかった。

    発達障害は、情状酌量の要素ではない。
    刑罰に反映させるものではない。
    発達障害診断関係なく、疑わしきはコミュニケーション工夫しろよ、ということ、

    このあたり、この著者が本当に理解してるかどうかは、判断できなくて、
    事件概要は別として、
    内容の説得力がいまいちというか、
    うーん…なんか入り込めなかった。

全4件中 1 - 4件を表示

ドキュメント 発達障害と少年犯罪 (イースト新書) (イースト新書 29)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ドキュメント 発達障害と少年犯罪 (イースト新書) (イースト新書 29)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ドキュメント 発達障害と少年犯罪 (イースト新書) (イースト新書 29)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ドキュメント 発達障害と少年犯罪 (イースト新書) (イースト新書 29)を本棚に「積読」で登録しているひと

ドキュメント 発達障害と少年犯罪 (イースト新書) (イースト新書 29)の作品紹介

なぜ、発達障害は顕在化しないのか。少年事件は「二次障害」によって起こる。発達障害者と健常者の「脳」の違い。なぜ、彼らは「空気が読めない」のか。「キレやすい子ども」が増えた理由。「発達障害者支援法」は機能しているのか。元東京少年鑑別所法務教官が徹底追跡でつかんだ「具体的方策」。

ドキュメント 発達障害と少年犯罪 (イースト新書) (イースト新書 29)はこんな本です

ツイートする