脱法ドラッグの罠 (イースト新書)

  • 16人登録
  • 3.33評価
    • (1)
    • (1)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 森鷹久
  • イースト・プレス (2014年10月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784781650401

脱法ドラッグの罠 (イースト新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 怖いなー。
    普通の人が金儲けでやってるから
    ますます殺伐とした感じ。

  • 【No.228】知らない世界の勉強になった。

全2件中 1 - 2件を表示

脱法ドラッグの罠 (イースト新書)の作品紹介

二〇一四年七月、厚生労働省と警察庁により「危険ドラッグ」と名称を改められた脱法ドラッグ。街で容易に入手でき、事件・事故が相次いでいるが、法規制をくぐりぬけ、十数回モデルチェンジを繰り返し進化した脱法ハーブは、覚せい剤よりも危険だとされている。このドラッグが若者中心に中高年まで関心を惹きつけている主な理由の一つは、セックスでの快楽。問題を理解する鍵は、「脱法」という言葉にある。本書では、関連業者に取材を重ね、製造工場にまで潜入。初めて脱法ドラッグ問題の全貌を明らかにした、緊急書き下ろし出版。

脱法ドラッグの罠 (イースト新書)はこんな本です

ツイートする