セックスと障害者 (イースト新書)

  • 45人登録
  • 3.63評価
    • (3)
    • (1)
    • (2)
    • (2)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : 坂爪真吾
  • イースト・プレス (2016年4月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784781650661

セックスと障害者 (イースト新書)の感想・レビュー・書評

  • 「(障害者の)性」という生々しい部分に焦点を当てているだけ、家族や兄弟が抱く特有の葛藤や悩みが、学校場面等で抱くそれよりもさらに深く、本質的だなと感じた。

  • 障害者のセックスや恋愛の視点を身体障害者だけでなく知的障害、精神障害、LGBTや親兄弟のなど様々な視点で書かれている。
    インパクトのある題名だが障害者も生だけでなく性を考え、自由恋愛できる社会を目指し、障害者も周りから「愛される」存在でなく、他人を「愛する」存在になることを選択できる社会にする。
    自立生活よりも恋愛の方が楽しいものね。
    アモーレ!

  • すいすい読めるし、いろいろなことに言及はしているが、当事者ゆえの臨場感がないし、ひとつひとつの結論づけがありきたりで薄っぺらく、読後に何も残らない。背徳感とかそういったものはおもしろさという意味ではプラスになるが、当たり前のものとして書かれすぎていて、おもしろさがまるでなかった。総花的。出すことが目的ならそれでいいのだけど。

  • 障害者の性について、最近、乙武さんの問題でも盛り上がっているけど、ひとりひとり違うから、なかなか難しいのかなと感じる。女性の障害者の性についての記載が少なかったように感じたが、女性にも性欲があるのに、なぜだろう?障害者であること以前に、女性の性欲についてはタブー視されがちだと思う。障害者女性の性についての続編が出たら是非読んでみたい!女性にとっての性欲は、セックスとかオナニーとかが全てではないと思う。手をつないだり、ハグしたり、キスしたり。そういう欲求から始まっていくのではないか?障害者女性のそういった欲求に応えられるような社会的な仕組みをつくるのは可能なのだろうか?考え始めるとなかなか難しいけど、考えさせられるきっかけになる一冊でした。

  • 母親が射精介助、男女は40cmの距離で……周囲が自立させない障害者の性タブー

     今年3月、「週刊新潮」(新潮社)がスクープした乙武洋匡氏の不倫騒動は、世間の耳目を引き付けるニュースとなった。昨今の「不倫ブーム」に乗って注目された側面もあるが、少なくない人々が「障害者」と「セックス」との「意外な」結びつきに驚いたことだろう。

     一般社団法人ホワイトハンズ代表・坂爪真吾氏の著書『セックスと障害者』(イースト新書)は、そんな「障害者の性」に対する誤解や偏見を解きほぐしていく一冊だ。「障害者のある人も障害の無い人と同じように、毎日の生活の中で恋愛やセックス、結婚や出産、育児の問題にぶつかり、時には笑いながら、時には悩みながら、それぞれの現実に向き合っています」と、坂爪氏が語る障害者の性の現実とは、一体どのようなものなのだろうか? 

     平成25年度版の障害者白書によれば、全国の障害者の数はおよそ741万人。うち、身体障害者のある人の数は357万人を数えている。しかし、障害者に対して「純粋」「かわいそう」「性的弱者」というイメージを持つ人は多く、乙武氏の不倫は必要以上にセンセーショナルなものとして受け取られた。だが、言うまでもなく障害者も人間であり、乙武氏に限らず、ほとんどすべての障害者が性的な欲求を持っている。

     本書で紹介されている筋ジストロフィー症を患う孝典さん(仮名)は、小学校2年生から自慰行為を開始し、初めて射精に至ったのは小学校5年生の頃。小学校6年生から車椅子生活となった彼は、床に性器を擦り付ける、いわゆる「床オナ」に勤しんでいた。だが、筋ジストロフィー症が進行するに従って、徐々に自力で自慰をすることが困難になる。彼は、母親にズボンと下着を脱がしてもらいながら自慰の介助を手伝ってもらったこともあるが、思春期の性欲が高まる時期の大半を、ひたすら我慢と夢精によって耐え忍ばなければならなかったという。

     障害者に対しては、障害がない人よりも、はるかに高い「性の壁」が屹立している。

     その背景のひとつとして坂爪氏が注目するのが、障害者にとって最も頼りとなる「母親」という存在だ。子どもをケアするために、身体的、精神的にもさまざまな支援を行う母親と子どもとの間には心理的に密着した関係が生じやすい。障害のある子どもの母親の中には、「自分だけの大切な宝物」として溺愛し、坂爪氏によれば「自分以外の誰かに欲望を抱く性的な存在であること、自分以外の誰かから欲望を抱かれる性的な存在になることを認められない人」もいるという。そんな、母親による過度な愛着は、障害を持った子どもを性的な情報から遠ざけ、彼らの性欲に蓋をしてしまう。さらに、母親の愛情がプライベートな時間や空間を奪ってしまうことによって、障害を持った子ども自身の性的な自立や社会的な自立が妨げられてしまうのだ。

     また、社会の中にホワイトハンズのような障害者の性に向き合う第三者の組織がないことも、母親が自立を阻む壁になってしまう原因のひとつ。孝典さんのケースでは、母親による自慰の介助は数回にとどまったが、母親が子どもの自慰行為を継続的に手伝うことは珍しくない。母親が性の介助をせざるを得ない状況は、障害者自身の自立を阻むだけでなく、重い精神的な負担として、双方を苦しめることとなってしまうのだ。

     また、障害者に対する性教育がタブー視されていることも、社会における「障害者の性」を象徴しているだろう。現在でも「男女が話をするときには40cmは距離を開けなさい」と指導する特別支援学校があるように、学校や福祉の現場では「障害者と性」は黙殺され、放置されてきた。特別支援学校の中で、定期的に性教育を行っている学校は全体のわずか3割。性教育はおろか、男女として触れ合う機会もないま... 続きを読む

  • 「障害者の性」という概念を持ち出した途端に「非障害者の性」が立ち現れる。そこに違いはあるのだろうか。障害とは個人の能力を制限するモノである。しかし、それだけだ。障害者はその点以外では非障害者と変わらない。それどころか二つのグループの間に明確な境などなく、個人が障害者であるのは言葉の定義によるものでしかない。障害自体がそれを制限する場合を除いて、二つの性を分けるものだって存在しない。本書の豊富なエピソードを読んでいると、「障害者の性」は不当に当事者から奪われているからこそ存在する概念だという気がしてくる。性の本質を考える起点となる一冊。

全8件中 1 - 8件を表示

セックスと障害者 (イースト新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

セックスと障害者 (イースト新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

セックスと障害者 (イースト新書)はこんな本です

セックスと障害者 (イースト新書)のKindle版

ツイートする