水木しげると妖怪の哲学 (イースト新書)

  • 16人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 甲田烈
  • イースト・プレス (2016年12月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784781650777

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
リンダ グラット...
米澤 穂信
カレー沢 薫
山田ルイ53世
ステファン・アイ...
佐々木 圭一
都築 響一
有効な右矢印 無効な右矢印

水木しげると妖怪の哲学 (イースト新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • *図書館の所蔵状況はこちらから確認できます。
    http://opac2017.lib.kitami-it.ac.jp/webopac/BB50110887

  • すでに触れたように、他人と比べる欲望に突き動かされている限り、この世はむしろ地獄なのだ。そうした地獄に対し、生きるために食う必要のないあの世の「地獄」とは、なんと天国のような場所だろう。
    (P.167)

  • 水木しげるの妖怪観と幸福論を身体知を切り口として哲学する。
    鬼太郎、目玉おやじ、ねずみ男、サラリーマン山田といった作中のキャラクター、南方熊楠、井上円了などについての水木の受け止め方も引きながら、存在しないけれど存在する、自然の精霊と一体となった視座による妖怪に囲まれたこの世に生かされて生きる幸福を感じた。
    取り上げられているのは水木の仕事の一部だが、それらを読み込んでこその解釈に、作者の水木しげるへの熱い思い入れが感じられた。
    第一章、妖怪が「いる」ということの説明の中で、京極夏彦の「モノ化するコト」という説明を批判的に取り上げているが、哲学用語としての実存からの説明では同じ土俵に乗っていないような感じがした。
    水木しげるの、井上円了の、あるいは柳田國男の妖怪論ではなく、著者の説明を素直に聞いてみたい。
    17-11

  • 水木しげると、彼が描いた妖怪について書いた一冊。

    妖怪の知識がないと理解するのは中々難しいと感じた。

全3件中 1 - 3件を表示

水木しげると妖怪の哲学 (イースト新書)はこんな本です

水木しげると妖怪の哲学 (イースト新書)のKindle版

ツイートする