プロ野球にとって正義とは何か 落合博満と「プロの流儀」VS.「組織の論理」 (文庫ぎんが堂)

  • 11人登録
  • 2.83評価
    • (1)
    • (0)
    • (3)
    • (1)
    • (1)
  • 1レビュー
著者 : 手束仁
  • イースト・プレス (2014年2月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784781671048
全1件中 1 - 1件を表示

プロ野球にとって正義とは何か 落合博満と「プロの流儀」VS.「組織の論理」 (文庫ぎんが堂)を本棚に登録しているひと

プロ野球にとって正義とは何か 落合博満と「プロの流儀」VS.「組織の論理」 (文庫ぎんが堂)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

プロ野球にとって正義とは何か 落合博満と「プロの流儀」VS.「組織の論理」 (文庫ぎんが堂)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

手束仁の作品一覧

手束仁の作品ランキング・新刊情報

プロ野球にとって正義とは何か 落合博満と「プロの流儀」VS.「組織の論理」 (文庫ぎんが堂)の作品紹介

2011年オフの電撃解任から2年、落合博満がGMとして中日ドラゴンズに復帰した。不人気を理由に落合の解任に踏み切った球団は、地元人気の高かった高木守道を後任に指名したが、成績の低迷で人気を落とす結果となった。いったい、プロ野球の求めていくべきものはなんなのか。勝つことがすべてなのか。それとも、勝つことだけではない「何か」を求めて突き進んでいくのか。プロの仕事の現場の「理不尽さ」の正体に迫る。

プロ野球にとって正義とは何か 落合博満と「プロの流儀」VS.「組織の論理」 (文庫ぎんが堂)はこんな本です

ツイートする