松本人志 仕事の流儀(ヨシモトブックス)

  • 207人登録
  • 3.23評価
    • (6)
    • (22)
    • (37)
    • (10)
    • (3)
  • 40レビュー
制作 : NHK「プロフェッショナル」制作班 
  • イースト・プレス (2011年6月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (135ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784781680002

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェームズ アレ...
池井戸 潤
有効な右矢印 無効な右矢印

松本人志 仕事の流儀(ヨシモトブックス)の感想・レビュー・書評

  • ガッツ石松流の喧嘩の仕方に例えて、松本人志なりの仕事の取り組み方を述べていたのが印象的。
    読書初心者の私でも1時間で読めた。

  • 自分の世界を作る人、作れる人は強い。

  •  ビートたけしの本を読むと、「この人は芸人なのか素なのか」って、正体の知れなさに恐れ入ることがあるのだけれども、この人はあんまり怖くない。
     それは「芸人である自分という商品」にこだわって生きているように見えるからで、それとは別に、素の顔があるんでしょ、と思わせるところが「普通」だからだ。

     気難しいラーメン屋の親父が、仕事だから気難しくしてる感じによく似ている。

  • 内容少ない。。。

  • ネガティブなことばっかりが頭に浮かんでしまって、話がぜんぜん前へ進まなくなったようなときは、思い切って「今日はもうやめとこか」って、お開きにすることもあります。
    人生って結局、自分の意志で、ある程度……まぁ8割くらいまではいけるでしょうけど、残り2割に関しては「もうなるようになるわ」と思ってやってるし、実際に、なるようにしかならないんですよね、これが。

  • 母曰く、
    松本人志の自慢話やん。
    と。

    まっちゃん好きなあたしには、
    まぁなかなか楽しい本だったかな。

  • チェック項目4箇所。僕にとっての映画とは「日本の笑いのレベルの高さに教えることのできるツール」とも言えますね、僕は、日本の笑いは世界一だっていうことを、昔から信じてますから。僕がキャシィ塚本のなかに入っているのか、キャシィ塚本が僕のなかに入っているのか、ようわからんようになった瞬間さえあって、ひょっとしたらこっちの世界に戻ってこられなくなって、キャシィ塚本に吸収されてしまうかもしれんぞ……そう不安に思いながらも、ギリギリのところで演じていた記憶があります。『DX』に限らず、トーク番組を観るときには、最初の20分の「寝床探し」に注目して観てもらうと、よりディープに楽しめるんじゃないでしょうか。残念なのは、この「熱々のロウコウモリに垂らした話」って、今野テレビ番組だと、「いや、そういう話はちょっとNGで……」みたいなことになっちゃうじゃないですか。

  • お笑いが『アート』になってきてしまう。という部分が引っかかりました。あと、悲しい笑いとか、まっつんは、こういう事を経験してきたのかなぁと想像が膨らみました。やっぱり、まっちゃんはインタビュー仕事もプロですね。きちんと笑える要素もあり、字数も少なく、あっさり20分くらいで読めました。大好きまっちゃん!!

  • ダウンタウン好きには楽しめる。けれど、テレビ放映された映像の方が興味深く、それを活字にするのは、難しいかなと思う。DVD化して欲しい⭐

  • 内容はそんなに濃くはない。
    でも、感性の鋭さ、アンテナの張り方のすごさがよくわかる。
    なぜ、あんなことが思いつくんだろう?の前に、考え続けているからだと感じる。考えることをせずして、面白いことは作れない。
    同様のことが全員に当てはまる気がする。
    もっと詳しく突っ込んで聞いてみたいところが多々あった。

  • 【閲覧係より】
    ”僕の弔辞を読むのは浜田しかいない”というコンビ愛を感じる言葉は印象的でした。笑いを突き詰めた”松本人志の裏側”読みたくないですか?この一冊にすべて明かされています。ページ数が少ないのでさらっと読めますよ!
    ------------------------------------------
    所在記号:779.14||マツ
    登録番号:10208051
    ------------------------------------------

  • 1日で読める。遺書のときとかなり変わってるけど、笑いに関してはぜんぜん、考え方が変わらない。

  • ファンなら楽しく読める本。
    心に響くような哲学はなく、今の彼の仕事に対するモチベーションは伝わってきた。

  • ちょっとスカスカで普通の大きさにしたら50ページもいかないのではないかと思ってしまうくらいスカスカ。
    内容は久々の松本節で痛快。

  • 松本のネタは大好きです。
    特にごっつええでのコントとか。

    でも最近のスベラナイとかは今ひとつ笑えません。

    映画もピンとこない。

    う~ん、笑いのスタイルが時代とズレてきてるのだろうか・・・。

    この本はTV「仕事の流儀」で伝えきれなかったことを
    載せてある、ということでの出版でした。

    開くやいなや「字でか!?」
    あれあれ、小学生でも読めるようにということか?

    それとも情報量の少なさを字の大きさでカバーしてるのか?

    後半は生まれた娘とのデレデレ話に終始してるし・・・。

    それらを全て含めてお笑いとしてとらえてるのか??

    最近の松本人志は正直面白くない。
    天才も悩んでいるのかもしれない、というのが感想。

  • 内容はイイけど、立ち読みで十分。本の値段が高すぎる。インタビュー形式の内容は本人が意識しない限り、その場でのコメントでしかない。松本さんにき限って、とは思いたいが…

  • めっちゃためになった
    やっぱりまっちゃんは凄い

  • 「変なバランス調整は健康的ではない」
    「一人のほうが緻密な設計図を描ける」
    「優先順位で悩むよりも 目の前の仕事を取り除く」
    まっちゃんのエッセイ、気がつけばこれまでもけっこう読んでます。

  • 天才なの異才なのか、はたまた度を越えた個性派で天性のお笑いセンスを備えた人物なのか。そんな実力派芸人・松本人志さんの最近の態度や感覚、思考などに触れられる本です。それも、肩の凝らない、フラットな言葉を通して。

  • 仕切り上手になるためには、視野を狭めるべき(P48~53)は、目からうろこでした。

  • 松本っぽい内容。立ち読みで充分。

  • 松本人志に異例の密着取材を敢行したNHK『プロフェッショナル仕事の流儀』。だが番組で放送されたのは、ごく一部だった。半年の間に積み重ねられた膨大な言葉の数々がここに明かされる。(Amazon.co.jp)

    気分転換も兼ねて読み進めてみました。本著は2010年10月16日に放送された「NHKプロフェッショナル仕事の流儀」で語られなかった松本人志さんの想いや考えを書籍化した内容。『どんな内容なのかな?』と期待して読み始めましたが、30分もかからず読了。本自体はハードカバーでしっかりした作りなのですが、字体が大きく行間も広かったのでパラパラ読めます。内容も松本人志のエッセイ集みたいな感じでしょうか。

    では薄っぺらい内容なのかというと、いやいや核心を突いたテーマがたくさんあり読み応え十分です。普段は見れないお笑いへの想いや仕事の流儀の一端を話してくれて、オモシロかったり参考になったり。頂点を極めた人の言葉は、やはり説得力があるものです。

    本著の中でも取り上げられてる「松本人志のコント MHK」が先日放送されましたね。悲しいコトに思いっきり見逃してしまったのですが、11月27日1:35~再放送されるようです。よかった~♪ 私と同じく見逃した方は、録画予約を忘れずに。

  • 松本人志の笑いに対する信念が見える。周りに左右されない生き方がかっこいい。

  • お笑い芸人ダウンタウンの松本人志さんに密着した、NHKの番組『プロフェッショナル仕事の流儀』の中で積み重なれた言葉を「映画」「仕事」「笑い」「人生」などのテーマごとに紹介した本。松本さんの考え方の一端を知る事ができました。(2011.9.14)

  • NHK『プロフェッショナル 仕事の流儀』で放送しきれなかった松本人志さんへのインタビューが紹介されています。

    文章量が少なく短時間で読める内容ですが、松本さんの言葉ひとつひとつに仕事に対する揺るぎない信念や情熱、相方の浜田さんに対する愛情(?)が感じられます。

    読む価値のある一冊だと思います。

全40件中 1 - 25件を表示

松本人志 仕事の流儀(ヨシモトブックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

松本人志 仕事の流儀(ヨシモトブックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

松本人志 仕事の流儀(ヨシモトブックス)の作品紹介

松本人志に異例の密着取材を敢行したNHK『プロフェッショナル仕事の流儀』。だが番組で放送されたのは、ごく一部だった。半年の間に積み重ねられた膨大な言葉の数々がここに明かされる。

ツイートする