一人上手は駆け引きが下手 (Splush文庫)

  • 17人登録
  • 3.33評価
    • (0)
    • (2)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
制作 : サクラサクヤ 
  • イースト・プレス (2016年11月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784781686059

一人上手は駆け引きが下手 (Splush文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • さすがバーバラ様!
    年寄りの私には刺激が強すぎましたゼ。
    エネルギー消滅しました・・・

  • 刑事・前田×弁護士を目指す浪人生・歩。お道具大好きな受がセルフ緊縛や攻とのお道具プレイなどちょっとお腹いっぱいになる感じでしたが、サクサク読めました。基本的にお道具やSMには興味が惹かれませんが、勉強にはなった(笑) へぇ… と思う事もしばしばありましたよ。

  • とても面白くて一気読みしてしまいました!
    バーバラ先生お得意の陥没乳首くんが受けでした。
    受けの歩くん、陥没乳首なだけでなく野暮ったい眼鏡くんで友達彼女いない司法浪人です。司法試験に落ちた時にふと立ち寄ったアダルトショップ。ストレス解消の行為がお道具を使ったひとりえっちとなっていって…。
    もう歩くんのお道具プレイがハードすぎでうわーってびっくりでした。海外通販の常連さんなだけあって色々なお道具がでて来ます。お道具に詳しくなりそうです笑。
    でもこれで初心者らしい。奥が深くてさらにびっくりです。
    そして攻めの前田さんは新宿西署の刑事さん。捜査の一貫で海外通販の多い歩くんが疑われての家宅捜査で二人は出会うわけですが、前田さんもかなりドSですねー。
    歩くんの陥没乳首くんがまたよかったですよー。なかなか出てこないものだからお道具が大活躍で、歩くんも感度良いしね。
    この二人の話はもっと読みたいですね。
    歩くんは弁護士よりも検事になって、前田さんを上からぎゅーとやり込めて、夜は前田さんにやられちゃうようなそんな展開いいなーと。

  • 私にはM属性がないことが分かった(笑)それくらいリアルなSMBLでした。
    刑事×ドM(笑)
    スタートから拘束シーンでそれがすごい臨場感で息苦しいほどでした。
    あちこちにエロが散りばめられていて、エロ充できます。モブのちょい攻めがありますが、ご安心ください、セーフです。
    途中から攻めの前田が受けの歩を甘やかす空気感が良かったです。
    歩、可愛いのに、あんな危険な自慰行為ばかりやってて大丈夫なのか?司法試験受かるのか?と心配になりました(笑)

    バーバラ片桐先生、何作か読んでますが本当に幅が広い!この間読んだ『ひきこもりの俺がー』や『シークレットツアー』も好きです。『家に帰って1人で泣くわね』もお気に入りです。意識せずに作家買いしているようなので、設定が私のツボにいい感じにはまっているのでしょう。次作からは意識して作家買いさせていただきます。

  • これからを読みたい。

全5件中 1 - 5件を表示

一人上手は駆け引きが下手 (Splush文庫)はこんな本です

一人上手は駆け引きが下手 (Splush文庫)のKindle版

ツイートする