15歳から、社長になれる。 ぼくらの時代の起業入門 (よりみちパン! セ) (よりみちパン!セ)

  • 361人登録
  • 3.73評価
    • (17)
    • (39)
    • (24)
    • (7)
    • (1)
  • 38レビュー
著者 : 家入一真
  • イースト・プレス (2013年11月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784781690612

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ロバート キヨサ...
クリス・ギレボー
デール カーネギ...
クリス・アンダー...
有効な右矢印 無効な右矢印

15歳から、社長になれる。 ぼくらの時代の起業入門 (よりみちパン! セ) (よりみちパン!セ)の感想・レビュー・書評

  • 起業家である家入一真氏が企業についての仕組みと10代で起業などで生計を立てている若者との対談を載せた一冊。

    ネットが普及して従来の働き方から変わったことや会社設立のノウハウなどがわかりやすく書かれていました。
    若手起業家の対談は10代から稀有な経験をしている人達ばかりで、経験や考え方には非常に刺激を受けました。
    雇われることだけが全てじゃないことや可能性は無限大で様々なことにチャレンジしていくことが大切なことなど読んでいて学ぶことや気付きがたくさんありました。

    子供向けに書かれた一冊ですが、大人が読んでも巻末にあるように今の子供達に様々な生き方の選択肢を与えることのできる知識を得ることができる一冊だと感じました。

  • プログラミングって大事だなとわかる本です。

  • ふと手にとって読んだのですが、まさかまさか、このブクログの創始者さんの本だったのですか……。

  • 成功するまで行動するかどうかだけ

  • 前半はつまらなかったが、後半の若手起業家のインタビューは興味をもった。
    ・吉田拓巳18歳(年齢は2013年この本の発行時点)
    ・新垣晴太郎16歳 Leevice
    ・Tehu 灘校18歳 アプリ開発
    ・鶴岡裕太23歳東京工科大学Base
    ・鶴田浩之22歳慶應大学 Labit社
    皆、ウェブ、プログラミングスキルを武器にしている。
    やっぱりプログラミングは武器になるんだなと思った。

  • 生き方って、本当は十人十色のはずなのに、気付けば大きく違わない人生をみんなが歩んでいる。それでいい人がいるのはかまわないけど、それが息苦しい人だっている。若いうちにいろいろチャレンジしている人って羨ましいけど、負けてはいられないもんね。

  • このブクログを作った人の本。会社を作る仕組みが簡単に把握できた。

  • 高校行って大学行って会社に入るっていう、いわゆる世間一般でいう普通の道はただの選択肢の一つっていうことに改めて気付く。やりたいことやろうという気になる。

  • またものの見方が変わりました!説明の文章が分かりやすくて読みやすかったです。「将来どうすれば……」って悩んでいる人は、この本を読んで新しい視点が身に着くかもしれません。会社つくりたくなります

  • やっぱりよりみちパン!セシリーズ、元気をもらえる。
    ただ起業をすすめたい本ではなくて、いろんな生き方があると、だからいまある人生のレールを踏み外してもいいんだよと、家入さんのそんなあったかいメッセージが込められた本。自分がいまいる場所がつらくてしょうがないなら、逃げて、自分でなにかはじめればいいって。ほんまに、つらい思いをしている子どもに読んでほしいと思う。

  • おもしろかった。起業する際に読むと勇気が出るし、ハードルも下がる。

  • 中学、高校生向けに起業という選択肢に
    ついて解説するという狙いは面白い。
    評価は大人がつけているので、前半の学生向け会社の仕組み部分で辛めになってます。
    後半の対談は、素直にスゲーヤツらがいるんだなと感心してました。

  • 僕はまだ雇われ様と動いているけれども、起業という選択肢を取ることも出来る事を知る事が出来た。もしかしたらいずれは個人事業主になってみるかもしれない。
    後半の若い人たち、しかも子供の頃に起業してみたという子たちのインタビューは、家入さんの文章と合わせて読んで、自分も何かしてみたいなという気持ちにさせられた。

  • 起業なんて特別な才能のある人だけのもの?
    そんなことはない、誰だってできるんだという言葉で始まる本。
    もちろん、決してハードルが低くない事実。誰もが起業するのは無理だけど、進学して就職して…という大勢の人がそれしかないと思っている道だけが人生じゃない、こんな生き方もあるんだと知るだけでも読む意味はある。働くことについてちょっと悩んだときに手に取り、読んでよかったと思った。
    株式会社の仕組みやM&Aのことも恥ずかしながらよく知らなかったので勉強になった。育てて売れるって育成ゲームみたいだ。

    例として何人か10~20代の起業家の話が載っている。彼らは儲けたいというより、表現したいという気持ちが強いよう。炎上を恐れないとか、ネット上のことだから経済的なリスクが少ない分いろいろ試せるとか、ネットに慣れ親しんだ世代ならではの感覚だと思う。新鮮で面白かった。

  • 男女問わず、若い人たちにおすすめできる本ですよ。30代を過ぎて、「なんか違うんだよなぁ」と行き詰って、悩んだり迷ったりしている人も、読んだらいいのかもしれない。中学校あたりの図書館には必ず所収されていないと、と思えるほどその年代ではマストとも言える本かもしれない。

  • 仕事で死ぬくらいなら起業しよう

  • お金を集める 貸付 出資
    上場 誰でも市場で株を売買できる
    エンジェル 経営に口を出さず、お金だけ出して、後は頑張れというスタンス
    依存する 思考を委ねること
    レビューシートを可視化 事業仕分け
    経営相談 人がついてきてくれない すぐ社員が辞める みんなやるきがない
    要するにメリットを提供できていない
    パナソニック 松下幸之助 面接の最後 質問 あなたは運がいいですか 悪い人は取らない
    Labit社 すごい時間割

  • 社会はちっぽけじゃないし、世界は広いのだと思う。自分の生き方は自分にしか出来ない。

  • チェック項目5箇所。この本は、僕が中学生以上のすべての人に向けて書いた「世界一起業したくなる本」だ。この本を読んでくれている子のなかにhも、いじめられている子、いじめられている子、ひとりぼっちの子、いろんな子がいると思う、息苦しくて仕方ない子もいると思う、だったらもう、そこから飛び出しちゃえばいい、「逃げるな」「立ち向かえ」なんて言葉を気にする必要はない、そもそも小さくて弱いウサギの目の前に、大きくて強いライオンがいたら、逃げないと食べられてしまう、とにかく逃げて、その場所から飛び出しちゃえば、ほかにも世界があるってことが見えてくるはずだ。単純計算で日本には「250万人以上の社長がいる」ってことだ、この数字は、日本の人口を1億2700万人くらいとして、なんと50人にひとり、君の学年に同級生が300人いるなら、そこから6人くらいは社長になるという計算になる、ちなみに、中学生の「なりたい職業」ランキングでつねに上位に入る「学校の先生」は、小中高すべて合わせておよそ91万人。印鑑登録は15歳からできるから、「15歳から社長になれる」っていうわけだ。アイデアが温かいうちに叩かないと、時間がたつと冷めちゃって「ちょっともういいかもしんない」ってなっちゃうんです。

  • 内容の半分ほどは実際に起業した学生達のインタビュー。普通の生き方を疑い、自分のやりたいことを親を説得して成し遂げたのは素晴らしいことだ。

  • とんでもない10代がこの国には存在する。

    彼らは若くてリスクの少ないうちに、やろうと思ったら即行動する。早くからダメなのも含めいろんな大人たちを見てきているので、同学年より社会をよく知っている。生き急いでいるように見えても実際はそんなことない。やっと大学生や20歳かそこらにになって社会が見えてきて就職を考えだすことができる、今の日本のスタイルがとても危険な気がした。やれ、芸能人がどうしたとかのYahooニュースやテレビになんて一喜一憂している場合じゃない。

    自分の子を、
    これから待ち受ける、圧倒的に少なくなる就職口のパイを競うために、我が子を圧倒的な高学歴に育て上げるか。あるいは、早いうちから何度も失敗を重ね、学校の勉強とはむしろ無縁のところにあるこれからの時代を生き抜くための「スキル」を身につけチャレンジしていくべきか。

    この本には「心配でない保護者のかたへ」と「この本をどうあつかっていいのかわからない先生へ」という章が設けられている。

    ぜひ親や先生にこそ読んでいただきたい。
    もちろん我が子にも読んでもらいたい。

  • 頭の中が明るくなり前向きになれる。
    とても良い。
    15歳にもどりたいなあ。

    「保護者の方と先生へ」ってのを読んでいたら泣けてきた。

  • 図書館。ティーンエイジャー向け

  • これからの世の中を生きる若者に向けて、
    「起業という選択肢もあるよ?」ということを説いている本。

    序章:今の世の中に対する問題提起
    第一章:具体的な起業の仕方
    第二章:若手起業家の体験談
    という内容。

    特に第二章の体験談に良い刺激を受けた。

    ・一見無理そうでもガッとやっちゃう
    ・大人の付き合いって「利用」で普通。逆に利用しなかったら何するの

全38件中 1 - 25件を表示

15歳から、社長になれる。 ぼくらの時代の起業入門 (よりみちパン! セ) (よりみちパン!セ)に関連する談話室の質問

15歳から、社長になれる。 ぼくらの時代の起業入門 (よりみちパン! セ) (よりみちパン!セ)に関連するまとめ

15歳から、社長になれる。 ぼくらの時代の起業入門 (よりみちパン! セ) (よりみちパン!セ)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

15歳から、社長になれる。 ぼくらの時代の起業入門 (よりみちパン! セ) (よりみちパン!セ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

15歳から、社長になれる。 ぼくらの時代の起業入門 (よりみちパン! セ) (よりみちパン!セ)を本棚に「積読」で登録しているひと

15歳から、社長になれる。 ぼくらの時代の起業入門 (よりみちパン! セ) (よりみちパン!セ)の作品紹介

「起業=リスク」の時代は終わった!小さく、身軽に、動き出そう。学校でも家でも教えてもらえなかったリアルな知恵満載!

15歳から、社長になれる。 ぼくらの時代の起業入門 (よりみちパン! セ) (よりみちパン!セ)はこんな本です

15歳から、社長になれる。 ぼくらの時代の起業入門 (よりみちパン! セ) (よりみちパン!セ)のKindle版

ツイートする