甘いおしおきを君に (ソーニャ文庫)

  • 16人登録
  • 3.33評価
    • (0)
    • (1)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : カワハラ恋 
  • イースト・プレス (2013年7月3日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784781695099

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

甘いおしおきを君に (ソーニャ文庫)の感想・レビュー・書評

  • 苛められっこだったヒーローが優しいヒロインに懐いちゃうお話。
    ヒーローがちょっと執着系なおかげでヒロインの首絞めちゃったりしてますが概ねラブラブ。
    D、媚薬

    イラストが全体的に残念な感じ。

  • ソーニャ文庫の割には普通だったかなって思います。
    娼館に売られる寸前のユーリの借金を肩代わりして、代わりに妻にってのはよくある設定ですし、その後の執着度もそれほど度は越してなかったかなあ。Hの回数は多かったですけど。

    Hしながらユーリの首を絞めるっていうのは、危ない気配は出してましたけど、それほど精神に歪みはなかったように思います。当て馬セドリックもルーファスに押し入られたあとは素直におとなしくなっちゃいましたし、あの持ってる毒を使ったりして、ドロドロになった方がソーニャ文庫らしいかなって思いました。

    あと、ルーファスの雇い主である王太子殿下の方が歪んでいるみたいなんで、今度は彼の話も読んでみたいなって思いました。

全2件中 1 - 2件を表示

甘いおしおきを君に (ソーニャ文庫)を本棚に登録しているひと

甘いおしおきを君に (ソーニャ文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

甘いおしおきを君に (ソーニャ文庫)の作品紹介

とある事情から、幼馴染みであるルーファスの妻となった花屋の娘ユーリ。都会で医術を学び立派な医者となって戻ってきた彼がなぜ私と結婚を!?「あなたはただ、私の欲を満たしてくれればそれでいい」そう言い放ち、ところ構わず毎日のようにユーリを貪るルーファス。彼にとって私は体だけの存在?現状に胸を痛めながらも彼の役に立ちたいと奮闘するユーリだが、ある日、彼から禁じられていたことをしてしまって…?

甘いおしおきを君に (ソーニャ文庫)はこんな本です

甘いおしおきを君に (ソーニャ文庫)のKindle版

ツイートする