軍服の渇愛 (ソーニャ文庫)

  • 48人登録
  • 3.74評価
    • (3)
    • (8)
    • (8)
    • (0)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : 富樫聖夜
制作 : 涼河マコト 
  • イースト・プレス (2014年11月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784781695419

軍服の渇愛 (ソーニャ文庫)の感想・レビュー・書評

  • ツンデレだけど嫉妬深く、部下にも同僚にも想いがバレバレなヒーローかわいい。けどソーニャぽくはない。記憶の無いヒロインにつけこんで結婚するくらいかな。
    媚薬(ヒーローに)

  • 作家さん自身がヒーローのことをむっつりスケベと書かれてるけど、脱いだら凄いんです!って感じでむっつりで凄いんです状態(笑)むっつり無双!さて、ソーニャはね、気をつけないと怖いんです。ヒロイン、もうあかんのちゃいます?もう駄目でしょって展開になるのがソーニャなんだけど間に合った!なんとか間に合った!ってより、ヒーローより先に敵を追った団の面々は彼が駆けつけるまで何してたんだろ?雑魚を片付けてた?そんなことより、ヒロイン救出すればよかったのにー!あ、でもオイシイとこはヒーローが持っていくべきか。

  • ヒストリカルっぽい世界、伯爵令嬢エルティシア・グリーンフィールドと、憧れの軍人グレイシスのすれ違い恋愛。
    誤解がグレイの鬼畜っぷりを喚起してしまい…だが、意外と王道にストーリーは進み安心仕様で楽しめる作品でした。
    友人役のフェリクスとかライザも濃いキャラでした。

  • 両片思いのすれ違い&王道展開でおもしろかった。
    表紙と中の挿絵の差が少々残念。
    電子書籍で購入。

  • ソーニャ文庫にしては軽めの歪み度のお話で、よくまとまっていたと思います。

    エルティシアが想いを寄せるグレイシスは、出生の秘密やら年の差やらで、なかなかエルティシアに向き合ってくれない。望まない結婚をする前にせめてもと一大決心してグレイシスの寝台へ・・・。かなり大胆です。

    媚薬を盛られ、エルティシアに迫られて、とうとうグレイシスの鋼の理性も飛んじゃって、その後の展開はムッツリスケベでしょ?って感じでしたけど、どうせならもうちょっとエルティシアにはがんばって欲しかったかな。すぐにグレイシスが陥落しちゃったのは残念。

    グレイシスの出生は早い段階で予想はついたし、悪役も早々に予想がついてましたけど、話の流れはよかったです。

    周りの人間も魅力的で、グレイの友人のフェリクスとエルティシアの親友のライザのその後が見たいなぁって思いました。

    残念なのはイラスト。
    表紙はまだいいんですけど、中のイラストが好みじゃなかったです。

  • 将軍の姪で伯爵令嬢の18歳ヒロインと英雄と呼ばれる28歳軍人ヒーローとの年の差すれ違いラブストーリーです。

    読み応えのあるストーリー重視のTL小説で、序盤から物語の世界にぐいぐいと引き込まれ面白かったです。
    最初の方で読者には丸分かりの2人の両片想いじれじれ展開が美味しかったです。
    断れない政略結婚を前に決断した、とにかく処女とは思えないヒロインの思い切りの良さと勢いに驚きました(笑)。
    箍が外れた後のむっつりスケベヒーローの本能に忠実な様は、「黒い狼」という異名通り野獣の求愛行動のようでニヤニヤしてしまいました。
    ラストの展開が、「執着系乙女官能レーベル」と称するソーニャっぽかったと思います。
    ヒーローの元婚約者のその後も気になりますし、ヒロインの親友である侯爵令嬢の恋話も読みたいので続編もしくはスピンオフ作品を希望します!

  • 生真面目軍人のグレイがシアに溺れまくっていく様子がとてもいい…!!
    触れてはならない、と尻込みしていたグレイとどうしても彼が好きで行動に移すシアがよかった。

全8件中 1 - 8件を表示

軍服の渇愛 (ソーニャ文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

軍服の渇愛 (ソーニャ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

軍服の渇愛 (ソーニャ文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

軍服の渇愛 (ソーニャ文庫)の作品紹介

伯爵令嬢エルティシアの思い人は、国の英雄で堅物な軍人グレイシス。振り向いて欲しくて必死だが、子ども扱いされるばかりで取り合ってもらえない。だがある日、年の離れた貴族に嫁ぐよう父親に言い渡されてしまい…。思いつめた彼女は、真夜中、屋敷を抜け出し彼のもとへ向かう。しかしそこにはなぜか、媚薬を飲まされ苦悶する彼の姿が!「俺を鎮めてください、その身体で」果てのない彼の欲望を受け止めようとするエルティシアだったが-!?

軍服の渇愛 (ソーニャ文庫)のKindle版

ツイートする