限界突破の溺愛 (ソーニャ文庫)

  • 21人登録
  • 3.25評価
    • (0)
    • (2)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 八巻にのは
制作 : 成瀬山吹 
  • イースト・プレス (2015年4月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784781695532

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

限界突破の溺愛 (ソーニャ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • すれ違いを書かせたら八巻さん、って感じですが
    今回も盛大にすれ違ってますね(笑)

    でも、部下に恵まれてるし愛されてるし
    不器用な男が精一杯がんばる姿は愛おしかったですよ。
    このまま変態でいてほしいものです。

  • 兄の借金のカタに娼館に売られたアンのもとにやってきたのは、ひげ面のレナード。
    求婚されたのを断ったら、掠われて・・・っていつものパターンですが、レナード側視点の内容も入れ替わりのように入っていて、ヘタレなレナードがかわいいって思いました。

    アンの父に男色家の疑惑があり、アンはレナードがアンを父の代わりにしてるんじゃ?って思ってましたけど、最初の方は分かるとして、あれだけ愛されているのに、後半も同じような考えのままだったのは、ん?って思いました。バレバレ過ぎるレナードの愛を勘違いするかなぁ・・・。

    あんまりソーニャっぽい歪んだ愛ってのはあんまりなく、どっちかっていうとレナードの純愛って感じでしょうか。(確かに赤ちゃんの頃からアンを対象としてるのは、歪んでるっていえば歪んでますけど・・)

  • おじさんヒーロー・レナードが残念だけどかわいい男性で、読んでいてほっこりしました。
    アンのいろいろ考えすぎて自分の気持ちに素直になれないところも、幼い頃から苦労を重ねてきたがゆえと思えば納得できます。
    ソーニャにしては歪みが足りないように思えましたが、面白かったです。

  • ヒーローが、ヒロインの亡き父の親友で、初恋の人20歳近く年上という設定に、食指が動き拝読。レナードが立派な経歴、外見の裏で、繊細かつヘタレでヒロイン馬鹿な妄想癖の持ち主…という残念なおじさんヒーローに萌えたものの、然程アンに好感は持てなくて残念。レナードが亡き父の恋人で、自分は父の身代わりだと思い込んでいるアンと、それ故にとってしまう彼への態度から起こるすれ違いと設定は、面白かったです(笑) アンが生まれた時から特別な存在だったレナードの変態ちっくで可愛く歪んだ執着愛でした(笑)

全4件中 1 - 4件を表示

限界突破の溺愛 (ソーニャ文庫)を本棚に登録しているひと

限界突破の溺愛 (ソーニャ文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

限界突破の溺愛 (ソーニャ文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

限界突破の溺愛 (ソーニャ文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

限界突破の溺愛 (ソーニャ文庫)の作品紹介

兄の借金のせいで娼館に売られた子爵令嬢のアンは、客をとる直前、侯爵のレナードから突然熱烈なプロポーズをされる。アンよりも20歳近く年上の彼は、亡き父の友人でアンの初恋の人。だが数年前、彼のとある秘密を知り、告白する前に失恋していた。同情からの結婚は耐えられないと断るアンだが、レナードは彼女を連れ去って…。強引ながらも甘い愛撫に蕩かされ、純潔を奪われるアン。目が覚めたときには軟禁されていて-!?

限界突破の溺愛 (ソーニャ文庫)はこんな本です

限界突破の溺愛 (ソーニャ文庫)のKindle版

ツイートする