オデッセウスの鎖―適応プログラムとしての感情

  • 29人登録
  • 3.88評価
    • (3)
    • (1)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
  • サイエンス社 (1995年1月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (359ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784781907529

オデッセウスの鎖―適応プログラムとしての感情の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「オデッセウスの鎖」。一見経済と何も関係がない題名だが、本書を通じて一貫して投げるメッセージ「互恵的であることは、最も経済的効用が高い」が23歳の評者に刺さった。

    「合理的経済人は、Greedで、そうでなくては非効率」とばかりにうそぶいていた頃に読みたかった。
    「人はなぜ、旅行先のレストランでチップを支払うのか」。このことに経済的合理性が見いだせたとき、利己的・機械主義である自分が、世の中に調和していける気がした。
    読んでいない人は、是非一読を

  • 私が経済学を面白いと思うのは、それが合理性を扱う学問だからである。人間を合理性という観点から眺める学問、と言い換えてもよい。この一見しただけでは意味がわからないタイトルの本は、一貫して感情の存在価値について論じている。感情というのは、なければ合理的な判断ができるだろうものとして扱われがちだが、ここでは感情がいかに人間に役立つものかが書かれている。といって、感情はあったほうが人生が豊かになる、などとロマンチックなことが書かれているわけではない。徹頭徹尾、経済学的に感情がどう役立つかが論じられているのだ。感情についての考察として、非常に刺戟に富む一冊。

全2件中 1 - 2件を表示

オデッセウスの鎖―適応プログラムとしての感情はこんな本です

ツイートする