リレーショナルデータベース入門―データモデル・SQL・管理システム (Information&Computing)

  • 144人登録
  • 3.56評価
    • (6)
    • (6)
    • (13)
    • (1)
    • (1)
  • 8レビュー
著者 : 増永良文
  • サイエンス社 (2003年3月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (361ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784781910246

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ブライアン カー...
有効な右矢印 無効な右矢印

リレーショナルデータベース入門―データモデル・SQL・管理システム (Information&Computing)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • データベース論の参考書。
    さすがに15年以上にわたるロングセラーだけのことはある。
    知りたいことが全部詰まっていると言っても過言ではない。
    情報処理技術者試験対策本等で適当に扱われていることも正確に書かれている。
    正規形が第5正規形まであるとは、初めて知った。

  • 入門とはあるが、初学者が読むにはちょっと難しく、少なくともRDBを触ったことがあることが前提だと思う。
    また、特に序盤の方は離散数学の知識も少々必要になっている。
    RDBについて幅広く取り扱っているため、「RDBを学ぶ」ことはできるが、「実務に活かす」にはこれだけでは難しいと主思う。
    できれば学生の内に読んでおけば良かった。

  • 図書館で借りた。難しい。

  • 図書館でたまたま見つけて借りてみた。
    学生時代にも図書館で借りたけど読めなかったので、まさに偶然の再会だった。

    仕事でデータベースを使ったが、いかに理解があいまいなままで仕事をしていたか分かった。

    この本は、リレーショナルデータベースやSQLのことがここまでかというくらい理論的に書かれている。ここまで詳しい本はないと思う。

  • データベースの基礎には、数学の台数論や集合論、グラフ理論、計算量、統計の考え方があったとは!ハウツーに流されがちな、データベース。俗っぽいデータベース。今でこそ、手軽に扱え、あらゆる生活シーンに浸透しているデータベースだが、それを支える根幹的な技術、思想、そして、歴史、苦闘を伝えてくれる好著。

    一カ所だけ、記述に不服なのが、2分探索のアルゴリズム(P192)。キー値との大小を比較して、どちらの側に探索を伸ばすかが、きちんと書かれていないのだ。残念。

    ・各正規形と不都合例
    ・SQL規格におけるビュー更新の可能性
    ・DBMSの3大機能 1.メタデータ管理 2.質問処理 3.トランザクション管理
    ・RDBMSが商用DBの確たる地位を築いたのは、質問処理の最適化技術のおかげ。
    ・トランザクション指向の障害時回復の体系(トランザクション障害、システム障害、メディア障害に分けて)

  • 和図書 548.96/Ma68
    資料ID 2011100678

  • データベース領域の名著

全8件中 1 - 8件を表示

リレーショナルデータベース入門―データモデル・SQL・管理システム (Information&Computing)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

リレーショナルデータベース入門―データモデル・SQL・管理システム (Information&Computing)はこんな本です

ツイートする