コンサルティング業界大研究

  • 69人登録
  • 3.25評価
    • (3)
    • (7)
    • (27)
    • (3)
    • (0)
  • 14レビュー
  • 産学社 (2005年1月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (309ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784782531280

コンサルティング業界大研究の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • コンサルタントに求められる能力とは?


    ファクトに裏打ちされたリアリティを持った提案ができ、インプリメンテーションまで支援

  •  主に、就職活動中の大学・大学院生向けて書かれたコンサルティングファームの研究本。特に、戦略系のコンサルタントを志望する人を対象とした内容になっている。コンサルティングファームの最近の動向や、コンサルタントのインタビューなどで構成されており内容もしっかりしている。コンサルティングファームが一体どういうものなのかを知りたいという読者には非常に適した本だと思う。また、それが私のニーズとも合致していた。
     この本を読んでみて、コンサルタントは様々な業界に関わる存在なのだが、この本に出てくるコンサルタントはあまりにもコンサルティングファーム業界の事しか語っていないなぁ、という印象を持った。この本の編集者がコンサルティングファーム業界にしか全く興味がないのかなという気もするが、コンサルタント自身がみな妙に選民意識を持っているような印象を覚えた。ことあるごとに本書では、コンサルタントは厳しい、よく勉強しなければならないというようなことが書かれているが、他の職業と比較して本当にそれは当てはまっているのだろうか、非常に疑問である。

  • 2005年度に出版されたコンサルティング業界について書かれた本です。ブックオフで100円で買いました。

    中身は他のコンサル業界本と同じなのですが、1点この本で分かったことがあります。

    それは2005年以降はコンサルティング業界は、戦略を立案するだけにとどまらずに、インプリメンテーション(立案内容の現場導入)まで実施する流れにあるということ。

    インプリまで実施するということは、各業界に特化した人が必要になるはずなので、IT業界を経験している自分にとってはATカーニーやアクセンチュアが一番入りやすそうです。

  • 高校生のころから、なんかコンサル面白そうだなーと思っておりまして、大学入学してから担任に「なんかコンサルについて詳しく教えてくれませんか?」とメールで聞いてみたら「ググッて*1みれば?」とのつれない返事が。守秘義務でナンボな業界だから、そんな本ないのかなーと思いつつ、授業にボーッと出席していると、隣の席のやつが何やら面白そうな本を読んでいた。なになに?コンサル・・・ティング・・・業界、、!?これだ!!そして図書館に走り検索かけるとありました。これです。出てみるもんですね、授業。

    この業界、相当大変そうですがそれ以上にやりがいもありそうです。しかしコンサルファームに新卒で入るなら現役で東大に合格するほうが楽なんじゃないか???ちゃんと勉強しよう、という気にはなりました。いい刺激。買って三色ボールペンでグリグリ書き込みしたくなった。ちょっと古い情報かもしれないけれど。「プロ論」とあわせて読みたい。

    「東南アジアでカメレオンを安く養殖する技術を商社が得たとする。これを利用して日本で儲けるにはどうすればいいか?」

  • 【総評】
    大学2年の時にコンサルってどんなもんだいと思って手に取った一冊。当時これを読んで各社のコンサルタントの意識の高さに非常に驚くと同時に、自己啓発にも非常に役立つ知見をいくつも得ることができた。

    構成としては、コンサルの概論の後に、有名なコンサルタントが自由に意見をいっていて、それが並んでいる感じ。

    確かにControversialな意見も多々あるが、しかしそれぞれのコンサルタントが”自分”を持っていて、本当に人として尊敬できる方たちばかりだった。

    いくつか本を読んできたが、コンサル関連で全般的に知識を得たいなら、この本を読めば間違いがない。

    まあ、さすがに大前研一の記事はなかった点、外人の視点があまりなかった点が足りないと言えば足りないかもしれないが、十分にいい本。




    【気になったフレーズ】

    ・場合によってはジョイントベンチャーを作って運営するという形も含めて提案します。これはもうお客様というより運命共同体であり、ビジネスパートナーです。

    ・例えば、BCGやマッキンゼー、アクセンチュア、IBCSを同じような会社だと思って仕事を依頼しているクライアントは誰もいない。・・・『堀紘一』

    ・コンサルティングの5つの機能・・・「頭脳レンタル」、触媒、情報提供、外圧、アウトソーシング。

    ・会計事務所系、IT系コンサル会社の仕事は、金額ベースでいえば、大半部分がシステム開発のアウトソーシング。

    ・戦略系で株式を上場しているところは少なく、法律的には経営数字公開の義務はない。(→自社でキャッシュを賄え、かつ、企業の規模をあまり大きくするメリットがないので株主にいちゃもんつけられる可能性のある公開をさけていると予想できる)

    ・新たに情報システム構築を考えるクライアント企業が、システム自体よりもそのシステムに蓄積されたビジネスノウハウを重視するようになってきた。

    ・「プロはある程度豊かでないとだめ」・・・『堀紘一』 清貧という言葉があるが、「清い」必要はあっても、「貧し」くてはいけない。

    ・コンサルティングという仕事は、人や組織や事業を直接取り扱っていく仕事なので、それへの眼差しというのは、人間、つまりは個人として自分が生きていくということへの関心と、底のほうで深くつながっているんです。・・・『石井光太郎』

    ・パートナー(キャリアパスの終点)になれば、交渉の相手はほとんど有名企業の経営層クラス。パートナーまでやらないと、コンサルタントの本当の面白さは絶対にわからない、と経験者は異口同音。

    ・企業改革(re-engineering)と、企業変革(transformation)は違う。


    ・offshoreの動きのためITコンサルのシェアがインド、アイルランド、中国に取られている、これが近年のコンサル人気凋落傾向につながる。

    ・localなコンサルファームは生きていけない。各国独自の価値観を知らないといけない。日本企業が米国流のカルチャーを真似ても、オリジナルは超えられない。・・・『アビームの西岡一正社長』

    ・インプリしすぎるのは、家庭教師が生徒の代わりに受験してしまうようなもの。コンサルの領域を超えている。望ましい方向性を見いだす触媒になるのが本来の役割。・・・『コーポレイトディレクション代表 石井光太郎』

    ・戦略系コンサルのフィーはどうしても一件数千万から億単位になってしまう。結果、大企業しかクライアントになりえないが、中小企業にこそ、コンサルの能力が必要。
    ・経営学は医学と同じで実学ですから経験がなければならない。
    ・目的意識と根性のない人はどんなに成績がよくて優秀でも全く興味ないですね。
    ・クライアント企業の内部の人たちよりも熱い気持ちで仕事をしろ。自分の熱気に彼らを引きずりこめ。   以上、『堀紘一』

    ・現状を把握できるITを持つのが、戦略の第一歩だ。
    ・富士通、日立、NEC、IBMと各社ハードからソフトまで総合サービスを展開するなんて国は日本だけ。
    ・多くのコンサル会社が『ERP』ソフトの代理人になってしまい、エンロン事件で信用が失われた。コンサルの地位が低下してしまったのが日本の現状。・・・『フューチャーシステムコンサルティング 代表 金丸恭文』

    ・コンサル3大資質・・・第一に地頭の良さ。次にプロフェッショナルとしてのマインドセット。3つ目がベースとしての人間的魅力。
    ・コンサルタントは上下左右どれだけ幅の広い人と付き合えるか。
    ・・・『IBCS 佐々木久美子』

    ・外部の人間としては、あくまでハードファクトを拠り所とするのが基本。

    ・ベイン、マッキン、BCGにフットサルチームがあるww

    ・コンサルティングは、究極的には、”人を変える”仕事。

    ・戦略コンサルの経験は起業には役に立たない。立場が全然違う。起業は、胆力。
    ・夜中の12時過ぎまで議論して決定したことを、朝9時までにマッキン側の人間が資料にまとめ、おまけに次の議論の準備や下調べまでしてくる。それが当然の会社で、自分の体力や知力の限界を言い訳にはできない環境にずっといた。ただ、これがやれる人間は世の中にたくさんいる。(←注.1000人に一人くらいだと思うが・・・)社長をやるためにもっとも重要かといわれると、そうではない。 ・・・『DeNA 代表 南場智子』

    ・過労で倒れて入院して、病院から帰ってきたら彼の受け持ち部分がそっくりそのまま残っていて、「1週間後にプレゼンだから」と言われてそこから3日徹夜して、また倒れて会社を辞めたという・・・(某有名社長のBCG時代の話)

    ・不完全な情報しかなくても、とにかく答えを出す。

    ・奴隷になるか、修行をするか。







    【感想】
    今再び読んで、2年前よりずっと言っていることがすんなり入ってきて、そして感じられるようになり、なんというか・・・1日徹夜したくらいで、うだうだ言ってる自分が本当にカスに思える。

    とりあえず、才能とか環境とかいう前に、努力が、根性が・・・ほんと全く足りない。

    気分転換以上の遊びを求めず、ストイックに生きようと思う。

  • 就職活動で購入。

  • 右も左もよくわかんない。コンサル業界。
    そんなときにほんの少し輪郭をつかむためには良いのではないでしょうか。

  • 「コンサルティングの基本」と2冊一緒に読破。どちらかというと「コンサルティングの基本」の方が情報が新しくわかりやすかった。どちらも読むと補完性があり、よい。

  • 就職活動のためだけでなく、ビジネスマンにもお勧めの本。私が買ったのは就職活動中でしたが、(おそらくこの本よりもかなり古いものですが)コンサルティング業界のトップの話が、たくさん掲載されています。
    業界の動向だけでなく、論理的な物事の考え方みたいのを学べます。

  • いちおう読んでみる。

全14件中 1 - 10件を表示

コンサルティング業界大研究を本棚に「読みたい」で登録しているひと

コンサルティング業界大研究を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

コンサルティング業界大研究を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

コンサルティング業界大研究を本棚に「積読」で登録しているひと

コンサルティング業界大研究はこんな本です

ツイートする