短篇集 半分コ

  • 26人登録
  • 3.54評価
    • (0)
    • (9)
    • (2)
    • (2)
    • (0)
  • 10レビュー
著者 : 出久根達郎
  • 三月書房 (2014年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (331ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784782602218

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

短篇集 半分コの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 三月書房の小型愛蔵本シリーズの一冊をはじめて手にしたけれど、なんて贅沢な本だろう。1961年から発刊されていて、文庫本サイズなのに函入り、糸綴り、箔押しの豪華本だ。これまで様々な随筆、句、歌などが収められてきたようだが、こんな素敵な本を編んでもらえる作家は幸せだ。出久根さんらしいほのぼのした16篇に心温まる。半分実話っぽい『符牒』と『桃箸』を読むに、著者の膝の具合が気になってしかたない。ご夫婦ともにお元気でありますよう。

  • 装丁が素晴らしい!
    しかも出久根さんだ!!
    と云う事で手にした一冊。これは書棚の贅沢品です。
    短編集でサクッと読めてしまいますが、
    どれも出久根さんらしい、じんわり来る&読み手の想像力を
    求めてくる書き方です。
    最近、この三月書房さんの小型愛蔵本シリーズでもう一冊
    出久根作品が出たはずなので、そっちも読みたいです。

  • 若いときに読んでも、このしみじみ感は伝わらないだろうなぁ。そこそこのお年なのでじんわり来た。

  • 2014年7月刊。1998年1月〜2011年12月までに新聞、週刊誌、月刊誌、企業誌に発表された短篇小説16編を収録。「半分コ」は3頁の短い話だが、エッセイのような話で、心に残る。総じて短い話に味がある。文庫本を読むことが多いのだが、今回は、小型愛蔵本の装丁が楽しかった。

全10件中 1 - 10件を表示

短篇集 半分コの作品紹介

人生半ばを迎えた主人公たちが、ふと過ぎし日を想う時、その何気ない言葉やしぐさに心の内を垣間みる…どこか懐かしく、そしてほろ苦い16の小さな物語。

短篇集 半分コはこんな本です

ツイートする