コンピュータには何ができないか―哲学的人工知能批判

  • 79人登録
  • 3.22評価
    • (3)
    • (0)
    • (13)
    • (2)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : Hubert L. Dreyfus  黒崎 政男  村若 修 
  • 産業図書 (1992年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (610ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784782800690

コンピュータには何ができないか―哲学的人工知能批判の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 今のコンピューターの技術では人工知能は作りえない。インプットのインターフェースの様式だけでなく、今のコンピューターが持ち合わせていない身体を持つべきだという主張であった。
    自分が関心を持っているのは機械翻訳の分野であり、どうすればシームレスな翻訳が可能かと考えたときに今のコンピューターのインプットの方法、存在方式(確定状態の連鎖である)では不可能ではないかと考えていた。それに回答を与えてくれる本であった。
    今の言語学は能力のみを見ており、どうやって運用しているのか?に迫るものではないため非常につまらなく感じていた。この本に出会ってよかったと思える1冊である。

全1件中 1 - 1件を表示

コンピュータには何ができないか―哲学的人工知能批判を本棚に登録しているひと

コンピュータには何ができないか―哲学的人工知能批判を本棚に「読みたい」で登録しているひと

コンピュータには何ができないか―哲学的人工知能批判を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

コンピュータには何ができないか―哲学的人工知能批判を本棚に「積読」で登録しているひと

コンピュータには何ができないか―哲学的人工知能批判の作品紹介

人工知能研究の可能性と限界を、哲学的な根本問題にまで遡って論究した、反AI論の古典。認知科学、人工知能研究、哲学の分野に関わる人々のみならず、今後のコンピュータ社会を考える万人にとっての必読書。

コンピュータには何ができないか―哲学的人工知能批判はこんな本です

ツイートする