おとなになったら… (国際版絵本)

  • 16人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (1)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
  • 至光社 (2005年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本
  • / ISBN・EAN: 9784783402893

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
トミー=アンゲラ...
なかがわ ちひろ
A.トルストイ
よしなが こうた...
いもと ようこ
エリック カール
にしまき かやこ
有効な右矢印 無効な右矢印

おとなになったら… (国際版絵本)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 小鹿くんは悩みます。
    お父さんは、おとなになったら角が生えるっていってたけど・・・
    角の先に、花が咲いたり、果物が実ったらどうしよう?
    大きくなって、いっぱい動物が遊びに来たら?

    小鹿くんの膨らむ想像が、かわいいやらおかしいやら。
    とっても癒される赤ちゃんむけ絵本ですが、大人になるにつれて背負うものが増えていく「人間」にも通じると思えば、案外大人向け絵本でもあったりして・・・(深読みしすぎ?)
    「ぼく子供のままがいいや」っていう小鹿くんの気持ち、少しわかるような気がしました。

    でも、考えてみて。
    どんどん賑やかになっていく角は、重くたって、きっととても楽しいよ! そう、人生もね!

  • どんな大人になるのかな。

    漫画家。

    学校の先生。

    スポーツ選手。

    なんにだってなれると子どもの頃は思っていました。

    そう本作の小鹿のように色々な未来を想像していたな。

    でも、親が言うには私は幼稚園のままが良いと話していたみたいです。

    ただ遊んでいたいだけだったんだろうな。(笑)

  • おとなになったらどうなるの?とってもかわいい鹿くんの想造。

全3件中 1 - 3件を表示

おとなになったら… (国際版絵本)はこんな本です

ツイートする