谷川俊太郎詩集 (現代詩文庫 第 1期27)

  • 27人登録
  • 3.08評価
    • (1)
    • (1)
    • (9)
    • (0)
    • (1)
  • 4レビュー
著者 : 谷川俊太郎
  • 思潮社 (1969年11月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (156ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784783707264

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ドストエフスキー
村上 春樹
ドストエフスキー
梶井 基次郎
J.L. ボルヘ...
ドストエフスキー
有効な右矢印 無効な右矢印

谷川俊太郎詩集 (現代詩文庫 第 1期27)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  書けない、というのは、何らかの文章を書いている人なら、必ず直面する事態であって、それは、毎日文章を書いている人でも、多分身近なことなのだと思う。本当の意味で書けている時なんて、どれほどあるのか、だけど無理にでも書いてしまうから、正確にはわからない。そうやって誤魔化しているうちに、書けないけど書けてしまっていることを、書けていると思い込むようになるのかもしれない。案外そういうものだとも思う。
     だけど中には書けないことを書いてしまうという人もいる。谷川俊太郎もその一人だ。彼は幾度となく書けないことを反復する。書けない、と言いながら、書き進めていく。
     ただ、面白いのは、絶望の障壁を目の前にして、彼が取る態度だ。その障壁に対して、血を吐いたり、自らを刻み付けたり、そういうことを、彼はしない。むしろ、思いの外簡単に、絶望を諦めてしまう。諦めて、するするとすり抜けていってしまう。相変わらず彼自身は、書けないことの手前で立ち止まっているのだけれど、そうでありながら、障壁をすり抜けた自分を想定し、そこで楽しんでいるかのように見える。
     それは一見軽薄かもしれないけれど、そうじゃなくて、誠実なんだと私は思う。絶望だけを書こうとする、そんなものは、多分、殆どが嘘にしかならないだろうから。書かれた嘘を本当のように振舞うのではなく、嘘をどこまでも嘘として剥ぎ取る、それを可能にするための、身軽さなのだと、私は思う。

     書けないことを巡って書かれた(と思える)「旅」はすごく良かった。だけど、時事詩篇ばかりの「落首九十九」はあまり好きになれない。私が潔癖症なだけかもしれないけど。詩劇もあまり。ただ、短編小説のような小品は、好きでした。十年早く、触れておきたかった。

  • 高校2年生/図書館にて
    911.5ゲ
    16286

  • 2009/5/7購入

全4件中 1 - 4件を表示

谷川俊太郎詩集 (現代詩文庫 第 1期27)はこんな本です

谷川俊太郎詩集 (現代詩文庫 第 1期27)の文庫

谷川俊太郎詩集 (現代詩文庫 第 1期27)の単行本

谷川俊太郎詩集 (現代詩文庫 第 1期27)の単行本

ツイートする