続続・谷川俊太郎詩集 (現代詩文庫)

  • 19人登録
  • 3.60評価
    • (2)
    • (3)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 谷川俊太郎
  • 思潮社 (1993年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (159ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784783708766

続続・谷川俊太郎詩集 (現代詩文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「20億光年の孤独」、「六十二のソネット」など著者の初期の有名な詩集を含む。哲学的な響きを持つかと思えば、幼児向け言葉遊びのような詩まで。詩人の際立つような純粋さを感じる。巻尾の数名の作品論が解題的な位置づけで、味わいがある。荒川洋治氏が「これは青春の詩というよりも、ずいぶん思慮のある詩」だと書いている。また妻・佐野洋子が「谷川俊太郎の朝と夜」と題して、身近に見る谷川を諧謔的に紹介しているが、これがまた詩人のイメージ通りで愉快な文章。「六十二のソネット」の20「心について」の中からなぜか心に突き刺さった一節。「今 私に歌がない 私は星々と同じ生まれだ 私は心をもたぬものの子だ」
    また、詩集「どきん」の「みち」は高村光太郎「道程」を連想させる。「みちのおわったところでふりかえれば みちはそこからはじまっています・・・」

全2件中 1 - 2件を表示

続続・谷川俊太郎詩集 (現代詩文庫)はこんな本です

ツイートする