江戸時代の図書流通 (仏教大学鷹陵文化叢書)

  • 14人登録
  • 4.33評価
    • (1)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 長友千代治
  • 仏教大学通信教育部 (2002年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (315ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784784211197

江戸時代の図書流通 (仏教大学鷹陵文化叢書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2013 2/16読了。筑波大学図書館情報学図書館で借りた。
    図書館系勉強会で近代日本の出版流通について扱うにあたり、まずは江戸時代がどうったっかを調べようと思って借りてきた本。
    主に1章、2章、4章、5章を中心に読んだ。
    絵図の転載や原資料/史料の翻刻がかなりの部分を占めていて、資料/史料ガイドとして使えそう。
    反面、著者自身による記述は必ずしも多くはない。

    江戸期も全国的な図書流通のネットワークはあったが、主な対象は町人である、三都はじめ各地域で版元・書店etcを兼ねる出版業が築かれていた、というようなことはこの本から言えそうか。

    以下、各章のメモ。

    ○1章:江戸時代の図書流通の話
    ・商品としての本の流通は板本時代に既にある
    ・主な読者は町人(p.6表より)
    ・活字は桃山時代に日本に既にある(古活字)
     ⇒・まだ印刷能力で劣る
     ⇒・板本に一度は敗れる
    ・江戸⇔大阪⇔京都での本の行き来は存在
     ⇔・地方にも本屋は多々有り、出版するとろこもあれば小間物屋を兼ねるようなところも
    ・様々な業種の未分化・・・表紙屋ですら本を作り、売る時代

    ・当時の流通速度/範囲は?

    ○2章:読者の諸相
    ・読み聞かせ商売が当時、存在・・・
     ⇒・そういえばヨーロッパで貸本屋がそういうサービスをやっている話が先の本に書かれていたな・・・
     ⇒・音読/黙読論とか読書体験の共有とかの話に絡められるか?

    ○5章:近世後期・大阪
    ・近世後期大阪で流通していたタイトル・・・約4,440
    ・その作者は全国におよぶ
    ・全国への販売網/全国からの販売網が存在している
     ⇔・地方ごとの出版産業があるのが前提(三都+α)

  • 司書課程のレポート書くために、図書館で借りて読んだ本。結局レポートには使えなかった記憶が。でも、かなり面白かった。日本に古くからの図書館が少ないのはこうゆう理由だったのか!と納得。

  • 江戸時代は出版文化が開花し、その中心となる版式は整板であった。この整板等による書籍の製作は、江戸時代までの日本古典籍の九割以上を占めるとまでいわれている。それでは、江戸時代の整板本全盛期のそれらの書籍、広い意味で図書一般の流通はどのように行われていたのであろうか。読者はどのようにしてそれらの図書を入手し、どのように読んでいたのであろうか。これらの疑問について、わかりやすく、具体的に説明したのが本書である

全3件中 1 - 3件を表示

江戸時代の図書流通 (仏教大学鷹陵文化叢書)を本棚に登録しているひと

江戸時代の図書流通 (仏教大学鷹陵文化叢書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

江戸時代の図書流通 (仏教大学鷹陵文化叢書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

江戸時代の図書流通 (仏教大学鷹陵文化叢書)を本棚に「積読」で登録しているひと

江戸時代の図書流通 (仏教大学鷹陵文化叢書)の作品紹介

江戸時代は出版文化が開花し、その中心となる版式は整板であった。この整板等による書籍の製作は、江戸時代までの日本古典籍の九割以上を占めるとまでいわれている。それでは、江戸時代の整板本全盛期のそれらの書籍、広い意味で図書一般の流通はどのように行われていたのであろうか。読者はどのようにしてそれらの図書を入手し、どのように読んでいたのであろうか。これらの疑問について、わかりやすく、具体的に説明したのが本書である。

江戸時代の図書流通 (仏教大学鷹陵文化叢書)はこんな本です

ツイートする