戦国大名武田氏の権力構造

  • 3人登録
  • 5.00評価
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 丸島和洋
  • 思文閣出版 (2011年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (423ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784784215539

戦国大名武田氏の権力構造の感想・レビュー・書評

  • 序 章 戦国大名研究の現状と本書の視角
    第一部 戦国大名間外交と取次
    第一章 武田氏の対上杉氏外交と取次
    第二章 武田氏の対佐竹氏外交と取次
    第三章 武田氏の外交取次とその構成
    第四章 大名間外交と「手筋」論
    第五章 取次の書状作成過程
    第六章 取次の独断ー島津氏の事例から
    第七章 取次給の宛行
    第二部 大名家中の権力構造と領域支配
    第八章 武田氏の領域支配と郡司
        ー信州国諏方郡支配を事例として
    第九章 武田氏の領域支配と取次
        -奉書式朱印状の奉書をめぐって
    第一○章 武田家臣三枝氏の家意識とその変遷
    第一一章 武田氏の一門と領域支配
    第一二章 室町~戦国期の武田氏権力
         -守護職の評価をめぐって
    終 章 戦国大名武田氏権力の特質と構造

    2011年の刊。
    久しぶりに読んだ専門書である。目次をみても
    ずしりと重い。
    昔、読んだ本(柴辻俊六「戦国大名領の研究 
    甲斐武田氏領の展開」、笹本正治「戦国大名武田
    氏の信濃支配」)のかすかな記憶と比べると、
    いろいろ研究が進んだことがわかり面白い。
    第1部では、取次をテーマとしている。武田氏に
    おいては他大名との外交取次において一門・宿老
    と側近の組み合わせで構成されている場合が多い
    という。取次論自体も面白いが対上杉、対佐竹外
    交や越相同盟に対する理解を深める事が出来たの
    が良かった。
    第2部では、武田氏の領域支配がテーマとなって
    いる。諏方郡司や一門の役割などが解り面白い。
    普段は一般書を読むことが多いが、専門書を読む
    ことにより研究の成果を踏まえることが出来て楽
    しい。武田氏の外交や領国支配を知るうえでおス
    スメの1冊である。

全1件中 1 - 1件を表示

戦国大名武田氏の権力構造を本棚に登録しているひと

戦国大名武田氏の権力構造を本棚に「読みたい」で登録しているひと

戦国大名武田氏の権力構造を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする