マクスウェル方程式から始める 電磁気学

  • 12人登録
  • 4レビュー
  • 裳華房 (2015年11月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (271ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784785322496

マクスウェル方程式から始める 電磁気学の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 【「教職員から本学学生に推薦する図書」による紹介】
    矢野隆治 先生の推薦図書です。

    <推薦理由>
    多くの基礎的な電磁気学の教科書は、マクスウェル方程式に至る事があたかも目的であるかのような構成(最後にマクスウェル方程式がでて、めでたしめでたし)になっています。

    しかし、マクスウェル方程式は、電磁気現象を理解するための道具であり、それを利用する事になれる事が重要でないかと思います。

    比較的易しく書かれていると思うので、一読してください。

    図書館の所蔵状況はこちらから確認できます!
    http://mcatalog.lib.muroran-it.ac.jp/webopac/TW00356975

  • 請求記号 427/Ko 65

全4件中 1 - 4件を表示

小宮山進の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

マクスウェル方程式から始める 電磁気学の作品紹介

電磁気学の全体像を見通し良く把握・理解できるように、各論的な話から始めるのではなく、最初の数章でマクスウェル方程式を微分形まで含めて完全な形で示し、その後で、電磁気学の様々な現象をマクスウェル方程式から導出した上で、大学初年級の読者を念頭に懇切丁寧に解説した。力学を運動方程式から学び始めるように、マクスウェル方程式から学び始める本書は、電磁気学を学ぶ上で、まさに理想的ともいえる構成の教科書・参考書となっている。

マクスウェル方程式から始める 電磁気学はこんな本です

マクスウェル方程式から始める 電磁気学のKindle版

ツイートする