入門 転位論 (新教科書シリーズ)

  • 14人登録
  • 4.33評価
    • (2)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 加藤雅治
  • 裳華房 (1999年8月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784785361068

入門 転位論 (新教科書シリーズ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 材料の強度は、材料中の線欠陥「転位」の動きが関係しています。
    この本ではその転位について数式中心で詳しく解説されています。
    「材料力学2」、「材料強度学」などの各講義の参考書としても役立ちます。
    「金属物理学序論」も転位論の本ですが、こちらは数式少な目で、写真が豊富に掲載されています。併せて読むと良いでしょう。(マテリアル工学科)

    配架場所:工4号館図書室,工3号館図書室
    請求記号:ub:K:02.00 ,459.93:Ka86

    ◆東京大学付属図書館の所蔵情報はこちら
    https://opac.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/opac/opac_details/?reqCode=fromlist&lang=0&amode=11&bibid=2000973078&opkey=B151018653800681&start=1&totalnum=3&listnum=0&place=&list_disp=20&list_sort=6&cmode=0&chk_st=0&check=000

    ◆参考文献
    「金属物理学序論 : 構造欠陥を主にした- 改訂版‎‎.」(標準金属工学講座‎ ; 9‎)‎.
    幸田成康著‎‎. コロナ社‎, ‎1973.5‎.
    配架場所:工2号館図書室
    請求記号:563.08:H99:9

  • 式だけではなく,導き方,考え方まで書いてあるので,この本には一生お世話になるだろう.

  • 材料系を学ぶ人にとってはまさにバイブルです。

    転位論についてこれほど分かりやすく、かつ丁寧に書かれた著書を私はこれ以外に知りません。

    著者の都合か知りませんが、何故か絶版と再版を繰り返します。 見つけたら買っときましょう!笑

全3件中 1 - 3件を表示

入門 転位論 (新教科書シリーズ)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

入門 転位論 (新教科書シリーズ)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

入門 転位論 (新教科書シリーズ)を本棚に「積読」で登録しているひと

入門 転位論 (新教科書シリーズ)の作品紹介

金属材料、半導体材料、セラミックス材料を問わず、材料の多くは結晶性の固体からなっている。そして、結晶の力学的性質を支配する最も重要な結晶欠陥が転位である。転位を知ることなくして、材料の力学的性質を理解することはできない。本書は、大学の2、3年生の講義にも使える、基礎的な部分から始めて、内容を容易かつ系統的に理解できる教科書である。

入門 転位論 (新教科書シリーズ)はこんな本です

ツイートする