「光世紀世界」の歩き方―近距離恒星の3Dガイドマップ (ポピュラー・サイエンス)

  • 10人登録
  • 2.75評価
    • (0)
    • (1)
    • (2)
    • (0)
    • (1)
  • 2レビュー
著者 : 石原藤夫
  • 裳華房 (2002年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (189ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784785387532

「光世紀世界」の歩き方―近距離恒星の3Dガイドマップ (ポピュラー・サイエンス)の感想・レビュー・書評

  •  筆者は地球を中心として直径100光年の範囲を光世紀世界と呼ぶ。人類が訪れるべき星を紹介している。地球から一番近いアルファケンタウリまで4.2光年。わくわくするが、ため息が出るほど遠い。星間飛行のデータブック。立体視で近距離の構成の位置が三次元でわかるのがおもしろい。

  • 星の地図 第二弾

     1950年ベースでよくもこれだけの星の位置がわかったものだ。そこは感動。でも読み物としてはおもしろくはないな。

全2件中 1 - 2件を表示

「光世紀世界」の歩き方―近距離恒星の3Dガイドマップ (ポピュラー・サイエンス)を本棚に登録しているひと

「光世紀世界」の歩き方―近距離恒星の3Dガイドマップ (ポピュラー・サイエンス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

「光世紀世界」の歩き方―近距離恒星の3Dガイドマップ (ポピュラー・サイエンス)の作品紹介

星雲賞を受賞しながら、私家製のためになかば伝説となっていた『光世紀の世界』の書籍化第2弾。太陽を中心にした直径100光年の球状宇宙「光世紀世界」を視覚的かつ多角的にとらえた「光世紀星図」を多数収録。ハードSFファン、天文ファン必携の書。

「光世紀世界」の歩き方―近距離恒星の3Dガイドマップ (ポピュラー・サイエンス)はこんな本です

ツイートする