ピルグリム・イェーガー 1 (ヤングキングコミックス)

  • 315人登録
  • 3.60評価
    • (40)
    • (26)
    • (105)
    • (2)
    • (0)
  • 18レビュー
著者 : 冲方丁
制作 : 伊藤 真美 
  • 少年画報社 (2002年5月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (194ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784785921958

ピルグリム・イェーガー 1 (ヤングキングコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 全部持ってたけど、手放しちゃった。第二部がはじまったらまた揃えよう。

    冒頭の、アデールとカーリンの会話が印象的。

  • 中世の異能バトル漫画。少し濃い絵で設定が多め。

  • えり*圧倒的な画力とストーリー!

  • いつになったら第二部始まるんだろう……。再開を心待ちにしている作品。タロットとキリスト教についてある程度知っていると、より楽しめると思う。漫画なのに、小説を読んでいる様な濃厚なストーリーが好き。大切に取っておきたい漫画。

  • 何度も読まないと理解できない感じ(笑)画面もザカザカ描いてあるので時々「何これ?」的感覚に陥る。

  • ストーリーと絵の雰囲気が絶妙にマッチしてミステリアスな世界観が滲み出る。伊藤先生の独特な個性のある画風と、沖方先生の織りなす宗教の絡んだ重厚なストーリーが展開するこの作品は個人的には大変好みであるが、複雑な内容であるが故にストーリーやキャラ自身の立場や想いを読み解くことが難しい話かもしれない。

  • 伊藤さんの絵はかなり好き。
    打ち切りって噂はかなりショック…

  • 沖方丁先生原作 伊藤真美先生画 コミック 第1巻
    16世紀のローマを舞台に異能を持つ者達の物語。教会の権力の下、魔女狩りが行われる社会、主人公アデールとカーリンはナポリのある街で“芸”で生計を立てている。
    しかしその“芸”という名の異能でいつ魔女として火炙りにされてしまうか解らない…。そんな不安を抱きつつも免罪符(金)を手に入れるために“芸”を披露する。
    けれどある時、それまでと違った“鶏”が予言の始まりを告げる…

    当時の社会背景の注釈などもあり、世界史を知らない方でも読めるのではないかと思います。随所に散りばめられたメタファーや、魔女狩り、差別、免罪符…それらが跋扈する社会で、個人としての自由と尊厳のために教会という権力が定める“罪”を犯さねばならない…。その時どのような決断を下さねばならないか。冒頭に語られてるシーンはこれからどのような結末を迎えるのか気になります。

  • 1-6(06/12/10)

  • 三本の釘に30枚の銀貨に7つの大罪
    と言った勢力同士が、予言によって集まって争う。
    そういう話。結構重いテーマだけど、小説を読むように読める漫画で私はこの作品に惚れ込んでいる。

全18件中 1 - 10件を表示

ピルグリム・イェーガー 1 (ヤングキングコミックス)に関連する談話室の質問

ピルグリム・イェーガー 1 (ヤングキングコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ピルグリム・イェーガー 1 (ヤングキングコミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ピルグリム・イェーガー 1 (ヤングキングコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ピルグリム・イェーガー 1 (ヤングキングコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

ピルグリム・イェーガー 1 (ヤングキングコミックス)はこんなマンガです

ピルグリム・イェーガー 1 (ヤングキングコミックス)のKindle版

ツイートする