それでも町は廻っている 1 (ヤングキングコミックス)

  • 2570人登録
  • 4.09評価
    • (373)
    • (316)
    • (250)
    • (20)
    • (0)
  • 206レビュー
著者 : 石黒正数
  • 少年画報社 (2006年1月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784785926045

それでも町は廻っている 1 (ヤングキングコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • まとめて読むと一巻の歩鳥はやや性格が違う…が、話がどれも面白い。宇宙のはイマイチだけど他がどれも面白すぎる。
    大好きな漫画の一つ。石黒正数先生の話作りのうまさはトップレベル!

  • 表紙がメイドとかさー…どうせゆるさが売りの群像劇漫画でしょう、と思って読んだらケツにキックされた気持ち。
    丸子町商店街を舞台に、女子高生歩鳥と家族と友達と、ご近所の人たちの生活を描いた漫画。
    現在8巻まで。アニメは未見。

    とにかく健やかで、パワフルな歩鳥の生活を中心に、全体的に背負い投げレベルまで駄洒落をこじらせたようなギャグが盛り込まれたり、高校生の恋やらUMA、宇宙ネタやらギャグ漫画としてももちろん面白いのはもちろん、巻が進むごとに作者の生活に向けるまなざしがあんまりにも真面目なのが見えてくるので、健全さが鼻につくとか、ほのぼのを通り越して、ついついジーンとしてしまう。
    ギャグも、ファンタジーも、パラレルもリリカルもあるけど、つまるところ忘れたり、時が過ぎてしまうと確実になくなってしまうものを取りこぼさぬように焼き付けているような漫画だなあと思います。7巻第55話「時は待ってくれない」で出てくる歩鳥の台詞、
    「その…家も学校も商店街もみんな今の感じが続くといいなっ…ていうか……」という言葉につきる。
    普通の生活が、いちばん得難いものなのよね。

    最期まで追っかけるよ。

  • メイド!

  • 『それでも町は廻っている 回覧板』を読んで一から読み返したくなって出してきたので登録.回覧板を読んでから読み返してみると確かに新たな発見がたくさん見つかり,やはり石黒正数は天才だなと改めて思ったのでした.

  • (1)~(16)。完。

  • "「うわっはっはっはっはっは!!」
    「だ…大丈夫?無理して頭遣ってヘンになったんじゃない!?」
    「探偵が高笑いする時は 謎が解けた時と相場が決まっているのよ」"[p.62]

  • 連載終了まであとわずかということで再読。読み返すほど新しい面白さが見つかる名作です。

  • 主人公がドジでおばかだけど元気で明るくて好感。
    真田くんと学校をさぼるお話が好き。
    キャラの個性が強くていい。
    続きも読みたい。

  • 商店街とその一角にたたずむ(メイド)喫茶シーサイドを舞台に繰り広げられる日常コメディ。ときどきミステリー、ときどきSF。

  • 大体毎巻ともどこかで爆笑できる、シュールギャグ漫画の名作。シュールだよね?

全206件中 1 - 10件を表示

石黒正数の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

それでも町は廻っている 1 (ヤングキングコミックス)に関連する談話室の質問

それでも町は廻っている 1 (ヤングキングコミックス)に関連するまとめ

それでも町は廻っている 1 (ヤングキングコミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

それでも町は廻っている 1 (ヤングキングコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

それでも町は廻っている 1 (ヤングキングコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする