ぴよぴよ―水上悟志短編集 (ヤングキングコミックス)

  • 253人登録
  • 3.87評価
    • (20)
    • (36)
    • (29)
    • (1)
    • (0)
  • 14レビュー
著者 : 水上悟志
  • 少年画報社 (2007年1月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (205ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784785927417

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ぴよぴよ―水上悟志短編集 (ヤングキングコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ひよこが等身大サイズで出てきた時点でもう笑った。
    源八郎の言葉がなぜかわかる寡黙なパパと、そんなパパとは対照的な娘のノリツッコミが良い具合。
    富田林くんは成長過程で一体何があったのか…気になる所です。
    お気に入りのセリフは「なにそれ寝巻き?プッだせっ」。

    他にも甲冑を被った女子高生が出てくるラブストーリー『魔界斬妖剣・ドキドキ地獄変』や
    人間の脳内でささやく天使と悪魔をコミカルなキャラに変換した『がんばってちゃんとやめよーぜくん』、
    そして百鬼町シリーズを3話を収録。

    カバーを外すとさみだれがいるー!

  • 短篇集。短篇集ってよっぽど作者が好きじゃないと手を出さないだろうから、埋もれる作品となりやすいのが良くないなぁとたまに思う。

    本作品はとてーも良かったです。
    選ぶとしたら「ぴよぴよ」と「えらぶみち」、かな。
    まぁ、感動的な作品はどうしても印象が強くなるので。
    ぴよぴよは月日の流れが怒涛で、きちんと最後はほんわかさせてくれてよかったです。安易に寂しさを残されると、読んでいる方は辛いので。。。
    えらぶみちは、構成が神がかってるなと。ありきたりな時間ループものとか作者は言ってますが、そうかな?
    主人公もそうだけど、こーこも結構辛い選択をしてるように思う。蹴り飛ばす描写で多少救われるものはあるけれど。
    そして墓参りをする主人公の人間性。良いですね。なかなかデキないと思う。

    サンダーガールは主人公が魅力的だった。
    風穴頭は黒天女のキャラデザにヤラれました。今まで気づいてなかったけど、ヘアピンキャラ好きなのかな、そうかも。

  • かなり設定が不条理なんだけども、
    作者のキャラ設定がしっかりしているから
    ちゃんとヒューマンドラマ。けどギャグも忘れない。
    すごいわこの人。

  • ぶっちゃけ千年はチョロいピヨ。

    本当はピヨたちが何なのか、何が本当で嘘かということは問題ではないという寛容さを皆が持っている。「がんばってちゃんとやめよーぜ」も好き。「やめよーぜ」も必要な存在というのがいいです。

  • 短編集。
    げこげこに比べてしっかりしすぎているくらい出来がいい。
    基本変な生物が出て来る。
    『えらぶみち』はビューティフルドリーマーのオマージュかな。
    『がんばってちゃんとやめよーぜ』『ぴよぴよ』が良い。

  • 久々に発掘したので。源八朗、本当にサイボーグ戦艦かもなぁ。サンダーガールは今の水上作品に通じるものがある。

  •  ぴよぴよは日常コメディなのにどこか哀愁が漂っていた作品でした。えらぶみちを読んでいて水上先生は上から下とか下から上の構図よく描く人だなぁと思いました。階段とかジャンプは盛り上がりますよねぇ

  • 日常の世界の中にさらっとまぎれている異な物たち。そんな変なものたちを見て楽しめればいいかと。あまり深くは考えずに。

  • 「げこげこ」同様「ぴよぴよ」もまたシュール。しかしそのシュールさも家族というテーマの元で心温まる話になっている。突出した面白さは無いがふと読みたくなる作品。まぁ短編集だからかも知れないが。

全14件中 1 - 10件を表示

ぴよぴよ―水上悟志短編集 (ヤングキングコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ぴよぴよ―水上悟志短編集 (ヤングキングコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ぴよぴよ―水上悟志短編集 (ヤングキングコミックス)のKindle版

ツイートする