アニメがお仕事! 7 (ヤングキングコミックス)

  • 94人登録
  • 3.91評価
    • (11)
    • (7)
    • (14)
    • (0)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : 石田敦子
  • 少年画報社 (2007年9月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (237ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784785928599

アニメがお仕事! 7 (ヤングキングコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 手描き時代のアニメイターになるお話。アニメってこんな風に作られているのだなと、教えられる部分も多い。それよりも、主人公の「夢を仕事にする」ことへの思い、周囲の仕事への否定的な感情、仕事関係者の多様な仕事スタイル(との関与)は、アニメ業界に留まらず、夢を仕事にしたい人には胸を打つ。どこの業界でも、金儲けのために人を裏切る人はいるし、オイシイ所だけ持っていく人はいる。自分はどういうスタンスでいたいのか?と考えさせられた。

  • 最終巻。<br />最後まで熱かった。終わり方もマンガでは珍しい感じでちょっと意外でよかった。どちらかというと、映像作品によくある終わり方のような気がする。<br /><br />内容。<br />アニメーターという職業を扱った異色作である。通常こういった業界案内的なマンガは、主人公を天才だとか異能者にすることで、物語にメリハリを作ることで、解説に頁を割いて教則本のようになってしまうのを防ぐものだが、今作では主役の双子が二人とも最後まで凡人だった。二人のとりえは真っ直ぐということだけであった。まあそういう意味で、二人は結構キャラがかぶっている気はしたが、性別が違うので物事を多面的に見れたという部分はある。<br />物語として優れているのは、人間描写が非常に繊細でダイナミックだからだと思われる。女性作家だけあって、人と人との熱や欲ゆえのぶつかり合いを細かくねっとり描くのが上手い。<br />絵柄は今日的ではないかもしれないが、かなり上手く、線に躍動感があり、洗練されている。アニメーター経験が本当にあるのかもしれない。そのおかげで、いまどきないくらいの汗臭い展開も抵抗なく読めるし、なによりラブシーンがやたらエロい。<br /><br />まあとにかく面白かった。他の作品も読みたい。

  • 最終巻。
    1巻のレビューでも同じこと書いたけど、アニメ・漫画好きでなくても、読んでほしい。これは「お仕事」の話。
    わずらわしい人間関係でなやんだり、仕事に情熱を燃やしたり挫折して引きこもったり。
    表紙のようにかわいらしいだけのお話ではないんですが、正直共感…しすぎて鬱々しい気分になったり、こんなふうに仕事に打ち込めたらなぁ、と今の自分と比較したり。
    主人公ワーカーホリック気味だし、それが仕事にとりくむ正しい姿勢!ってわけでもないんですが、やっぱりきちんとした仕事をする人、名をなす人は、理想をもってるし、自分に厳しい。こんな自分は許せない、って自分を追い込んでるんだな〜と思いました。
    てか、作者の仕事への姿勢が投影されてるのかな?石田さんはアニメーターとしても漫画家としても有名ですもんね。きっと自分に厳しいんだろうな〜

    最終巻はさわやかな終わり方でした。

  • 完結。
    アニメが人を救う事を、私は身をもって知りました。
    イチ乃も皆も、誰かにとっての神様を作っているのかも知れないよ。そう伝えに行きたいです。
    巻末の『アニメがお題目!』も必読。うなずきたくなる事多数。

  • 「アニメが大好きな自分を好きでいたい」。大切なのは「何か好きなことを、自分の持てる限界の時間までやり続けること」。
    一生「アニメファンで生きよう」と改めて決意させられた作品です。ぜひ全冊読んでください。

  • 最終巻。お疲れさまでした。

全8件中 1 - 8件を表示

石田敦子の作品一覧

石田敦子の作品ランキング・新刊情報

アニメがお仕事! 7 (ヤングキングコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

アニメがお仕事! 7 (ヤングキングコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

アニメがお仕事! 7 (ヤングキングコミックス)はこんなマンガです

ツイートする